株安はみんなが忘れた頃にやってくる



 順風満帆なように見える株価のトレンドだが、この先いつまでこのトレンドが続くのかと言うとやや心許ない。
 日本株だけではなく米国株の見通しだって同様に感じられる今日この頃です。


 上がり続けてきた株式のモノサシでは東証1部の平均PERがまだ16.8倍でまだ大丈夫かと思いがちですが、来期にかけ一段の収益向上がないと株高が続くと割安感は薄れてきます。

 株式投資ではリスクが高まる要素として投資する際の割高感がネックとなります。需給面ではマイナス金利がいつ引き締められるのか、円高に転じる可能性はないのかなど気になる要素が出て参ります。

 とは言え、まだ株式市場には多くのPBR1倍割れ銘柄が存在し、中には0.5倍以下の銘柄も見出すことができます。ですから1980年代後半のバブル形成期に対してまだまだ割安感があることも事実です。
 指数としてはややいびつな構造である日経平均はまだ2万3000円を前にした展開で投資家や市場関係者の先高観は続いています。


 マイナス金利時代で株式の配当利回りが平均して1.5%と銀行金利に比べ高い点も有利です。
 平均以上の配当利回りに株主優待を含めた総合利回りなどを加味しますとやはり株式投資が資産増強には向いていると考えられます。

 株式には外部要因や需給要因、マクロ景気要因、個別企業ごとの財務、経営、業績などの変動リスクが伴いますが、リスクに対してリターンを上げるには分散投資、ポートフォリオ投資などが有効です。


 忘れた頃にやってくる株安に委縮することなく、勇気と期待を胸に着実な運用に努められますことを心より祈願申し上げます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




師走相場はIPOラッシュ



 皆さんはIPO銘柄に関心をお持ちでしょうか。

 IPO(Initial Public Offering)というのは初めて株式を市場に公開することの意味で、多くの企業経営者にとっては一大イベントでもあります。

 2017年は90社が年末までにIPOする予定となっていますが、特に12日から26日までは一気に22社がIPOして参ります。
 まさにラッシュの様相です。

 13日と18日は1日に4社がIPOしてくる状況となります。

 IPO企業の経営者の皆様には心よりお祝い申し上げたいと思います。


 企業経営者は会社を起業して事業がある程度発展してくれば上場を目指そうと頑張ります。
 大変な苦労を重ねてIPOに至る経営者にとって東証でIPO時に鐘を高らかに打ちならすとセレモニーとは言え感動がこみ上げ、一様に身が引き締まる思いだと感想を述べています。

 但しIPO時の鐘はゴールではなく、始まりの鐘でもあります。
 投資家や株主、従業員等のステークホルダーの負託に応えて成長していく必要があります。


 投資家の皆さんは紆余曲折を経て上場するに至った優れた企業及び企業経営者の手腕に期待して投資するチャンスが与えられています。問題はその成長度合いでもあります。
 高い成長性を備えた企業へはPERなど投資指標が高くなりますが、成長性がないと判断されれば、PERは低くなりがちです。


 ところで皆さんは設立からIPOまでの期間はどの程度だと思われますか。

 創業して間もないケースもありますが、平均的には設立されてから10年から20年程度の期間での上場が多いのかも知れません。
 ただ、中には12月20日に東証1部に上場予定の森六ホールディングス(4249)のように設立されてから101年を経た老舗企業のIPOもあります。

 創業間もない若い企業に投資すべきか老舗企業に投資すべきかと迷いは生じますが、それぞれにポジティブな点、ネガティブな点があります。

 老舗企業の多くは既に出来上がった会社の印象があります。売上規模も利益水準も高い反面、成長性は期待できないという印象があります。

 一方では創業間もない企業は事業規模は小さいし業績への不安感がつきまとう反面でビジネスのアイテムやビジネスモデルなどにおいて今後の利益成長が高い可能性があり、投資家の多くは後者に対して評価を高める傾向があります。


 億の近道の読者の皆様のIPO銘柄への投資スタンスはいかがでしょうか。

 筆者は老舗企業だろうと若い企業だろうと中長期的に成長する意欲を持つのであればどちらも同様に関心を持っており、皆様にはバランスよく企業の内容をお伝えしていきたいと考えています。
 ただ、どちらかと言えば、成長性が期待できるまだ評価が不足気味の中小型銘柄に関心を寄せることが多いと感じています。

 成長株評価のモノサシであるPERはできるだけ低い段階での投資が成果を上げやすく、IPOしたばかりの企業が高過ぎるPERで調整を続けるケースはよくあります。


 2017年師走相場に彩りを添えてくれる今週以降のIPO銘柄に大いに関心を持って頂き、未来に向け成長の姿を描ける企業の株式に投資をして頂きたいと思います。


【参考:今週のIPO銘柄】

12日 カチタス(8919・T1)公開価格1640円
12日 一家ダイニングプロジェクト(9266・M)同2450円

13日 SGホールディングス(9143・T1)同1620円
13日 ヴィスコテクノロジーズ(6698・JQ)同4920円
13日 マツオカコーポレーション(3611・T1)同2600円
13日 グローバルマネジメント(3486・M)同2620円

14日 アルヒ(7198・T1)同1300円
14日 エルティーエス(6560・M)同680円

15日 HANATOUR JAPAN(6561・M)同2000円
15日 イオレ(2334・M)同1890円


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




2018年における株式投資大作戦

27d771e32fd2439e9273bc168fdeb72f_s.jpg


 早いもので2017年も残り3週間になってきました。

 米国雇用統計の堅調さで米金利上昇観測の一方で国内GDP7−9月期の上方修正からSQを迎えた先週の日本の株式相場は堅調に推移しており、2018年に向け明るさが鮮明になりつつあります。

 日経平均は再び23000円台乗せしそうな勢いですが、水面下では投資家の物色の矛先がどこに向かうのかが議論されているようにも感じられます。


 日経平均をリードする超値がさ株の一角が主役となる中で蚊帳の外に放置されている銘柄も散見される中にあって皆様の2018年に向けたポートフォリオはいかがでしょうか。

 上がった銘柄もあれば後半にかけ下げた銘柄もあって銘柄毎に動きの違いはありますので、そのあたりをどう見るかですが、安くなった銘柄をコツコツと仕込んでおくかそれともこれまで活躍してきた銘柄を改めて仕込み直すのか投資作戦は様々です。


 私は今週から来週にかけ、炎の投資情報という有料メルマガで2018年の投資作戦とリスク限定型のポートフォリオ構築に向けたお話をお届けしようと考えております。

 安くなった株にはそれなりの理由もあり、なかなか安くなったからと言って手が出せない投資家もお見えになるのかも知れませんが、事業内容や業績内容を十分にチェックして株価の位置や時価総額などを加味して投資するように心がけて頂くことが必要なのかと思います。

 比較的地味な銘柄でも投資タイミングによっては高い成果が上がることもあります。


 IR活動が株価に影響している事例を今年は数多く目の当たりにしてきました。
 2018年も積極的なIR活動を行っている企業やIRを積極化し始めた企業に評価の軸足を置くことにしたいと思います。


 市場にはPBR1倍割れ銘柄がなおも1300銘柄以上も存在しており、その中にはPBRが未だに0.5倍を割れている銘柄が300近くも存在しているという現実に注目しないわけにはいきません。

 当然のごとく未来の成長につながるテーマ株にも関心を向けていく必要があります。

 デフレ脱却が現実のものになるとインフレヘッジの視点での株式投資はますます有効になってきますが、低PBRで高配当利回りのキャッシュリッチなバリュー株を基本に、IoT、AI、ロボットなど時流に乗るテーマ株やIPO後の株価低迷株を含めた投資でじっくりとポートフォリオを構築していくことを皆様には実践していただきたいと思います。

 言うは易く行うは難しながら株式市場に残る有望な投資対象となる銘柄を発掘しながら投資の検討を行って頂くことも念頭に入れておかれましたら幸いです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




12月のIPOに関心が高まる

1137472651-89149.jpg


 有事の懸念が高まりつつある中で今月はIPOのラッシュ。
 7日から26日の期間に23銘柄が登場してくる予定で、公開株を手にした投資家の皆さんはそこに関心が向かうものと思います。

 特に13日のSGホールディングス(9143)は皆さんご存知の佐川急便でいわゆる大物になります。

 これで凄い成果が上がるには企業の成長が必要なのは言うまでもありませんが、一般的には関心を呼びそうです。
(筆者は中・小型株に関心があります)


 本日出席したイーグランド(3294)の江口社長に12日に東証1部上場予定のカチタス(8919・旧やすらぎ)という同じ中古住宅再生事業ということで聞いてみましたが、確かに業種的に類似はしていますが、ニトリに出資を仰いで再上場に至ったカチタスは戸建て住宅のリフォームがメインであるとの回答。
 割安感の強かったイーグランドの株価はこのところ堅調な値動きで、本日は1223円となりPERは10.6倍となってきてようやく評価が高まって参りました。

 カチタスも大型銘柄ではありますので株価は重いのかも知れません。
 このため先日のLIXILビバ(3564)のように上場後の調整場面に関心を寄せることにしたいと思います。


 また、11月15日にIPOした同じ住宅関連で地味な印象があるプレカット部材製造のCSランバー(7808)は相変わらずの調整局面。初値後の高値から下落トレンドが続いていますが11月決算にやや不安感があるのかも知れません。

 下落が続くとどこまで売りが出るのかと疑心暗鬼になりがちです。小口の売りに引けにかけ売られた状況から、株価の位置はPERが10倍台になってもなお不安感から売り込まれるという悪循環が見られますが、こういう局面では忍耐が求められます。

 筆者は現在同社にいくつかの質問を投げています。その回答は改めて皆様にご披露したいと思います。


 CSランバーはもたついていますが12月IPO相場の前哨戦となった11月21日のサインポスト(3996・M)は公開価格に対して初値は3.87倍、28日の幸和製作所(7807・JQ)は同じく2.26倍、トレードワークス(3997・JQ)は同じく6.2倍と人気を集めました。

 その後の株価はサインポストがさらに高値まで78%上昇。幸和製作所も同じく高値まで60%の上昇となるなど堅調。

 さすがにトレードワークスははやくも初値から調整していますが投資家の関心が高いようです。


 前哨戦となった11月のIPOを経ていよいよ12月IPO相場を迎えますが皆様のご関心はいかがでしょうか。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




再び半島有事に備える体制



 12月8日のパールハーバーを前に半島有事が再び懸念される情勢となり、週初の株式市場は調整ムードが漂い始めているようですが、毎回のことでこれに備えるべきかどうかは悩ましいと個人的には感じられます。


 リスクテイクとリスクオフの繰り返しで株価も変動を繰り返していますが、一方では石川製作所など防衛関連銘柄がまたも薄商いの中で値を飛ばすなどクリスマス休暇に向けた有事に備える動きが株式市場では活発です。

 元気な投資家は積極的に防衛関連銘柄に対してリスクテイクに動いているようですが、果たして今回の首尾はどうなりますか。

 冷静な投資家はまたリスクテイクする時期をしっかりと見極めながら対応されるものと思います。


 NY株高に連動する形で直近の日経平均は23000円台を伺う動きを見せましたが、有事の懸念から再びいったんは調整。とは言え、物色意欲は旺盛なため、出直りのタイミングを待って再度取り組む向きも多いのかと推察されます。

 有事にいかに備えるべきか、皆様の対応スタンスはいかがでしょうか。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




12月のIPOラッシュを前に



 このところまた為替が円高に向かってきたことを踏まえて日経平均は多少頭重い展開になってはいますが、強弱感が対立する局面ではありますが、下値不安には乏しいと見られます。

 この間隙を縫って中小型の材料株や値下がり傾向が続いてきたIPO銘柄への関心が高まってきたとすれば、条件さえ変化すればこの反対の値動きも想定されることになります。


 折しも明日の11月28日から12月にかけIPOがラッシュとなります。
 特に12月は7日のアトリエはるか(6559・セントレックス)から26日のオプティマスグループ(9268・T2)まで一気に23社がIPOを予定。

 この前哨戦ともなった11月21日にマザーズ市場にIPOしたサインポスト(3996)株の値動きは2日連続のストップ高を演じるなど活況を呈しています。

 その前のCSランバー(7808)はプレカット木材会社というやや地味目の業態が災いしてか早くもPER10倍台の位置に落ちてしまいました。配当落ち後の動きに注目しておきたいところです。


 12月のIPOのラッシュは想定されていたことは言え、株式市場にとっては一時的に需給にマイナスの影響をもたらす可能性もあります。特に12月のIPOには東証1部上場クラスが6銘柄も含まれていますので、一時的に資金が吸収される可能性があります。

 とりわけ12月13日の佐川急便をグループに持つSGホールディングス(9143)は年商が1兆円、経常利益600億円に迫る企業のため、当然のごとく時価総額も大きく、一時的にせよ資金吸収がなされる可能性があります。

 また、明日28日の3社(幸和製作所、ポエック、クックビズ)のIPOに続き、12月13日、12月18日の各1日4社のIPOがスムーズに消化できるかが注目されます。

 一方でIPOラッシュは投資のチャンスでもあります。多くの個人投資家の皆さんがIPO銘柄への公開前の出資について申し込みを検討されているものと推察されますが、そのためにお持ちの株を売却して現金を確保されている投資家もお見えかも知れません。


 半島情勢もさることながら当面はこうしたIPOラッシュに伴う需給要因に留意しながら今後の相場展開を注視していく必要がありそうです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




足の速い銘柄が好まれる相場



 このところ中小型銘柄が元気だというのは皆様もお気づきだと思います。

 11月9日につけた2万3382円という高値をつけてから日経平均は16日の安値2万1972円まで急落。
 その後は円高基調となった為替相場を背景にやや膠着状態となってきたことを背景に再び相場の潮流は中小型銘柄に戻ってしまった感があります。


 私の有料メルマガでも取り上げたネットマーケティング(6175)が新規事業参入で人気化しているほか、今や人気銘柄となったクロスフォー(7810)、ズーム(6694)など中小型銘柄が私が注目していると言わなくても独り歩きの状態で株価の上昇が顕著になってきました。


 皆さんはすでにお気づきだと思いますが、これらの多くは今年のIPO銘柄です。
 11月11日のセミナーではLIXILビバのような大型IPO銘柄もお話ししましたが、これとて人気化し始めています。


 なぜIPO銘柄が好まれるのかと言うと需給が良くて値動き、つまり足が速いからだという視点があるからだと言えます。

 ただ、全部が全部こうした値動きにはなっていませんので、多くの投資家の皆さんは次に来そうなIPO銘柄に先回りして釣り糸を垂れる感覚で投資して待っておられるのかも知れません。

 やはりポイントは業績と今後の成長性、成長のストーリー性が必要になります。株価の上昇には当然、成長性やテーマ性などを確認しながら投資して頂く必要があります。

 一方では買われ過ぎてしまい高値づかみで対処方法に困っておられる方も多く、こうした投資家は忍耐強く出番を待つかあきらめて動きの軽い銘柄に乗り換える作業をしないとなりませんが、編集部にメールを頂ければ何らかの回答を誌上でさせて頂くかも知れません。


 足の速い銘柄を求めて多くの投資家はリスクマネーを投じることになるのですが、くれぐれも高値掴みにはご用心。

 相場は山のふもとから眺めの良い頂きまでいろいろな局面を経て続きます。
 登れば下りも待っているのが相場。あまり有頂天にならず時には冷静に眺めていきたいものです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




IPO後下落トレンドが続く東証1部大型銘柄

a0ff354cf2feb9a52ba1c7c89d193f8b_s.jpg


 15日のCSランバー(7808)まで今年も63社が上場を果たしました。

 公開価格に対して多くは初値が高くなり、その後安くなる銘柄もあれば高くなる銘柄もあり、二極化の様相が見られます。


 マザーズ銘柄はIPO後の成長期待が高まるケースも見受けられますが、中には期待外れに推移する銘柄もあり、悲喜こもごもの状態です。

 一方で東証1部に上場を果たした銘柄は3月22日のマクロミル(3978)から始まってオークネット(3964)、スシローグループHD(3563)と再上場組が相次ぎました。

 マクロミルは上場初値が公開価格を4.3%下回り、その後も値を下げ、公開価格から15.9%の値下がりを見せましたが、その後は10月31日の高値3500円まで2倍以上の水準にまで上昇しましたが、オークネットやスシローについては上場後、上値が重い状況が見られます。

 その後は4月12日にLIXIL系のLIXILビバ(3564)、9月29日に西本貿易を子会社に持つ西本Wismettacホールディングス(9260)が上場しましたが、いずれも上場初値が公開価格を下回るなど不人気な状況が見られます。


 東証1部に上場した銘柄は極端に高い成長性は期待できませんが、安定した成長が見込めるほか配当利回りが高いなどの買い安心感があります。PERが市場平均を下回っている場合などは見直し人気につながる要素もありますので改めてチェックしてみてはどうでしょうか。


 12月は佐川急便をグループの持つSGホールディングス(9143)をはじめ既に公表されている分だけでも12月20日までに20銘柄のIPOが予定されていますが、このうちの6銘柄は東証1部に上場が予定されています。


 上場後不人気の東証1部上場銘柄にも多少は関心が向く可能性もありそうです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




理不尽なバリュー株の急落

969372238b7ac1c94933cd3cd209d99d_s.jpg


 あなたは成長株指向ですかそれともバリュー株を指向されていますか?

 先日開催された炎のセミナーでもこの2つの投資スタンスを問いかけさせて頂きましたが、多くの投資家にとってどちらを指向するにしても企業内容の吟味が必要なことは言うまでもありません。

 PER、ROE、業績の伸び、経営者の成長への取り組み姿勢、リスクの把握、セクターの位置づけ、先行投資などのキイワードは成長株投資を指向する投資家にとっては、注目したいポイントです。


 成長株投資では変動リスクもありますがキャピタルゲインを得る機会が多く、株式投資の醍醐味が味わえるものと思います。

 一方でバリュー株投資ではPBRや配当利回り、配当性向、ROE、保有現預金、有価証券、投資有価証券、有利子負債、時価総額に加え、潜在的な成長企業としての位置づけがチェックポイントになります。


 成長株にしろバリュー株にしろ投資家の期待が外れた場合はそれまで上昇トレンドを描いていたとしても一気に下落に転じることもあります。

 例えば、これまで億の近道で取り上げられてきたバリュー銘柄の中でも代表的な銘柄であるテノックス(1905)株が先週は中間決算の発表前につけた直近の高値1355円から一気に1075円まで20%余りも短期間に売られてしまいました。
 積み上げ型で上昇してきた株価の久々の大幅安ですので多くの読者の皆様も関心を持たれているのかも知れません。

 1075円をボトムにして同社株は次第に落ち着きを取り戻しつつありますが、週末はなおも売り物がちに推移してしまいました。下値模索局面を経て反転に向かうのかここは冷静に評価していく必要がありそうです。


 いかにもバリュー株らしいやや保守的な同社に訪問してお話をお聞きする限りでは業績面で更に売り込まれる要素にはないと感じられます。出来高面では既に約81万株と見られる浮動株のうち54.5万株(67%)が決算発表後の5日間で出来た計算になります。

 過去の業績推移や今後の業績見通しを踏まえて強弱感が対立していると考えられますが、皆さんの評価はいかがでしょうか。


 バリュー株が成長株に脱皮しようかというタイミングで起きた株価の急落ではありますが、皆さんも改めて吟味願えれば幸いです。

 なお、同社株については有料メルマガ「炎の投資情報」で更に詳細をご報告申し上げますのでご参照賜りましたら幸いです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




投資スタイルを考える

c623f972195b5102e0808d2af07c4b4e_s.jpg


 株式投資の王道は成長株投資と言われていますが、一般投資家にとって成長株を見分けるのは至難の業なのかと思います。

 成長性の高さを分析するためには会社の成長シナリオに対して客観的な調査を実施して判断を下す必要があります。投資の前提として投資家は対象となる企業の成長への積極的な取り組みを評価する必要もあります。


 投資家に与えられた投資のための参考情報は定性的なものと定量的なものがあります。

 投資家はその両者を決算短信などを通じて読み取ることになりますが、アナリストは更に会社側に質問をしながら投資家への有益情報を提供することになります。

 基本的な投資は成長性を基本にしたものであるとしてもこれだけでは心もとないと考える投資家の皆さんも多いと思います。


 私はどちらかと言うとバリュー銘柄を主体にしたポートフォリオ構築を心がけていますが、それは比較的ロングランで取り組めるからで、忙しい運用ではない忙しくない運用を心がけるべきだと思うからです。
 下値不安に乏しいバリュー株と株価が変動する要素の高い成長期待株を組み合わせた運用を提唱しながらその時々の有望個別銘柄をご報告することにしたいと考えております。


 今回の渋谷セミナーではバリュー銘柄からの選定と直近のIPO銘柄の中でも下落トレンドにある銘柄を組み合わせた運用を提案させて頂きました。

 3700ほどの銘柄が上場している株式市場の3分の1以上はいまだにPERが1倍以下の水準です。また更にその中の283銘柄が0.5倍以下になっています。その中の有望銘柄を今後もピックアップして分析してみたいと思います。

 また、年間80以上の銘柄がIPOして参りますが、その中にはIPO後に下落トレンドを描いている銘柄が見出せます。
 中には上場後何倍にもなる銘柄がありますが、反対に大きく下落してしまう銘柄もあり、その中には公開価格すら下回っている銘柄もあったり、公開価格は上回ってはいても高寄りした公開初値を大きく下回ることも多いのです。


 その中にはその大きく下落した水準から大化けに至るケースもあります。

 その可能性に挑戦しようというのが今回のセミナーでのポイントと言えます。

 セミナーではそうした視点での選定銘柄の直近の成功事例を掲げさせて頂きましたが、バリュー銘柄選定では過去3年タームでは平田機工(6258)、過去2年タームではテノックス(1905)を典型例とさせて頂きました。

 直近のIPO銘柄の事例ではズーム(6694)やクロスフォー(7810)などを取り上げておきました。


 皆様もまずご自身の投資スタイルを確立されて銘柄選定に活かして頂くと幸いです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM