【お知らせ】炎チャンネル第59回「 七日続落後のホッ」をアップしました








 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場を語る炎チャンネル。
第59回「 七日続落後のホッ」がアップされました。


 第59回「 七日続落後のホッ」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1557978303
 【YouTube】https://youtu.be/WuE-rTxofIc


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めておりますので宜しくお願いします。


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資




炎の注目低PER銘柄




 万年割安株というのがかならず市場に存在する。

 東証1部市場の平均予想PERが13.6倍の時に中には5倍を割れているような銘柄が存在するのだから、中には20倍以上で評価されているような銘柄も存在することが読み取れる。

 低PERだから運用成果が必ずしも上げやすいという断定はできないが、気持ち的には割安感の働きやすい銘柄で今後の成長ビジョンが描きやすい銘柄を投資対象としたいと考えます。


 通常は新たな決算見通しが示されればそれに呼応して株価が変動することになるが、市場の人気や需給が足かせとなって多くの万年割安株を存在させる結果となっているものと推察される。

 億の近道でこれまで筆者が取り上げてきた銘柄は様々だが、基本的には低PERが多い。またそれに低PBRや高配当利回りも加わりバリュー銘柄に注目するのが一つのパターンだと言える。


 いくら割安感があっても残念ながらなかなか市場人気は盛り上がらない。
 流動性がない銘柄、先行きの業績に不透明感がある銘柄、企業の内容が十分に認知されていない銘柄などがそうした類となる。

 万年割安の地味株、流動性のない銘柄よりも派手派手な銘柄、誰もが知っている銘柄、創薬株、テーマ株の売買でいくのが基本的な投資スタンスだろうが、そろそろ低PER銘柄にも関心を持って頂きたい。

 それにしても犬も歩けば低PER銘柄に当たる時代になってきた。

 テノックス(1905・今期予想PER6.9倍)、協立エアテック(5997・同5.2倍)などのJASDAQ銘柄、日創プロニティ(3440・同4.8倍)、Lib Work(1431・同6.8倍)などのQボード銘柄は業績堅調ながら相変わらず低PERに甘んじている。これらの低PER銘柄が株高のトレンドに戻るには市場の投資マインドに変化が必要だと言うのは言うまでもない。

(これら個別銘柄の詳細は有料メルマガでご報告予定ですので宜しくお願いします。)
 有料メルマガ詳細 ⇒ http://www.honohfm.com/


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




決算発表ラッシュ

a90f06820f329862fe544b1a191dc959_s.jpg



 先週までに多くの企業が決算発表を行っていることは皆さんもよくご存知かと思います。ファーストリテイリングやソフトバンクGにリードされたような一部の銘柄に人気が集中する偏りが見られる株式市場ですが、企業業績は本来株価に影響をもたらす有力な基本的な拠り所と言えます。

 2018年1月をピークに1年間の調整を経て戻り相場を展開しつつある株式相場の動向は企業業績の行方がポイントとなるが、皆さんも手持ちの銘柄の業績をしっかり吟味しておられるものと拝察致しております。


 1年間の企業活動の結果が、業績として示され、その結果をベースにまた新たな1年間の業績を見通し、投資家各位に示されるイベントがこの時期にラッシュとなる。


 企業業績の発表のパターンはいくつかある。

 期初ないし期中に見込まれた業績結果が上振れする上方修正は一般的に投資家に好感され株高につながることになるが、反対の場合はその逆に株安につながるというのはよくあるパターン。
 前期が上方修正されて着地したとしても今期の業績が減収減益で示されるとネガティブに見られる売り圧力が高まる。

 これも反対に前期が下方修正され減収減益となったとしても今期の業績見通しが増収増益で示されればその時の株価次第だが買いニーズが高まることになる。

 既存の株主及び新たな投資家、市場関係者はこうした決算発表のパターンを横目に行動を見せる。

 そこに市場全体の需給が絡みあいながら個別株の方向性が決まっていく。
 いくら好業績だからと言っても現実に市場に投資家のリスクマネーが入ってこないとなれば株価は穏健なまま推移することになる。

 企業としてはその好業績の背景をいかに投資家に確認させるのかが重要であるが、なかなかすぐには投資家には伝わらない。まず決算分析が必要でその分析を担うアナリストが説明会や個別訪問して活躍するのがこの時期である。


 億の近道の読者の皆さんの中にはアナリストとしての活動もされている方もお見えだと推察されるが、各自の分析結果を投資の拠り所とされているものと思われる。
 問題は業績結果よりも不確実な未来の業績にある。国内外のマクロ経済が不透明な時期に積極的な投資などできないというのがこれまでの流れだったが、そうした慎重な投資家の行動は不確実なマクロ経済が何らかの施策が市場にメッセージとして示されれば一気に変化するということも念頭に入れておく必要があるだろう。

(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




祝!!令和時代



 炎のファンドマネージャーとしては4月22日以来の久々の執筆です。
 令和時代になって初めてなので取り敢えずはお祝いのメッセージから。


 「令和時代への御代変わりを心よりお祝い申し上げます。」


 令和時代になって少しは世の中良くなるのかと思っておられる皆さんも多いのかも知れませんが、10連休明けの株式相場に至っては残念ながらお祝いの言葉が空しくなるほど一向に良くなる気配がありません。

 株式相場は令和時代突入とともに大きく調整。日経平均は再び21000円接近場面を迎えています。昨年12月24日のボトム形成時と比べると、まだ10%上の水準ながらファーストリテイリングやソフトバンクGの株価が高値に位置していますのでこれらを除くと実質的には2万円割れの2番底形成の過程にあると考えて良いでしょう。


 こうした調整場面こそ個人的にはここはチャンスではないかと思ったりもしますが完全にボトムを捉えることは難しいので慎重にならざるを得ないかと思います。

 このように全体相場は景気の先行きが国内外の経済環境を踏まえて不透明な中で予断を許さない展開が続いていますが、調整相場は既に2018年1月をピークに昨年12月まで1年近く続き、その後は4か月ほどの戻り相場を展開。ジリ高歩調の中での短期調整場面が見られます。再びの調整場面がなおも続くのか読めない中で投資家の不満がたまったままの状況が感じられます。

 この間、米国第一主義を掲げるトランプ大統領率いる米国の景気は底堅く、米国株は極めて堅調な推移を辿っています。米国の属国(同盟国)であるわが日本も何とかその恩恵に預かろうとしていますが、財務省が壁となって、事はそう簡単にはいかないというのが現実となっています。


 これではいけないとネットで活躍する心ある世直し論客たちが消費税増税を阻止しようと声高らかに訴えていますが、従順な大多数の国民各位は穏健な保守的基盤を守ろうとするだけでフランス大衆のような過激な行動に出ることもなく、茹でガエル状態。令和時代に平成とは異なった施策が打ち出されることを願うことが株式相場にとっては起死回生の展開につながるのではと期待しながらも現実にはそうならない力関係が気になる今日この頃なのです。


 5月20日に発表が予定されている1−3月期のGDP統計は悪いだろうと言うのは元財務省役人の高橋洋一氏。それで消費税増税は回避されるとの見方が高橋氏は示しているが、1100兆円もの政府の借金問題が国民の借金にすり替えられ、PB(プライマリーバランス)の均衡を保つというスタンスが貫かれようとしているおり、まだ予断は許さない。

 MMT(現代貨幣理論)が財政緊縮へのアンチテーゼとして話題を呼んでいる中で、消費税増税の問題がどうなっていくのかは有権者でもある投資家各位にとって見過ごせない関心事である。8%の消費税を10%にするのは大したことがない程度だと言われるのかも知れないが、GDPの6割を占めるとされる消費が落ち込むことは容易に想像できる。
 ボーダーラインであえぐ国民が命を絶つことになる消費税増税を回避して、令和時代に新たな国家構造を創っていくことこそが安倍首相に課された使命と感じるがどうだろう。

 最小の消費税が設けられて10年目の1999年にこの億の近道は創刊されたが3%から5%、更には8%と引き上げられる中で一考にデフレが終息しないし、この間にリーマンショックが起きるは東日本大震災、その他多くの震災が発生するなど明らかに緊縮財政が足かせとなって経済の停滞を招いてきたのは明らか。ここは思い切って1947年に制定された財政法の呪縛を破って積極財政に転じてほしいと願う国民の声は通じるのか。


 スタートして13日目の令和時代の株式相場の先行きはこれまで市場から離れてしまった投資家が戻ってくるのかによる。それには刺激的な政策が打ち出されることが契機になるものと考えられる。引き続き令和相場を冷静に見守ることにしたい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




ミステリアスな株式相場の話



27d771e32fd2439e9273bc168fdeb72f_s.jpg



 宇宙最大の神秘、ブラックホールが話題になっている。映像でその存在が見えるようになったからだ。ブラックホールの存在は宇宙を語る際に必ず出てくる話だが、余りに途方もない話なので、結論はその向こうには何があるのか?といったことで永遠の謎で片付けられてしまうが、かつてに比べればかなり身近な存在になったと言える。


 一方、株式相場にも宇宙の神秘と同様にミステリアスな世界が存在する。
 この話をすると私に対し様々な反論が寄せられるのかも知れませんが、まさにミステリーと言って良さそうないくつかの現象を披露しておきたい。


1.日経平均は狂った指標

 平均と言うと何やら昔、小学校で習った算数程度の知識で十分に理解できるそれこそ単純に(A+B+C+D)/4と言うような式で計算できるものなのだが、225の銘柄で構成されている日経平均という指数は今さら言うまでもないが、日本を代表する民間最大の経済新聞社である日本経済新聞社が独自の基準で選んだ225の銘柄で構成される日本を代表する株式相場の指数であると言うのは誰もが知っている常識。
 ただ、この指数が225銘柄の株価を単純に合計して225で割ったものではないことについては十分に理解されないまま、日常茶飯事で使われている。

 その算出方法は225銘柄ごとに50円額面相当に換算したみなし値(皆死ねという不吉な言葉になってしまうが、これは今回は無視しておこう)が計算され、その単純合計を基に時々行われる銘柄入れ替えという作業のたびに変更される除数と呼ばれる値で割って算出される。これ以上を本欄で解説しても致し方ないので、その詳細は俺株などの分かりやすく解説されているサイトをご覧ください。

 ここからが本題だが、こんな算出方法で計算される日経平均は先物取引を行う方にとっては関心の高い指数だと言えるが、一般国民にとっては「あっそう。それがどうしたの?」と言われそうなぐらい普段の生活とは関係のない経済指数なのだ。
 実に奇妙なのは指数の変動がみなし値の大きな銘柄の株価変動に影響を受けやすい点だ。
 225銘柄の中で最大のみなし値はファーストリテイリング(9983)の64350円。この後にソフトバンクグループ(9984・株価の3倍)、ファナック(6954)、東京エレクトロン(8035)、KDDI(9433・株価の6倍)、京セラ(6971・株価の2倍)、ダイキン(6367)、テルモ(4543・株価の4倍)と続く。
 225銘柄のみなし値ランキングの終わりの方には、みなし値がわずか38円の双日(2768)やユニチカ(3103)、スカパーJSAT(9412)、日立造船(7004)、東京電力(9501)などの100円以下のみなし値銘柄が存在していて、一応形式的に日経平均に採用されている。
 一応と言うのは、これらのみなし値の低い銘柄の株価が上がろうと下がろうとほとんど影響しないからだ。極端なことを言えば、今こうしたみなし値の低い銘柄が倒産したとしても日経平均にさほど大きな変化は与えないということになる。市場では日経平均への寄与度の大きなみなし値の上位銘柄を話題にしても下位の銘柄が話題になることはほとんどないと言って良い。

 それにしても柳井氏率いるファーストリテイリングと孫氏率いるソフトバンクグループが日経平均の15%を構成しているという点はまさにミステリーと言うしかない。
 逆に言うとこの2社に良きにつけ悪しきにつけ何かあれば大変な混乱を来すことになる。しかもこれらの銘柄の浮動株は自社株買いや日銀によるETF購入などもあって極端に少なくなっている。投機筋にとってはこれらの上位銘柄を基に投機的な売買がしやすいということで、株式市場全体の波乱にもつながる要素を含んでいる。

 冒頭に掲げた狂った指標と言うべき日経平均はメディアが伝える株式指標の中核であり、昨年末に見られたような投機的な変動を伴いやすいと言える。
 先般、このみなし値最大のファーストリテイリングが上場来高値を更新し2番目のソフトバンクGも戻り高値を更新したという話があった。その結果として日経平均が2万2000円台に乗せ上昇傾向を鮮明にしてきたとされる。

 ソフトバンクGの株価は予想EPSに対して、PERが6倍台と割安感はあるので理屈はつくがカリスマ経営者である孫社長流の目利きを背景にした投資銀行的な存在なので実際の評価は投資対象次第で変化してくる。

 一方で柳井氏率いるファーストリテイリングの今期予想PERは、40倍近い水準となっている。これらの後に続くファナックや東京エレクトロンも世界的なロボットや半導体製造装置メーカーとして収益力を高めているが株価はこうした状況を背景に形成されているものだと割り切るべきだ。

 こうした225採用銘柄のみなし値上位銘柄の株価上昇の反面で多くの銘柄は相変わらず放置され続けている。つまり日経平均の動きが日本株の実体を表しているという錯覚は捨て去る必要があるだろう。



2.赤字銘柄にマネーが吸い取られる

 夢を追い続けるのが株式市場とは言ってもこのところの創薬ベンチャーの株価上昇はかなり過熱気味だと言える。創薬ベンチャー以外の赤字企業には厳しい評価をするくせに、創薬ベンチャーには触手が動く。ついこの間まで見向きもされなかった開発先行型の創薬ベンチャーがIRの仕方だけで派手に動いている。
 また、IPOしたばかりの事業規模が小さな銘柄も夢が先行して株価が人気化する事例が多い。IPOしたばかりの銘柄は需給が良く短期的な売買で成果が上げやすいのがその背景にある。

 これとは裏腹に高収益企業なのに頭をかしげるぐらい評価の低い企業も多い。

 昨日説明会のあった企業(敢えて名前は伏せておく。但し筆者の有料メルマガでは明らかにする予定)は今期も3割程度の増益で経常利益100億円を見込むが、PERは5倍にしか過ぎない。配当利回りだって3%はある。
 でも評価されない。
 株式市場は2極化が顕著で赤字でも人気がある一方で、大幅増益でも不人気だという構図が市場の潮流となっている。これもとても不思議な現象と言える。



3.保有現預金よりも時価総額が小さな企業が存在する

 企業評価は過去から現在に至る企業業績と未来の成長性予測が根幹をなすが、財務内容を吟味していると時々、キャッシュリッチな銘柄と出会うことがある。

 しかも時価総額がその保有する現預金よりも小さいという銘柄が結構多いように思われる。つまりこれは企業及び企業経営者の無能さへの低評価だとも言える。
 こうした銘柄を保有する大人しい投資家は早く何とかしろと言わないとならないのだが、今年も株主総会は何も起こらないで済んでしまうだろう。

 リスクを取らずにいればリターンもない代わりにリスクも小さいと考える投資家が多いのだろう。株価が低迷していても文句が出ない大人しい投資家が日本には多いのかも知れない。でもモノ言う株主は水面下で動いているとも言えます。

 縁あって経営をされているオーナー以外のプロ経営者の皆さんはバランスシートの中のキャッシュをどう使っていくのか、これからの課題だと言えます。

 日本企業にある豊富な眠れるキャッシュをいかに活用していくかで日本経済全体も活性化されてくる。ミステリアスな時価総額が物語る日本企業の実体を知ると投資家は多少でも企業に対して発言する勇気を持てるだろう。



 まだまだ謎の多い日本の株式市場。
 筆者は謎解きをしながらこれからも日本の株式市場をクールな目で見ていくことにします。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




リスク高い赤字企業への投資



 黒字企業、立派な企業、納得のいく企業への投資が当たり前とは言いながらそれでは黒字だからと言ってどこまで投資家の期待に応えてくれるのかは分からない。
 成長指向の黒字会社に交じって赤字で継続疑義がついている企業も市場には数多く存在している。その中には調べれば大化けの可能性を秘めている企業もある。売り込まれた赤字企業の株に特化した運用だって存在意義はどこかにあるという考え方も成り立つ。

 投資家の投資スタンスも千差万別。
 安定した配当を株主に行う企業もあれば無配のままほったらかしの企業も存在する。同じ赤字企業でも原因を理解すれば投資家は納得する。

 創薬ベンチャー企業が赤字なのは研究開発にお金がかかるから。赤字幅は勝手に大きくなり、更なる資金調達に追われる創薬ベンチャーの姿は日常茶飯事。当り前の世界だというのは投資家にとっては周知の事実。似たような事例は研究開発型の企業や先行投資型の企業にも見出せるが、創薬ベンチャーは新たなスポンサーがついたりするので良いとしてもそれ以外は資金が枯渇すると倒産の憂き目に遭うからキャッシュをため込んでいないと不安だというのは当然の話だろう。


 何も敢えて赤字の企業に投資などしなくても良いだろうにと言われる一方で一定の株価水準に落ち込んでしまった赤字企業に前途の明るさや希望の光が見えているのであれば投資しない手はない。諦めの境地で売りを出す投資家の受け皿となった長期スタンスのファンドもあって良いだろう。

 赤字企業専門ファンドが選びそうな目先つぶれそうにない創薬ベンチャー以外でコード番号の若い順に無作為に17の銘柄だけを列挙してみた。

 一部の銘柄を除いて大半が赤字続きの銘柄で、いつつぶれてもおかしくないような継続疑義のあるリスキーな投資対象とも言えるが、事業展開としては場合によっては大化けの要素も含んでいる。その中からはできるだけキャッシュリッチな銘柄を選んでいくか適度なリスク分散、ポートフォリオ構築が求められているように思われる。


1.第一屋製パン(2215)時価1026円
  前12期の営業赤字に続き今期も赤字が残る。豊田通商傘下で再建中

2.ソフトフロントHD(2321)時価109円
  前期末債務超過解消、その発表後に商いを伴い高値141円をつけたが、その後は反落の動き。

3.ビットワングループ(2338)時価368円
  仮想通貨事業が頓挫し再建中。

4.KG情報(2408)時価427円
  前期赤字転落、今期1Qも赤字継続だが、通期は黒字の計画。

5.フュートレック(2468)時価539円
  音声認識技術、顔認証技術

6.フルッタフルッタ(2586)時価380円
  アサイージュース主体 今期で4期連続赤字

7.ボーソー(2608)時価1285円
  時価総額19億円 コメ油トップ企業 今期で2期連続赤字

8.ベクター(2656)時価394円
  ソフトバンクが筆頭株主 19日決算発表、オンラインゲーム事業譲渡

9.ピクセルカンパニーズ(2743)時価265円
  カジノ向けゲームマシン開発、太陽光発電支援

10.三光マーケティングフーズ(2762)時価392円
   居酒屋チェーン 2期連続の営業赤字

11.新都HD(2776)時価123円
   カジュアル衣料卸売り 長期連続赤字

12.ユーグレナ(2931)時価718円
   今期で2期連続大幅営業赤字 バイオ燃料実証プラントへの投資拡大

13.マーチャントバンカーズ(3121)時価338円
   前期赤字、今期は黒字化見込む、ブロックチェーン関連

14.山王(3441)時価778円
   水素透過膜事業に関心高まる中で今期赤字転落を発表し株価売られる
   メッキ加工会社ではあるが、業績のメッキが剥がれた感あり

15.ロコンド(3558)時価1270円
   12日に本決算発表、前期は8億円余りの経常赤字、今期はトントン見込む

16.田谷(4679)時価625円
   直営美容室全国チェーン 長期経常赤字続く

17.アクセル(6830)時価518円
   描画表示、音源用LSIのファブレスメーカー 65億円の現預金保有
   今期先行的なR&D投資とパチンコ業界の停滞で大幅経常赤字に転落


(筆者はこのほか上記も含めて約70社程度の赤字企業の中から3年程度の期間で高い成果につながりそうな5つの銘柄を選出しております。それを本日の有料メルマガで報告することにしておりますので購読のほど宜しくお願いします。)
 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




株高の条件



 海外投資家の売りを背景に日本株はやや頭重い展開が見られます。

 昨年12月25日のブラッククリスマス(筆者は敢えてこう呼ぶ)がボトムでその後は海外株の上昇に先導された形で上昇傾向が続いていますが、じり高歩調ではありますが、頭重い展開がであることは明らかです。

 実際に2018年度末の日経平均が3年ぶりに前年度末の水準を下回ったことでもこうした潮流は理解されます。


 かつて筆者はロンドンの投資家顧問会社にトレーニーとして配属され、年金運用の現場を見て参りましたが、国際分散投資の視点で日本株はバブル崩壊後においても重要な位置にあったと記憶しています。運用対象の大半は日本を代表する国際的な企業でしたが、これは流動性の裏付けがあってのものでした。

 と同時に日本企業の潜在的な成長力、技術力、優れた製品開発力などを評価してのものだったと理解しています。

 海外投資家の国際分散投資ニーズがなくなる訳ではないでしょうが、日本の名目GDPが1%以下に留まる状態では投資対象国としての魅力に欠けるということが問題と言えます。


 つまり筆者が仮に海外投資家の立場だったら、こんな低成長の国に投資を積極的にする必要はないと考えるでしょう。

 日本は世界でも奇異な存在で、欧米先進国と比べても名目経済成長の低調ぶりが際立っています。それはPB(プライマリーバランス)重視の視点で積極財政を打ち出せないためです。しかも2014年の消費税増税が経済成長に大きな妨げとなったことがここに来ても足かせとなっているとの経済専門家からの指摘となっています。

 国の借金1000兆円以上という言い方で不安感を煽るような政策当局の意見、プロパガンダは多くの既存メディア(新聞や地上波テレビなど)によっていつの間にか国民の頭に刷り込まれてしまった感があります。

 そんな途方もない借金を抱えた少子高齢化で先行きが不安な日本に海外投資家がリスクテイクなどしない。このような状況下では株価が頭重い展開となるのは致し方ない・・・。
 とあっさり日本国民は負けを認めるのでしょうか。

 平成から令和に元号が変わろうとしている今、起死回生の施策がきっと打ち出されてこの停滞局面が打破されるに違いない・・。

 筆者の期待は多くの投資家、億の近道の読者の期待でもあります。

 今年の10月から消費税が8%から10%に引き上げられるとの見通しがある中で、委縮している経済に対して力強い発展への道筋がどのように示されようとしているのでしょうか。

 このまま、日本が消えてなくなる訳にはいきません。隣国に馬鹿にされる状況に耐えながらもしっかりと国体を発展保持することがこれからの世代に生活向上のために求められています。

 そのためには各企業の技術力向上、世界をリードする産業、技術の育成、そのための人材育成、国土強靭化への取り組み、地方と東京の格差是正、東京への一極集中から地方創生への一層の取り組み拡大が求められています。

 具体的には緊縮財政を積極財政に転換させ、デフレ経済からの脱却を図ることが喫緊の課題です。

 PB重視を少し政策の中心から遠ざけ、積極財政と公共投資拡大、10月からの消費税増税の見送りなどを通じて名目GDPの思い切った拡大を図る政策に転換すべきではないでしょうか。
 5月からの令和時代到来はそうした新たな時代にふさわしい国民の期待に沿った施策が打ち出される必要があります。


 海外投資家には様々なタイプの投資家が混じっていますが、日本国の方向性が明確に示されれば一気にポートフォリオをポジティブに変更しようとしてくるに違いありません。
 トヨタやソフトバンクGに続く、積極的な技術開発を推進する国際的な企業群を中核にした日本株の世界から更なる有望企業がいくつも登場し海外投資家にも高い評価をされることになれば、また新たな展開が待ち受けているものと期待されます。


 個別企業に目を向けると日本ではなかなか米国のようなユニコーン型の企業が出て参りませんが、水面下では予備軍が存在していると推察されます。

 その片鱗があったメルカリ(4385)やCYBERDYNE(7779)、ユーグレナ(2931)はいつの間にか黄昏状態。赤字が続く企業への評価は創薬ベンチャーにのみ関心が集まる状態です。

 先行人気のAI関連企業やIoT関連、ブロックチェーン関連、自動運転関連などのテーマ株も目先の投資家の短期売買の対象になるだけで世界に誇れる企業の登場にはまだ先の話なのかも知れませんが、時価総額1兆円企業が出なくても1000億円クラスが10社出てくるように力強さがあれば日本の株式市場に対する海外投資家の見方も変わってくるでしょう。


 先日、筆者はある指紋認証技術を持った企業のトップと会食しましたがこの会社は長年の研究開発の成果がもう間もなく世の中に示される時が近づいていると期待を膨らませているという。既に多くの株主にも支えられて、ユニコーン型企業となることを夢見ているとの話をお聞きしました。

 こんな企業がきっと水面下で活躍していると考えれば日本国も満更ではない。
 多くの投資家が集まる株式市場がこうした企業の登場で活性化してくれることを期待したい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




炎のオススメの本



 メルマガ「億の近道」では株や運用に絡んで執筆者各位の知のコンテンツが百花繚乱のごとく日々送られて参りますが、同様に街の書店には様々な分野の書籍や雑誌が所狭しと積まれています。

 さすがにまだ令和本は元号が発表されたばかりで並んでいませんが、追っ付け出てくるでしょう。「令和時代の株式投資」とか「令和時代で買う銘柄はずばり!!これだ」などといったタイトルで本屋に並んでくるのは目に見えています。
 ネガティブなタイトルで危機意識をあおるのが売れる本のポイントかも知れませんが、果たしてどんな令和本が出てきますか・・。


 先週末に訪れたある書店に並んでいた本から私が皆さんにオススメしたいのは、

1)この数字がわかるだけで日本の未来が読める
  KADOKAWA 高橋洋一著 1350円
  https://amzn.to/2G7yM70
 京大の藤井先生や三橋貴明氏、上念司氏とともにアンチ消費税増税派の論客、高橋氏が語る日本の未来



2)暗号通貨の経済学
  講談社 小島寛之著 1500円
  https://amzn.to/2Uo66PY


3)ブロックチェーンという世界革命
  河出書房新社 神里達博著 780円
  https://amzn.to/2Gac9Pd
 忘れ去られた仮想通貨、その根本的な技術がブロックチェーン技術。
 ものすごい変革をもたらす技術を改めて知りながら、株式相場の新たなテーマのヒントを探ってみたい方にはお奨めです。



4)行動できない自分を勝手に変えてしまうスゴイ方法
  きずな出版 石田和靖著 1400円
  https://amzn.to/2UoPYO3
 石田さんには先日サイン入りの本を頂戴しました。この場を借りて御礼申し上げます。
 内向きの日本人の考えが世界においては非常識だと言う石田さんの主張に思わず吸い寄せられてしまいました。



 億の近道の読者の皆さんもぜひご一読賜りましたら幸いです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:ビジネス



JUGEMテーマ:書評



JUGEMテーマ:経済全般




飛び乗り投資と待ち伏せ投資





 ストップ高銘柄につく手法はなかなか骨が折れるが、人気銘柄につくのは手っ取り早いと多くの投資家の関心事となっていることは出来高を見ているとわかりやすい。
 好材料が出るとそれまで全く見向きもされなかったような銘柄に一気に買い物が集まることになる、そしてまた一方ではやれやれと戻り売りスタンスだった投資家から売りが出され、欲の出し過ぎから高値で売れずに残った株はバーゲンセールに売り出されることになる。

 多くの投資家が売りたくてしようがないけど買い物薄で売れずにきた銘柄だとたちまちに売り買いが拮抗してくるから、高値をつけた後には大幅な調整が待っている。


 こうした好材料が出た株に飛び乗る投資よりも1,2か月先を念頭に入れた待ち伏せ投資はじっくりと安い場面を拾いながら待つのでやりやすいという投資家も多いだろう。問題はどこまで待てるのか、本当に1,2か月のタームで人気化する可能性があるのかといった疑問も生じるかも知れません。

 インサイダー取引ではなく明確な取材とイベント開催を重ね合わせた待ち伏せ投資が筆者としては有効だと考えているが、皆さんはどのようにお考えでしょうか。


 今後の決算発表スケジュールは周知されており、まずはチェックしておきたい。
 過去の株価の推移もチェック可能。極めて長期的な下落局面が終焉する可能性を吟味してみることは意義深い。
 業績の進展、赤字企業なら黒字化の目途、四半期業績の推移の確認。通期修正余地の検討などを経て、1、2カ月程度内での株価を刺激しそうな材料を吟味し、一定の財務分析や事業の定量、定性分析を経て投資の判断を行う。

 待ち伏せ投資だから株価が跳ねたタイミングでの投資ではなく、かなり穏健な状態での投資なので何らかの材料のリリースで反転すればリターンも大きくなる。
 バイ&ホールド型の基本的な投資では時間分散が可能。但し、右肩下がりの場合は時間分散で買い続けると評価損が溜まってしまうという欠点もある。

 内容が良いとわかっていても人気化するかどうかは不明で、時には人気化まで忍耐も必要。より効率よく運用するためには相場のシナリオやテーマを先に設定しておいても良いだろう。


 こうした待ち伏せ型投資で重視すべきはファンダメンタルズだけでなく、株価の位置やトレンド。投資ストーリーを考えておくと更に自信も出てくる。
 企業への信頼も必要であり、究極はネガティブな出来事にも耐えられる信念が求められると思われる。


 本日は相川伸夫氏による渾身のクロスフォーレポートだが、彼の情熱的な語り口には企業への信頼も内包されている。
 企業への取材を通じて得られた信頼関係が長期投資に耐えられる信念をもたらしていると言える。


 上場後の業績停滞を根本的な背景に株価の下落トレンドが見られるクロスフォーもまた、待ち伏せ型銘柄であり、300円以下の水準での投資家がどれだけ未来においてリターンをもたらすことになるのか楽しみだ。


ぜひ、じっくり彼の情熱レポートをお読み頂きたい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




急騰後の調整は狙い目か



〜直近人気化した2銘柄の投資タイミング〜


 新元号・令和の発表とともにストップ高を演じた株がある。
 イベント、展示会、テレビCM等の企画・映像制作・編集を行う令ならぬレイ(4317)だ。

 レイは同日の元号発表時に合わせて想定外の業績の上方修正を発表。4月15日に発表予定の前2月期決算を期初経常利益予想6億円から8.82億円に上方修正したのが4月1日の午後。

 EPSを27.2円から42.5円へと上方修正し配当も6円から8円に増配したことで1日の後場から急騰を開始した。売上が減収に下方修正される中でコスト削減に成功し、利益を大幅に上方修正した点で注目されたのか、昨年1月の高値1125円(300円〜400円で推移してきた銘柄が3〜4倍まで投機的に急騰)から12月25日の安値245円まで8割も下落した後なので自然体で買いが入ったのかは定かではないが、急騰開始の初日は375円高値に対して終値は339円で比較的穏健な終わり方だったが、その翌日は419円(時価総額60億円)のストップ高。比例配分狙いも含めて656万株(発行済み株式の46%)の買い物を残して終え、その翌日には498円の高値まで買い進まれた。


 令和(れいわ)の語呂合わせで人気が出たというのは穿った見方かも知れませんが、ストップ高銘柄に乗った投資家が多かったという見方もできる。1年以上も値下がりを続けてきて放置されてきた銘柄の業績上方修正を好感した買い人気というのが本当のところだろう。

 だからと言ってここまでの人気集中は驚きとしか言いようがない。
 問題は15日に発表される今2月期の業績なのだが、前期が良すぎたなら反動減もありうるがこれは何とも言えない。今期はオリンピック開催のタイミング直前。CM制作は繁忙期を迎えるに違いない。その後もまた消費税増税後の消費低迷時期にCM販促は不可欠と投資家の勝手な期待は膨らむ。

 残念ながら短期間に高値をつけた後の株価は調整傾向が見られるが、このパターンは良くあること。

 同社株の安値は昨年12月25日の245円。300円以下で買うチャンスがあったのですから、いくら上方修正されたからと言って、今期がまだ不透明な段階で450円以上も出して買えないという投資家心理が働く。
 安く買った投資家に安く売った投資家、双方ともに思いがあっての売買。
 出来高が4月1日から本日までの6日間で1371万株、浮動株の5倍以上となったことが意味するのは果たして何か?


 短期投資家の多くは出来高が増えた銘柄につこうとして高値での買いを敢行します。こんな手法を重ねながらも成果を高める結果となればとは思いますが、この場合の売買はなかなか難しいものです。

 人気化した短期急騰後の銘柄にいかに取り組むかは多くの投資家の関心事。
 創薬ベンチャーも含めて個別材料銘柄が人気化したあとの調整場面での対応を間違えないことが成果を高める秘訣かも知れません。


 このほか4月1日にストップ高を演じたのがアクセル(6730)だ。
 株価が上場以来、良いとこなしで下落歩調を辿ってきたアクセル株への関心は創薬ベンチャーと似た感覚、つまり研究開発型で業績赤字という点で同類項。

 この株も12月25日に404円まで株価下落。今期業績の赤字拡大が背景にはなっているとしても、良好な資産内容と新製品開発の進展などを鑑みると売られ過ぎという感触が強かった。
 そうした中、今回ようやくNEDOの公募した「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/研究開発項目〔1〕革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」事業に採択されたとの発表が3月29日にあり、その日の終値が552円のストップ高で大量の買いを残して終えたのに続き、4月1日もまた一時ストップ高を演じるなど人気化が見られました。
 残念ながらこれもまた、短期急騰後の高値から調整のパターンを描き、本日は535円まで下落。1日の買い物を残した水準を下回ってきた。


 すべては結果論の世界だが、短期人気化後の展開は多くは一定水準までの下落トレンドを辿るお決まりのパターン。短期の材料に飛びつき、駄目なら飛び下りるというパターンでは成果を上げにくいというのが筆者の率直な意見。

 但し、こうした変動パターンの銘柄を持った投資家はこうした変動パターンの後に企業側から発信されるリリースに関心を持ちながら再度の人気化を待っていると考えられる。流動性(出来高)が高水準で維持されたままなら、再度の人気化のタイミングを待つことにしよう。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガ特別版!
現在闘病中の火曜日執筆者、石川臨太郎氏の有料メルマガです。 現在特別版を1ヶ月分販売中! 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM