<< 億の近道2016/11/29 | main | 億の近道2016/11/30 >>

有料メルマガライブラリから(207)銘柄研究 ニチリン(5184)

d82fe9dbb6e956b7fc8a12b6ece3eba3_s.jpg



 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、今回は特別に研究銘柄の一部を掲載いたします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=銘柄研究 ニチリン(5184)=
 (有料メルマガ第403回・2016/10/18配信号)

※注 2016年10月現在の内容ですので留意下さい。


 本日は、1914年(大正3年)に創業した自動車用、二輪車用、さらには家庭および家電用の各種ホースや配管を製造する自動車部品メーカーである、ニチリンを研究銘柄として取り上げます。


 ニチリンは、明治時代に栄えた総合商社「鈴木商店」の子会社より分離独立し、日本輪業合資会社として神戸市に設立されました。

 当時は自転車タイヤ・チューブ、各種ゴムホースおよび工業用ゴム製品の製造・販売をしており、2014年には創業100周年を迎えた、長い歴史と伝統のある会社です。

 現在はブレーキホース、カーエアコンホース、パワーステアリングホースなど、自動車用ホースを中心に、水道用ホースなどさまざまなホースを製造しています。この100年の間に戦争や天災などの困難も経験してきましたが、良いものは残し、常に変化し挑戦しながら、時代に合ったものづくりを行い、現在のニチリンがあります。

 今では、世界に13拠点を持つグローバル企業となり、世界中のモータリゼーションに貢献しています。


 ニチリンの技術力は、日本国内の自動車メーカー、バイクメーカーだけでなく、フォルクスワーゲン、アウディ、ゼネラルモーターズ、フォードなど、複数の海外メーカーからも高く評価されています。部品の入れ替え、技術革新のスピードが速い自動車業界で、現状に満足することなく、多様化する顧客のニーズを満たすために、日々技術開発力の向上に努めています。

 ニチリンは、いまでは自動車用ホースのリーディングカンパニーとしてエアコンディショニング、ブレーキ、パワーステアリングなどさまざまな用途に向けた広範囲なホースを開発・生産しています。二輪車用ホースにおいては100%に近い日本国内シェアを誇っています。

ニチリンの沿革
http://www.nichirin.co.jp/corporate/co_enkaku.html

 ニチリンは、日本の自動車メーカーはもとより、海外の主要自動車メーカーから信頼されて業績を伸ばしている企業です。


 まず、本日の研究銘柄としてニチリンを選んだ理由を説明します。


1.ニチリンは、8月9日に2016年12月期第2四半期の決算短信を発表しましたが、円高が進んでいるのに業績が堅調であること。同日に業績修正を行いましたが通期の純利益の業績予想は変更しませんでした。

 8月9日に発表された『通期連結業績予想の修正および通期個別業績予想』に関するIRです。
http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20160809/a12s63/140120160808471195.pdf

『当社顧客からの受注が堅調に推移したことに加え、好調な北米市場や中国市場の回復、アセアン市場も概ね堅調であったことから当社グループの受注は順調に推移しており、下期においても受注状況に大きな変化はないものと予想しております。しかしながら第2四半期以降急激に円高が進行し、下期においても円高基調が継続するものと予想されますので、第3四半期以降の為替レートを1US$=115円から1US$=102円に見直したことにより、通期の売上高は予想を下回る見込みであります。一方、営業利益につきましては、継続的な生産性改善や原価低減活動の推進、グループでの最適生産体制の取り組みにより、海外の全セグメントとも好調に推移するものと見込み、予想を上方修正しております。』


 このように、第3四半期以降の為替レートを円高に修正しています。直近では円はニチリンの想定レートより円安方向に動いています。

 第2四半期時点の通期一株利益予想は、年初と同じ289.88円です。

 ニチリンは常に保守的な業績予想を出す企業です。

○ニチリンの過去の一株利益の年初予想と実績の確認

2014年12月期:予想229.12円 ⇒ 実績236.31円
2015年12月期:予想244.55円 ⇒ 実績301.00円

〇四半期(各3ヶ月)ごとのニチリンの一株利益の推移
 10四半期分を確認します。

2014年12月期
第1四半期 65.12円
第2四半期 53.08円
第3四半期 41.70円
第4四半期 76.41円

2015年12月期
第1四半期 51.61円
第2四半期 65.70円
第3四半期 85.48円
第4四半期 100.22円

2016年12月期
第1四半期 88.13円
第2四半期 65.13円

 後ほど研究開発の状況をチェックしますが、新製品を開発して納入開始する情報や、量産を開始するという情報が多いです。新製品開発力が強いことで、利益を増やしていることが確認できます。


2.10月12日に、従来30%の出資シェアだったスペイン企業の出資比率を70%に引き上げて、連結子会社化を行いました。

http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20161012/a4wt3w/140120161012410940.pdf

 このIRの連結子会社化した理由の中に『最近大口受注の成功』ということが書かれており、出資シェアの増加分の利益の増加だけではなく、大口受注による利益の増加と、円安傾向が続くと、ニチリンの業績が予想以上に伸びることが期待できます。


3.ニチリンは、低PERかつ低PBRと投資指標的に割安であること。

 ニチリンの株価は上昇をスタートしていますが、10月14日の終値1591円で考えても低PERかつ低PBRです。

 PERは5.5倍です。
 一株純資産 1892.49円(=2016年6月末時点の数字)です。
 PBRは0.84倍です。


4.ニチリンの平成23年12月期から平成27年12月期までの4年間の純利益(と一株利益)の推移。そして2016年12月期の予想。

〇純利益(カッコ内は一株利益)
 平成23年12月期 ▲0.10億円( ▲1.13円)
 平成24年12月期  7.29億円( 81.79円)
 平成25年12月期 21.30億円(210.81円)
 平成26年12月期 26.09億円(236.31円)
 平成27年12月期 32.22億円(301.00円)
 平成28年12月期予32.00億円(289.88円)

 僅かに赤字だった平成23年12月期と平成27年12月期を比較すると、売上高で1.52倍。経常利益で10.1倍。純利益で38倍を超える増収増益となっている企業です。


5.2011年12月期と2016年12月期第2四半期のバランス・シートを比較すると、現金性資産が大きく増加していること。

<2011年12月末>

(資産の部)
資産合計 297.4億円
 現・預金32.1億円
 投資有価証券26.3億円
 受取手形及び売掛金69.8億円
 在庫47.0億円
 土地35.8億円
 建物等25.8億円
 設備等28.8億円

(負債の部)
全ての負債196.6億円
 有利子負債54.3億円

<2016年6月末>

(資産の部)
資産合計 422.6億円 (125.2億円増加)
 現・預金112.7億円(80.6億円増加)
 投資有価証券26.2億円(0.1減少)
 受取手形及び売掛金+電子記録債権83.6億円(13.8億円増加)
 在庫56.3億円(9.3億円増加)
 土地36.3億円(0.5億円増加)
 建物等39.6億円(8.4億円増加)
 設備等36.4億円(7.6億円増加)

(負債の部)
全ての負債182.1億円(14.5億円減少)
 有利子負債33.4億円(20.9億円減少)

 総資産が125.25億円増加したのに、負債総額は14.5億円減少。
 そして有利子負債も20.9億円減少している。

 現・預金は80.6億円増加し、投資有価証券は0.5億円の減少である。

 すぐ現金に換わる受取手形及び売掛金+電子記録債権も13.8億円増加している。

 在庫も売上高が1.52倍増えたので9.3億円増加しているが、短納期で生産できるためか、売り上げの増加に比べて増加額が少ないと感じられる。しかしこれは評価して良いことだと考える。

 業績が良くても、なかなか株価が戻さないので時価総額が175.7億円となったニチリンの総資産から、全部の負債を控除しても、240.5億円の資産が残ります。

 総資産422.6億円―全ての負債182.1億円=240.5億円

 その内訳は上記の通りで、現・預金112.7億円+投資有価証券26.2億円=138.9億円であり、この現金性資産だけでニチリン株をすべて買い占めるのに必要な金額(=時価総額175.7億円の79.0%に該当します。


6.ニチリンは4期連続で増配を行う計画であること。

配当の推移
 ニチリンは2014年10月に1株⇒1.1株の株式分割をしています。
 株式分割による過去の配当については株式分割の調整をしていない数字です。

http://www.nichirin.co.jp/ir/ir_7_segument.html

2012年12月期 12円
2013年12月期 16円
2014年12月期 22円
2015年12月期 28円
2016年12月期予32円


7.ニチリンは12月に金券優待があること。

ニチリンの優待のページ
http://www.nichirin.co.jp/ir/ir_15_kabu_yutai.html

権利確定12月末
クオカード
100株以上 1000円分
1000株以上2000円分
5000株以上3000円分


8.ニチリンは東証第2部に上場しており、東証第1部に昇格する可能性を持っていること。

 IRに確認したところ、すでに3年前から東証第1部への形式基準は満たしているとのことでした。もし東証第1部に昇格すれば、業績が非常に良いこともあり、投資家の注目度が上がり株価へのプラスのインパクトが強まると考えています。 


 以上のような理由から、ニチリンを本日の研究銘柄として選びました。


 では、いつものようにバランス・シートからニチリンの資産価値を確認します。
http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20160809/a0pt5p/140120160802465949.pdf

 平成28年12月期の第2四半期の決算短信から調べました。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【業績堅調!流動性の高い大型株で海外売上が過半を占める低PERの配当企業を研究!】

 本日配信の有料メルマガでは、国内2位、世界6位のメーカーで、2002年以降黒字を維持しており、今後の業績向上も期待でき、流動性の高い大型株で、海外売上が過半を占め、業界トップと比較して低PERの配当優企業を、研究銘柄として掲載しています。


 また、コラムでは、「『いつ買うか。今でしょう』と行動に移すべき時が、懐疑の中で育ちつつあるような期待をしています。」と題し、市場がリスクオン志向に変化して居る可能性の中で、どのように銘柄選定をしてリスク管理しておくことが重要か、具体的な戦術と共に考察しています。そして、このような環境の中での具体益な銘柄3条件にも言及しています。

 さらに、東京ラヂエーター製造の理論株価を考察し、カルソニックカンセイがもしTOBをかけた場合のための参考資料として報告しています。

 加えて、マイナス金利下で業績伸長が期待できる業界から、7社を取り上げ、次期研究銘柄候補として分析しています。


 金曜日までにご購読の方へは、もれなく最新号を差し上げます。
 是非この機会にご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)
 銘柄研究 わらべや日洋(2918)
 銘柄研究 ミライアル(4238)

過去サンプル(コラム)
 業績に不安が無い企業に投資家が資金を投下し始めた可能性(2016/10/04)
 新たな金融政策で、出遅れている日本株の見直しに期待(2016/09/27)
 特別掲載 バランス・シートを読むための簡単な知識(2)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/10/30)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraeclaクリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!
lowerbanner02.jpg



JUGEMテーマ:株・投資




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM