<< この会社のプレゼンは凄かった!! | main | 証券アナリストの育成のための手弁当勉強会開催のお知らせ >>

億の近道2007/09/11


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2007/09/11
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週4回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析や銘柄を参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================

             −本日の目次−
      (本日の担当:山本潤&彼岸先生&石川臨太郎)

 ◆コラム「手弁当勉強会開催のお知らせ」:山本潤
 ◆コラム「連載 目指せ!テクノロジーインベスター(20)」:彼岸
 ◆コラム「連載 定年後は株で楽しく暮らしたい(23)」:石川 臨太郎

===================================

◆コラム「証券アナリストの育成のための手弁当勉強会開催のお知らせ」

■手弁当の無料勉強会の開催

 2000年に億近ゼミという株式投資のネットでの勉強会を1年間開催しま
した。その中で、火曜日に長期連載中の彼岸先生とも出会いました。今でも、
ゼミ生とは親交があります。

 わたしは、過去、2回の有料の株式投資セミナーを行いました。
 過去のセミナー開催では、土曜日や日曜日に何時間もかけて高額のセミナー
料金を払う人たちとはどういう人なのかという興味もありました。

 休みの日に何時間も勉強するのは、相当に株式投資が好きなんだろうなと。

 セミナーの参加者は、株式投資のノウハウを学ぼうという意欲が旺盛でした。
また、質問も活発でした。投資暦は長く、相応の投資資金を運用されている方
が多数でした。

 その中には、いま、わたしの会社でアナリストを担当していただいているK
さんも含まれています。
 そのとき、わたしの本当の狙いは、セミナー参加者の中で、フリーターをプ
ロのアナリストにしてしまったら楽しいなという純粋な興味でした。年収10
0万円のフリーターが、アナリストになって年収1000万円となれば、彼が
世の中を見返すきっかけになるのではないかと考えたのです。


■アナリストの適性

 アナリストというものは、適性がすべてで、学歴などは役に立たないものの
はずです。

 アナリストというものは、
1)大局にも細部にもこだわる「大胆さ」と「ねちっこさ」
2)好奇心
3)豊富な恋愛体験とボランティア経験
4)柔軟性と信念

という背反する?要素を同時に成り立たせる変人でなければ大成しない職業で
す。

 しかし、現実は、MBAが幅を利かせて、学歴が高い人たちだけがこの世界
を独占しています。多くの人にとって、アナリストへの道が事実上、閉ざされ
ているのが気に入らなかったのです。
 適性を見極めるのは、運用の現場であり、調査の現場であるべきです。

 このコラムを7年半続けてきた「成果」というものがあるとするならば、ゼ
ミやセミナーに参加したやる気のある若い人たちが、立派にプロとしてアナリ
スト業務に従事してくれていることです。

 水曜日に執筆してくれているSさんは外資系運用会社のアナリストになりま
した。Gさんは、最大手証券の運用会社のアナリストとして活躍。水曜日に同
じく活躍中のCさんは、いまやセルサイドのアナリストです。
 その他、10名程度の方々が、今、職業アナリストとして企業分析の最前線
で活躍中です。

 かれらは、たまたまセミナーがきっかけになったかもしれませんが、各人が
到底普通の人にはできないような努力を重ねた結果です。


■アナリスト養成のための勉強会 1−8人限定で1年間 開催

 この火曜日のコラムでは、若い人たちがワーキングプアにならないためには、
どうしたらよいのかを考えてきました。
「専門性を身に付け、プロとしての意識を持ち、付加価値の高い仕事を目指す
べき」というのがわたしの主張でした。

 しかし、そういう言うだけでは迫力が足りません。
 自分の時間の1%をボランティアにと前回のコラムで書いたとおりに、自ら
のノウハウを伝える努力もまた大切ではないかと思い立ちました。
そして、少数精鋭で、1年間、クローズドの勉強会を開催することにしました。
都内の公民館で土曜日日曜日に4時間程度で年間1年間開催します。
金銭的な負担は参考図書などの実費に限られます。
講師およびスタッフは無料奉仕です。

■バイサイド・セルサイドのボランティア求む!

 バイサイド、セルサイドのアナリストの中で、今回の主旨に賛同していただ
ける方がいらっしゃいましたら、是非、ボランティアで、お手伝いを御願いた
いと思います。御願いします。
 先々週に、友人のTIWの藤根さんとすし屋に行ったとき、勉強会の構想を
相談させていただきましたが、主旨に賛同していただき、藤根さんというスー
パーマンも講義していただけることになっております。
 1年かけて、「へんてこで楽しい」アナリストを育成していきます。(とい
うことでよろしいですね、藤根さん?事後承諾というということで御願いしま
す(笑)。)
 TIWの藤根さんについては、ブログ「ラ・マンチャのアナリスト」
http: //www.fujine.org/をご参照ください。基本的には、セクターアナリスト
の養成ということになります。

 ただし、過去のセミナーとは違い、今回は、職業を紹介できるわけではあり
ません。あくまでも、勉強会であって、職業紹介センターではありませんので
ご了承ください。勉強会の後は、軽い飲み会をセッティングさせていただきま
す。講師の方々には、飲み代ぐらいはわたしの負担とさせていただきたいと考
えております。年収の高いアナリストさんを個別に有料で講師で呼べばいくら
請求されるか怖いぐらいです。
 申し訳ないですが、無報酬で知識の還元を御願いしたいと思います。受講生
の中から、将来のバフェットが生まれるかもしれません。
それが報酬です(笑)。


■倍率は低そうだ!

 億近の読者の中に、アナリスト希望者がいるとすれば、非常に好ましいこと
に、この超マイナーなメルマガ以外に、この勉強会のことが報じられません。
勉強会開催のお知らせは、超マイナーなため、誰も見ていない可能性があると
いうことです。すなわち、応募なしということもありうるのです。
 わたしたちは、基本的に、フリーターであっても、障害者であっても、受け
入れるつもりです。ただし、年齢制限はあります。「精神」年齢で35歳以下
です。青春をまだまだ満喫できる方々であれば、実年齢はたとえ100歳以上
であっても、構いません(もちろん、やる気が一番重要です。障害やフリータ
ーであること自体が選考に有利に働くことはありません)。


■手弁当 勉強会 応募の条件

条件1:
 年間10回の勉強会は、都内の公民館で行います。土日開催ですので、土日
に都内で出席可能な方に限ります。

条件2:
 やる気のある人(課題などをやりとげる物理的な時間のある方が好ましい)。
毎日1時間は勉強時間が確保できる方が望ましいと思います。

 条件1と条件2を満たす方は、このメルマガにやる気のコメント(555文
字ぐらいから55555文字程度まで)と連絡先を付して応募ください。
2ヶ月以内にお返事します。

応募先は:okuchika.mail@gmail.comまで御願いします。

少数精鋭ですので、面接をするかもしれません。応募した方には、こちらから、
ご返信します。合否は、どうしても独善的になるかもしれません。応募されて
も、万一、返信がこない場合もあるやもしれません。ごめんなさい。


■変わらぬメッセージ:長期の読者に感謝■

99年に始まった億の近道は、16000人程度の読者で成り立っています。
長期間購読を続けていただいた読者が多い、古い読者が多いことが特徴です。

このメルマガ(火曜日版)では、多くの株式投資メルマガにあるようなことは
行いません。
つまり以下のことはやりません。

●手っ取り早い情報(証券会社の格付けの変更など)
●何を買うべきか
●投資指南
●お勧め銘柄
●マーケットをどうみているか

わたしたちは「タダなのにすごいことが書いてある」メルマガを志向しません。
また、編集に時間をかけることもできません。

わたしたちが伝えたいことは、

●日本が欧米に並ぶ金融大国になるために日本人がもっと学ぶべきこと
●若い世代がワーキングプアにならないためにすべきこと
●株式市場は手っ取り早く儲けようとする投資家を貧乏にするという教え
●株式市場はゆっくり考え賢明に投資するものに富をもたらすという教え
などです。

いわば投資の実務家としての哲学や歴史観・人生観です。

わたしたちが目指すのは、「ファンダメンタル分析」宗教の普及です。

<著者紹介>

億の近道に2000年3月に執筆を開始。
およそ7年間 毎週執筆してきました。
継続は力です!
昨年、念願の独立を果たす。
日本株ロングショートのヘッジファンドマネージャー。

(職歴)
1990−1997年
 和光証券国際本部
(1990−1992年日本興業銀行外国為替部および国際資金部へ出向)
1997年−2005年
 米系投資顧問クレイ フィンレイ インク ポートフォーリオマネージャー。
2006年1月より独立起業。
 エイム インベストメントでファンドマネージャー。
(学歴)
コロンビア大学院 電気工学科 工学修士。
(六本木裏通りの人生大学 夜間部卒。専攻は夜間泥酔行動経済学)
(主な著書)
 「インベストメント―米系バイサイド・アナリストの投資哲学と投資技法」
(2001年イーフロンティア)
 「投資家から「自立する」投資家へ」(2003年パンローリング)
 「マンガ ファンダメンタルズ分析 入門の入門」(2004年パンローリ
 ング)

Enjoy Every Moment!
〜Slow Investment ゆっくり考え ゆったり投資 〜
山本 潤

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)

===================================

◆コラム「連載 目指せ!テクノロジーインベスター(20)」

(20)コネクタ(1)

 テクノロジー関連株に投資する際に、「ある程度技術を知っておこうと思う
のですが、むずかしくて・・・」という声を聞きます。

そこで、身近にある携帯電話を例にあげて、見た目から、感覚的にわかりやす
く技術を説明していきます。簡単に説明しますので安心してくださいね。

今回は、コネクタについてお話します。

携帯電話は、上側の表示がある上筐体とボタンのあるの筐体(きょうたい)に
分かれています。これらをつなげるにはどの様にしているのでしょうか?

これが、コネクタです。上側下側両方に、基板があって電気的につなげなけれ
ばなりません。そこで出てくるのが、コネクタなのです。

携帯電話の部品のなかで、コネクタがもっとも部品点数が多く、どのコネクタ
メーカも激しい競争になっているのが現状です。

では、コネクタの外観を簡単に説明したいと思います。

オス側、メス側があり、これが、合わさることによって、電気信号を伝達しま
す。オス側もメス側もプラスティックの小さい箱にたくさんの細い板金が埋め
込まれています。

もう少しわかりやすくしてみましょう。見た目は、ちょうどゲジゲジ虫やムカ
デみたいな格好しています。胴体の部分がプラスティックで脚の部分が板金に
なっていると想像してみてください。

胴体のプラスティック部分に凹みがあるのがメス側、凸があるのがオス側です。
メス側の外に出ている板金の脚の部分は、凹みの内側まで突き抜けています。
オス側も同じように外側の脚の部分の板金は、凸部まで突き抜けています。

オス側の凸部とメス側の凹部を合わせると、オス側の板金の脚からメス側の板
金の脚まで電気的につながるのです。

脚の数は少ないもので、2ピンから多いものでは、40ピンのものがあります。
例えば、携帯電話の上の基板と下の基板を接続するには、最大40ピンのもの
が使われたりします。

このように、コネクタは電気信号を伝える板金とそれを保持するプラスティッ
クから出来ているのです。

では、次にコネクタの使われている部分をざっとあげてみましょう。
今出てきた
1、携帯電話の上側基板と下側基板との接続
2、カメラ基板と携帯電話の基板との接続
3、LCD基板と携帯電話の基板との接続
4、サブLCDと携帯電話の基板との接続
等々、この様に、携帯電話のカメラや画面(LCD)と携帯電話本体の基板と
の接続には、コネクタが必要なのです。携帯電話1台で5〜10個ぐらいは使
われます。

こうなると、どのコネクタメーカも、携帯電話に採用されたいでしょう。これ
は、競争となり、コネクタメーカの淘汰をうながしますし、コネクタメーカの
技術革新は進みます。

同時に、携帯電話製造メーカ(セットメーカ)でも技術革新は進みます。こん
どは、部品点数の多いコネクタをなんとか減らそうとするのです。

ここで重要なことを話します。

コネクタメーカにとっては震撼ものでしょうが、携帯電話の内蔵部品の中でも、
コネクタは、携帯電話の小型化、薄型化のトレンドをモロに受けています。コ
ネクタを薄くしたり、小さくすれば、そのまま、携帯電話自体が薄く、小さく
なる可能性がでてくるのです。

携帯電話の実装部品のなかで、数の多い部品を薄型化、小型化できれば、その
効果も大きいのです。コネクタメーカではここまで技術革新の範囲となります。

しかし、携帯電話をつくっているセットメーカから言うと、コネクタがなくな
ってしまえば、セットが小型化薄型化するのです。

まとめますと、部品点数の多いものは、まず薄型化、小型化を迫られ、技術革
新が進みます。しかし、ついには、薄型化、小型化の究極としてなくされる方
向に技術は進んでいくという、イノベーションの典型となると考えられるので
す。

彼岸
〜現役エンジニアがこっそり教える
テクノロジー関連株の投資ヒント〜

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)

===================================

◆コラム「連載:ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい」

■第23回■

 相変わらず、バーゲンセールは続いています。アメリカ市場が戻すと、日本
株も少し戻し、アメリカ株が下がると、それ以上に日本株が下がる。
 日本株投資家は感情に支配されやすく、一つの方向に一斉に動くので、振幅
が大きくなるのかもしれません。

 まだまだ油断できない、安心できない市場環境が続きそうですが、通常の株
価位置から3割もたたき売られた500円台銘柄には、9月10日の日経22
5などの指数が大幅下落時にも、反発したり、殆んど下がらない銘柄も出始め
ました。

 いい加減、アメリカ追随の、アメリカ以上の下落は卒業して欲しいとは思い
ますが、日本株投資家の総意がアメリカ以上の下落なら、これまたしょうがな
いことです。株価は投資家の合意で決まるので、いくら歪んでいる、デフォル
メされていると思っても、敬意は表したいと思います。

 その上で、自分が割安で、現状も業績が上向いており、将来的に業績の拡大
傾向がつづくと信じられる銘柄を、しっかり握り締めたいと思います。

 先週の水曜日の億近産業調査部の話題のように機関投資家の皆さんが四半期
決算の内容に反応して短絡的なスタンスで売買をしてくれるなら、私達個人投
資家には大きな買いのチャンスが四半期ごとにおとずれるということにもなる
と感じます。

 個人の調査能力や時間は機関投資家などのプロには敵わないかもしれません。
しかし業績のスパンをちょっと長めで眺めることで、短絡投資を続ける人々と
はまったく違う目線が得られるような気もしています。

 中長期で、ポートフォリオを組んでいる人は、多かれ少なかれ損害を受け、
苦しい思いをしていると感じます。いくら平気だと言葉でつくろったところで、
悲鳴が行間に溢れていることは多いです。自分のブログを見ていても、痛々し
さが良く感じられて、なかなかいい感じです(苦笑)。

 苦しいときは、苦しいって言ってもいいと思います。しかし無理をしないで
余裕資金で投資をしているなら、それほど悲観的になる必要もないのではない
かと考えてもいます。

 ただ自分の経済環境などから見て無理しすぎている、精神的負担が重過ぎる
と感じた時はポートフォリオの株資産の額を減額して、リスクを調整するのも
良い方法だと思います。個別銘柄の損切りということよりも、投資額の増減で
リスク管理するほうが、市場環境が混乱している時は、有効な感じを受けます。
去年の経験で、少しは成長できたでしょうか。

 私自身はまだ株へ配分した資金では株のウェートが高いです。こんなときは
信用取引の売りを使える人が、うらやましく感じることもあります。でも、買
いがうまくできないのに、売りが上手くできるわけがないと考えて、じっと我
慢(爆)。

 この相場環境で市場に踏みとどまってチャレンジを続けることで得られる経
験はとても貴重だと思います。きっと投資家としての自分を更に成長させてく
れるでしょう。しかし撤退する必要がある人は、勇気を持って撤退することも
良い経験になってくれると考えています。

 私はマッターホーンの初登頂に成功したイギリスの登山家ウィンパーの言葉
を噛みしめながら市場にとどまって、いろいろチャレンジしたいと思います^^;

 『勇気と力だけがあっても、慎重さを欠いていたら、それは無に等しいとい
うことを忘れないでいて欲しい。』

経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)

===================================

 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2006年7月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」は特定非営利活動法人イノベーターズ・フォーラムの登録商標
です。この名称での有償のサービス等は行っておりません。紛らわしい名称の
サービスは弊社と一切関係ありませんのでご注意下さい。

===================================

■「山本潤氏のファンダメンタルズ分析日本株アナリスト養成講座DVD」
 発売!!■

「NPOイノベーターズ・フォーラム 公認日本株アナリスト 認定講座」
共催:エンジュク 協力:ダイヤモンド経営分析チーム

 2005年4月に行われた山本潤氏のセミナー映像に加え、ファンダメンタ
ルズ分析に必要な内容を新たに撮り下ろした映像を全て収録した4枚組DVD
です。

◆ファンダメンタルズ分析の決定版。
 いままで体系的に語られることの少なかった実践的なファンダメンタルズ
分析を網羅。最終的には個別株のレポートが作成出来るレベルを目的として
います。受講出来なかった方や反復学習したい方には最適な内容です。

◆充実したボリューム
 価格は48,000円とやや高額ですが、4月のセミナー(受講料38,0
00円)で使用した資料添付はもとより、全部でDVD4枚組、約450分の
充実した内容となっています。

詳細はエンジュクのホームページまで。
http://www.enjyuku.com/v_kabu_10.htm

===================================

■億近執筆陣の本 好評発売中!■

石川臨太郎
▲あなたにピッタリの投資手法がきっと見つかる投資実践ノート▲
パンローリング 1680円(税込)
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=2596&c=9784775990346

潜在意識を活用した最強の投資術入門
パンローリング ISBN4-7759-9011 2800円+税 288ページ

村田 雅志
景気予測から始める株式投資入門
パンローリング ISBN4-7759-9007 3300円+税 231ページ

山本 潤
投資家から「自立する」投資家へ
パンローリング ISBN4-7759-9008 4800円+税 426ページ

===================================

億近オフィシャルクラブ掲示板(無料)は、執筆陣を含めた様々な方がコミュ
ニケートしております。是非ご参加ください。MSNのサービスを利用してお
ります。
http://groups.msn.com/okuchika

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆E-Magazine ID:okuchika
       購読解除:http://www.emaga.com/info/okuchika.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/
 ◆メルマガ天国 ID:1127
       購読解除:http://melten.com/m/1127.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。
==================================

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM