<< 有料メルマガライブラリから(102)特別版 今年の3月末の状況を見る限りでは低PER銘柄が有利だと感じる | main | 30代「当たり前の幸せ」のリアル【住宅とおカネ】編 >>

億の近道2014/04/09


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2014/04/09号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================

             −本日の目次−
          (本日の担当:小屋洋一)

  ◆コラム「30代「当たり前の幸せ」のリアル【住宅とおカネ】編」
       :小屋洋一

===================================

【海外投資実践入門セミナー、ストリーミング好評配信中!】

 「(きっと)世界初。動画のマーケットプラットフォーム。ネクフル」を利
用し、「海外投資実践入門セミナー」をストリーミング配信中です。

 テーマ別に視聴いただける形式になっておりますので、中東だけ、ベトナム
だけ、インドだけといった興味のある内容のみご覧いただけます。パソコンか
らもスマホからも視聴可能です。冒頭3分間は無料でご覧いただけますので、
まずは見てみてください!

また、お支払い方法が従来のBitCash、Paypalに加えて、クレジッ
トカード(VISA,Master,Diners)にも対応いたしました。
ますます購入しやすくなったコンテンツをぜひおためし下さい!

「これから始める!香港株、ベトナム株:小屋洋一氏」
 http://necfru.jp/video?id=125

「大きな魅力!中東への株式投資:岡村聡氏」
 http://necfru.jp/video?id=126

「ついに解禁!インド株式投資」:松田憲明氏」
 http://necfru.jp/video?id=127

 なお、テーマ全てを見たい方には、DVDも引き続き販売していますので、
こちらもご利用下さい。 http://www.iforum.jp/dvd/


===================================

◆コラム「30代「当たり前の幸せ」のリアル【住宅とおカネ】編」

=マイホーム購入が「当たり前」の時代もあった=

 3月28日に東洋経済新報社から、

いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまうと、30歳サラリーマ
ンは、年収1000万円でも破産します。

という本の出版記念して、これから本の内容を連載の形態で少しご紹介します。

 本文は東洋経済Onlineにて全文公開しています。


それでは第2回は【住宅とお金】編です。

 僕たちの親世代に当たる団塊世代の持ち家比率は、なんと86.2%。マイ
ホームを買うことはまさに「当たり前」の行動でした。

 実際、親世代がマイホームを買った当時は、今よりも不動産価格が低く、ま
た日本自体が経済発展の最中にあったため、不動産価格は年々上昇していまし
た。「土地神話」なんて言われていたとおり、仮に売却することになっても、
買ったときより高く売れると信じられていたのです。

 こういう環境では、マイホームを買うのが「当たり前」というのは、きわめ
て合理的です。2000万円のマイホームを買って何年か住み、3000万円
で売れるのであれば、買わない理由はまったく見当たりません。

 そんな時代の「当たり前」から抜け出せていないからか、子供世代の僕たち
にも「家を買え」と強くすすめる親御さんが多くいます。また、僕たち世代の
中にも「一国一城の主には、持ち家は不可欠だ」と信じて疑わない人が大勢い
ます。僕のところに相談にくるお客さんの中にも、「マイホームを買わない」
という選択肢を最初から持っていない方が多くいらっしゃいます。

 ですが、残念ながら時代は変わりました。もうすでに、不動産を買値よりも
高く売るなんてことがほぼ不可能だということは、ご理解いただけるでしょう。
僕たち世代は、「マイホームを買うか、賃貸に住むか」を真剣に検討しなけれ
ばならないのです。これが、僕たち世代の「当たり前」なのです。


=マイホームと賃貸、どっちが得?=

 こういう話をすると、多くの方が「じゃあ結局、マイホームを買うのと賃貸
では、どっちが得なの?」と聞いてこられます。確かに、気になりますよね。
どっちが得なんでしょうか?

 期待を裏切るようで心苦しいのですが、この問いに対する僕自身の回答は
「ケースバイケース」。つまらない答えですが、買おうとしている物件と借り
ようとしている物件の条件、お客様の資産状況やどれくらいリスクを取りたい
のか、などがわからなければ、無責任なことはとても言えません。

 では、ファイナンシャルプランナーとして何も言えないかというと、そんな
ことはありません。「損か得か」以上に、皆さんに知っておいてほしいことが
あります。それは、「マイホーム購入は人生最大のギャンブル、賃貸はたんな
る消費」ということです。どういうことか、詳しく説明していきましょう。


=マイホーム購入は人生最大のギャンブル=

 FX取引をご存じでしょうか。手元資金が100万円しかなくても、たとえ
ば10倍の1000万円までの取引ができる「レバレッジ」を効かせた投資と
して、個人投資家の間で人気となりました。

 では、みなさん、実際にFX取引をやっていますか??やっていらっしゃる
方は、10倍ものレバレッジをかけて、取引をしていますか?

 おそらく、多くの方の答えは「やっていない」でしょう。日本人はアメリカ
人などと比べ、投資のリスクに対して回避的です。「レバレッジ10倍=危な
い」と思われるのではないでしょうか。

 実は、マイホームの購入は、購入する物件の10分の1の頭金を用意すれば、
その10倍の値段の家を買えるという意味で、レバレッジを効かせた投資以外
の何ものでもありません。

 手元資金よりも大きな買い物ができるので、うまくいけば大きな資産を作る
チャンスです。ですが、レバレッジが効いている分、損をするときの傷も大き
くなってしまうという問題がつねにつきまといます。

 親世代のときは、不動産価格が上がり続けていたので、比較的勝つ確率の高
い投資でした。でも、今は状況が一変しました。

 住宅購入層の人口は減少し続けている反面、住宅建設は止まっていないので、
1世帯当たりの住宅数はすでに1.15戸に達しています(総務省統計局「住
宅・土地統計調査」より)。
 1世帯が1戸の住宅に入居するとしたら、全体の15%が空き家になってい
るのです。値上がりを期待するは難しいでしょう。

 さらに、転勤やリストラでマイホームを手放さなければならないリスクも、
親世代のときと比べて増えました。隣人トラブルに巻き込まれれば、ずっとそ
こに住むのは大変ですし、いざ売ろうとしても簡単に買い手は見つからないで
しょう。
 東日本大震災を受けて、災害によってマイホームが壊れてしまうリスクも、
強く意識されるようになっています。

 こんな状況ですから、親世代のときと比べて、マイホーム投資は勝つのがと
ても難しくなっています。まさに、「マイホーム購入は人生最大のギャンブル」
と言っていいでしょう。
 マイホームを買うときは、これらのリスクをすべて引き受ける覚悟を持って、
しっかりと「負けない工夫」をするように心掛けてください。

【以下省略】

連載全文を読みたい方は東京経済Onlineにて公開中です。
⇒http://toyokeizai.net/articles/-/33609

書籍はAmazonにて発売中
⇒http://goo.gl/mFL4im


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一
http://www.mlplanning.co.jp/

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthiaクリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

===================================

【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】

 億の近道(NPO法人イノベーターズ・フォーラム)では、執筆者の石川臨
太郎氏の有料メールマガジンを好評配信中です。

 今週配信の有料メルマガでは、最高利益を4期連続で更新しており、海外売
上比率が約50%あり、公共予算増額や東京オリンピックを追い風としつつ、
シェールガス関連製品も多く有する、割安と思われる企業を、研究銘柄として
掲載しています。
 また、コラムでは、「無理をする必要は無いけれど、リスクを管理して株式
投資を続けていれば利益を上げるチャンスはめぐって来てくれる」と題し、株
式市場の変化に対応するための考察や、今後の市況予想では有望な銘柄をいく
つか挙げ、さらに、今後の研究銘柄候補に関して5銘柄に言及しています。
 是非この機会にご購読下さい。

有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4222
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4245
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4256

なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用
されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。

===================================

 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」は特定非営利活動法人イノベーターズ・フォーラムの登録商標
です。この名称での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。
==================================

JUGEMテーマ:社会の出来事


JUGEMテーマ:経済全般


JUGEMテーマ:ビジネス



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM