<< グローバル投資のポイント(67) | main | バラマキ政策 >>

億の近道2007/09/18


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2007/09/18
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週4回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析や銘柄を参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================

             −本日の目次−
      (本日の担当:山本潤&彼岸先生&石川臨太郎)

 ◆コラム「バラマキ政策」:山本潤
 ◆コラム「連載 目指せ!テクノロジーインベスター(21)」:彼岸
 ◆コラム「連載 定年後は株で楽しく暮らしたい(24)」:石川 臨太郎

===================================

◆コラム「コラム バラマキ政策」

安部総理の辞任で政局が流動化しました。
後継には福田さんが有力のようです。

民主党など野党が先の参議院選挙で過半数を押さえました。
自民党は民主党と政策上も妥協を余儀なくされそうです。

ここにきて、「格差社会の是正」という大義名分の下、旧来の派閥政治および
官僚政治の復活や公共事業の上積みが危惧される事態に陥っています。

わたしたち、市場にかかわる者は、政府の改革路線を概ね支持してきました。
改革を推し進めて、個人の努力の成果をマーケットに委ねる方が、あてもない
バラマキよりは効率的だからです。

たとえば、民主党は、農家に一律お金をばらまくという政策を提唱しています。
これは、市場関係者から見れば、最悪の政策です。
単に、人気取り、ポピュリズムです。

以前、「ふるさとの創生」という謳い文句で、竹下総理の時代に、各自治体に
1億円を一律でばら撒かれました。
まったく愚かな政策でした。
日本中であきれ返る「プロジェクト」が本当に実行され、失笑を買ったのは記
憶に新しいところです。
たとえば、1億円の金塊を村が購入し、それを陳列するというプロジェクトも
ありました。
1億円で温泉を掘ったのはよいが、サポートやメンテにお金がかかることを知
らなかったようなプロジェクトもありました。
1億円投資して、回収見込みはゼロ。
そればかりか、次年度以降にサポートやメンテで何千万も赤字を垂れ流す、と
いう民間では考えられない不良プロジェクトが多発したのです。

市場関係者であれば、多くの政策の中から、

1)その事業の意義、
2)ROIの高さ、
3)予想利益の確度

などを議論し、最も優れたプロジェクトに投資をするでしょう。

しかし、政治では、一人一票とはいうものの、法の下の平等が成り立っていな
い状況を放置して、地方と都会とを比べれば、明らかに田舎の人の一票が重く
なっています。

田舎重視の政治家が多数を占める日本では、地方にお金をばらまくことが、票
に直結してきたのではないでしょうか。

バラマキ・プロジェクトのROIは明らかにマイナスです。
バラマキは、生活資金に消えてしまいます。
投資としては、最悪なのです。

このようなバラマキ政策を民主党が政権ほしさに採ることは、非常に残念であ
ります。


■格差社会

「魚をあげるのではなく、魚の釣り方を教えるほうが、その人のためになる」
といいます。

地方において、格差を実感している人にとって、格差を埋める手段は、事業を
行ううえでの「とっておきのノウハウ」ではないでしょうか。

ネットが急速に普及した今、地方にあっても、評判のよい商品を提供している
業者は口コミで急速に認められる時代です。
辛らつですが、口コミもたたないようなビジネスしかできないのが地方の置か
れている厳しい状況なのでしょう。

格差社会は、結果の不平等です。
この結果の不平等は、改革の影といわれているようです。

本当にそうでしょうか。
改革をしなければ、日本全体が閉塞感の中で、いつまでも、もがき苦しむこと
になります。
「なお、一層の改革を地方に推し進めなければならない」というのが市場関係
者の主流な意見です。

改革を推し進めたから不平等がおきたという主張は、
「成功して金持ちが多数出現したので格差がおきた」といっているように聞こ
えます。
田舎の公共工事という究極のバラマキ・プロジェクトは、明らかにROIがマ
イナスです。
プロジェクトベースで、ROIの高いものにシフトできないのは、規制緩和を
怠ってきた政治のリーダーシップの欠如です。

金持ちを貧乏人にすることで、貧乏人が金持ちになることはありません。
国家予算の60兆円を等しく1億人の国民にばらまけば、一人60万円の支給
となります。
一家3人で180万円の支給です。
それらの多くは、生活費に消えてしまいます。ROIは完全なマイナスです。

しかし、60兆円をROI100%の事業に投資をすれば、毎年60兆円のリ
ターンが得られます。
国家予算は倍々ゲームのように増えていきます。
政治家にこのような予算のコンセプトを期待するのは無理なのでしょうか。

1億人の生活費に消える予算よりは、世界を救いながらもROIも高いという
1000のプロジェクトに重点配備すれば、多くの政治問題は解決するでしょ
う。


■石ころをゴールドに変える

半導体業界では、半導体チップのことを「石」と呼ぶことがあります。
もともと、半導体はシリコンがベースですが、シリコンは、要は、石ころです。
石ころが、多結晶シリコンになり、単結晶シリコンになり、半導体ウェハーと
なり、半導体チップとなります。
その過程で、付加価値が数百倍になります。

「石」は、「金」よりも高価なものに生まれ変わることができるのです。

一方で、日本の一次産業は、「市場のちから」をまったく利用しようとしてい
ません。
スーパーで一匹数十円で売られているサンマを近海で採っていても、付加価値
はとれません。
市場で安く取引されている魚はえさにし、市場で高く取引されているぶりなど
の高級魚を養殖するしか付加価値をあげる方法はありません。
安価なえさで大規模に高級魚を養殖するというプロジェクトは日本において行
われているのでしょうか。
漁協が細分化し、近海の権益調整もままならないようでは、石を金に変えるこ
とは無理です。

石を金に変えることを考えなければなりません。

農業では、何が世界市場でもっとも高く売れており、それらの高値の理由、そ
して、高値がどこまで続くかという読みが重要です。
今の農家では、世界の農産物で何が一番高い値段で売れているかトップ10を、
すらすらといえる農家は少ないのではないでしょうか。

市場で高く売れるものを売ろうとする努力は、短期的な取り組みでは実現でき
ません。
10年単位で取り組む必要があります。

農家は、リスクマネーを呼び込むことに取り組まなければならないのです。
リスクマネーを呼び込むためには、どうしたらよいのか、規制を緩和しなけれ
ばならないのか、それとも、技術力を磨かなければならないのか、答えはひと
つではないでしょう。
そういうことを考えなければならないのです。

いずれにしても、バラマキ政策の拡大や公共工事の復活は、格差社会の是正に
は全く役立ちません。
そればかりか、精神的に地方の有能な経営者までも他力本願にしてしまうので
はないでしょうか。

それは、このコラムで繰り返し主張してきた、自立する投資家のコンセプトと
は相容れません。


■変わらぬメッセージ:長期の読者に感謝■

99年に始まった億の近道は、16000人程度の読者で成り立っています。
長期間購読を続けていただいた読者が多い、古い読者が多いことが特徴です。

このメルマガ(火曜日版)では、多くの株式投資メルマガにあるようなことは
行いません。
つまり以下のことはやりません。

●手っ取り早い情報(証券会社の格付けの変更など)
●何を買うべきか
●投資指南
●お勧め銘柄
●マーケットをどうみているか

わたしたちは「タダなのにすごいことが書いてある」メルマガを志向しません。
また、編集に時間をかけることもできません。

わたしたちが伝えたいことは、

●日本が欧米に並ぶ金融大国になるために日本人がもっと学ぶべきこと
●若い世代がワーキングプアにならないためにすべきこと
●株式市場は手っ取り早く儲けようとする投資家を貧乏にするという教え
●株式市場はゆっくり考え賢明に投資するものに富をもたらすという教え
などです。

いわば投資の実務家としての哲学や歴史観・人生観です。

わたしたちが目指すのは、「ファンダメンタル分析」宗教の普及です。

<著者紹介>

億の近道に2000年3月に執筆を開始。
およそ7年間 毎週執筆してきました。
継続は力です!
昨年、念願の独立を果たす。
日本株ロングショートのヘッジファンドマネージャー。

(職歴)
1990−1997年
 和光証券国際本部
(1990−1992年日本興業銀行外国為替部および国際資金部へ出向)
1997年−2005年
 米系投資顧問クレイ フィンレイ インク ポートフォーリオマネージャー。
2006年1月より独立起業。
 エイム インベストメントでファンドマネージャー。
(学歴)
コロンビア大学院 電気工学科 工学修士。
(六本木裏通りの人生大学 夜間部卒。専攻は夜間泥酔行動経済学)
(主な著書)
 「インベストメント―米系バイサイド・アナリストの投資哲学と投資技法」
(2001年イーフロンティア)
 「投資家から「自立する」投資家へ」(2003年パンローリング)
 「マンガ ファンダメンタルズ分析 入門の入門」(2004年パンローリ
 ング)

Enjoy Every Moment!
〜Slow Investment ゆっくり考え ゆったり投資 〜
山本 潤

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)

===================================

◆コラム「連載 目指せ!テクノロジーインベスター(21)」

(21)コネクタ(2)=最終回=

テクノロジー関連株に投資する際に、「ある程度技術を知っておこうと思うの
ですが、むずかしくて・・・」という声を聞きます。

そこで、身近にある携帯電話を例にあげて、見た目から、感覚的にわかりやす
く技術を説明していきます。簡単に説明しますので安心してくださいね。

今回は、携帯電話のコネクタの市場規模とコネクタの今後について、お話した
いと思います。まずは、どの様な企業があるでしょう。市場プレーヤーをあげ
てみましょう。

6798 SMK(株)
6800 (株)ヨコオ
6804 ホシデン(株)
6806 ヒロセ電機(株)
6807 日本航空電子工業(株)
6941 山一電機(株)
6752 松下電器産業(株)
というところでしょうか。

市場規模を見積もってみましょう。携帯電話に使われるコネクタは、2ピンか
ら40ピンまで、色々ありますが、平均10箇所、平均単価60円、合計60
0円ぐらいとします。

月々100万台分で、月々6億円、年間72億円、月々500万台分で、月々
30億円、年間360億円の市場と思われます。
世界市場まで考えると、その3倍の月々300万台〜500万台ぐらいで、月々
18〜30億円、年間216〜360億円の市場規模と見積もれます。

これを、各企業がシェアの奪い合いをするのです。海外にも低コストのメーカ
がたくさんありますし、品質の良いメーカもだんだん出てきました。コネクタ
といっても、一般的な電気信号を扱うコネクタ、無線系のコネクタ、インター
フェースコネクタ、マイクロSDコネクタ、3Gの端末に搭載されているU−
SIMカードのコネクタ、FOMAカードのコネクタなど種類が沢山あります。

では、コネクタの今後をみてみましょう。
今あげましたインターフェースコネクタ、マイクロSDカードやFOMAカー
ド、U−SIMカードのコネクタは、統一規格で定められた、外部から接続さ
れるプラグやカードがあるため、技術革新はある程度速度に制限がかかります。
つまり、急にコネクタが置き換わったり、なくなったりすることに時間がかか
ります。

しかし、一般的な電気信号を扱うB to B(ボードトゥボード)とか、
B to フレキ(ボードトゥフレキ)と呼ばれるコネクタは、携帯電話のセ
ットメーカには実装部品の低減、コストダウンのターゲットとなります。

B to BやB to フレキは、基板と基板、基板とフレキ基板を接続す
るという意味ですが、この接続をコネクタ無しで、直接行おうという流れです。
新しい技術によって置き換える流れがあるということです。ただし、この技術
も、一度基板とフレキを接続してしまうと、はがすことが出来ないという難点
があります。

メンテナンスがきかないのです。

この部分をクリアし、何度もやり直しができる技術が開発されれば、一挙にコ
ネクタレス化が進むでしょう。

コネクタなしであれば、携帯電話のセットとしては、部品は少なくなることか
ら、小型化、薄型化そして最大のメリットコストダウンとなるからです。

彼岸
〜現役エンジニアがこっそり教える
テクノロジー関連株の投資ヒント〜

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)

===================================

◆コラム「連載:ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい」

■第24回■

 長いこと株式投資している人たちは、けっこう本日18日のFED後を心配
しているように感じます。

 市場が期待する通り利下げが行なわれれば、材料で尽くしで売られるかもし
れない。利下げの幅が小さければ、期待はずれで売られちゃう。期待以上の利
下げ幅だと、そこまで悪かったのかと売られちゃう(爆笑)

 たぶん下げ方向に動く可能性が高いんじゃないかと、ビビッってるわけです
が、ご多聞に漏れず私もキャッシュポジションが、なかなか減りません(苦笑)

 あと最近の円高とアメリカ経済の景気後退を影響で株価の上値が抑え込まれ
そうな自動車関連に弱気になって、少しポジションを圧縮してます。でもそれ
で何買ってるかというと大紀アルミニウム工業所なんで、なにアホやってんだ
かってことになるかもしれません(汗)

 18日以降アメリカに引っ張られて株価が更に下がれば大日精化工業(41
16)なんて、もちょっと買ってもよいかとおもってます。

 たぶん短期でガポーンと株価が戻れる状況じゃなくなってきているので、倒
産の心配がほとんど無く、業績が上向いており、BRICsなどの新興市場で
も稼げる企業に分散しとくのが良いかな〜と考えています。どう考えても安す
ぎるけど、株価は投資家の合意で決まっていくので、デフォルメされてしまい
ます。まだまだ歪みますよ、きっと^^;

 そのとき余裕資金で買っておけるかどうかが3年後、5年後の資産の状況を
決めると思います。

 私としては天安門事件の直後に香港のファミリーマンションを年収の3倍以
上のお金で借金までした買ったことにくらべれば、いま売りまくられている東
証第一部の財務内容と業績に問題ない企業を買い持ちするくらい、たいしたこ
とはない感じです。

 でも短期的には、まだまだ下値がありそうですから、慌てることはまったく
ないと思います。それでキャッシュポジションがなかなか減りません^^;

 18日には、配当や優待に絡まない株などを、少し売ってキャッシュを増や
そうなんてやってました。思惑通りアメリカの株価が下げないで、日本株も下
がらなくても、まだ買い持ちしている株が多いので、うれしいです。自分の性
格として売った株を安く買い戻せない不満より、なにもしないで株価が下げち
ゃった時の、喪失感の方が大きいと感じてます。

 株式投資を長く続けていくためには、ストレスをなるべく減らす方向で工夫
することが必要です。これは個人差があるんですよね。自分にあったストレス
管理を身につけることが大事だと思います。

 ほんと、四季報であらためて新興市場の株などをみると、PERが一ケタ台
で、PBRが0.5〜0.6程度。しかも業績は二桁増益で伸び続けている。
平常時なら、すごいお買い得な株でさえボコボコ売られています(苦笑)。

 自分の新興市場銘柄のアプライドやサンクスジャパンばかりでなく東証第一
部のエクセルなんてのも、ここまで売られちゃうんですね^^;。でも市場が
落ち着けば、こんな馬鹿げた安値にずっと置かれるわけがないと思ってます。
でも今は買い増せないですよね。もっと安く買えるチャンスが、かなりの高い
確率であると思えちゃうから^^;

経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)

===================================

■アナリスト養成のための無料勉強会 1−8人限定で1年間 開催

少数精鋭で、1年間、クローズドの勉強会を開催いたします。
都内の公共施設で土曜日日曜日に4時間程度で1年間開催します。
金銭的な負担は参考図書などの実費に限られます。
講師およびスタッフは無料奉仕です。

■手弁当 勉強会 応募の条件

条件1:
 年間10回の勉強会は、都内の公共施設で行います。
土日開催ですので、土日に都内で出席可能な方に限ります。

条件2:
 やる気のある人(課題などをやりとげる物理的な時間のある方が好ましい)。
毎日1時間は勉強時間が確保できる方が望ましいと思います。

 条件1と条件2を満たす方は、やる気のコメント(555文字ぐらいから
55555文字程度まで)と連絡先を付して応募ください。
応募先:okuchika.mail@gmail.com
面接の可能性もあります。合否については2ヶ月以内にお返事いたします。

===================================

 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2006年7月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」は特定非営利活動法人イノベーターズ・フォーラムの登録商標
です。この名称での有償のサービス等は行っておりません。紛らわしい名称の
サービスは弊社と一切関係ありませんのでご注意下さい。

===================================

■「山本潤氏のファンダメンタルズ分析日本株アナリスト養成講座DVD」
 発売!!■

「NPOイノベーターズ・フォーラム 公認日本株アナリスト 認定講座」
共催:エンジュク 協力:ダイヤモンド経営分析チーム

 2005年4月に行われた山本潤氏のセミナー映像に加え、ファンダメンタ
ルズ分析に必要な内容を新たに撮り下ろした映像を全て収録した4枚組DVD
です。

◆ファンダメンタルズ分析の決定版。
 いままで体系的に語られることの少なかった実践的なファンダメンタルズ
分析を網羅。最終的には個別株のレポートが作成出来るレベルを目的として
います。受講出来なかった方や反復学習したい方には最適な内容です。

◆充実したボリューム
 価格は48,000円とやや高額ですが、4月のセミナー(受講料38,0
00円)で使用した資料添付はもとより、全部でDVD4枚組、約450分の
充実した内容となっています。

詳細はエンジュクのホームページまで。
http://www.enjyuku.com/v_kabu_10.htm

===================================

■億近執筆陣の本 好評発売中!■

石川臨太郎
▲あなたにピッタリの投資手法がきっと見つかる投資実践ノート▲
パンローリング 1680円(税込)
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=2596&c=9784775990346

▲潜在意識を活用した最強の投資術入門▲
パンローリング ISBN4-7759-9011 2800円+税 288ページ
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=2596&c=9784775990117

村田 雅志
▼景気予測から始める株式投資入門▼
パンローリング ISBN4-7759-9007 3300円+税 231ページ
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=2596&c=9784775990070

山本 潤
▲投資家から「自立する」投資家へ▲
パンローリング ISBN4-7759-9008 4800円+税 426ページ
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=2596&c=9784775990087

===================================

億近オフィシャルクラブ掲示板(無料)は、執筆陣を含めた様々な方がコミュ
ニケートしております。是非ご参加ください。MSNのサービスを利用してお
ります。
http://groups.msn.com/okuchika

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆E-Magazine ID:okuchika
       購読解除:http://www.emaga.com/info/okuchika.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/
 ◆メルマガ天国 ID:1127
       購読解除:http://melten.com/m/1127.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。
==================================

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM