億の近道2019/05/15

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/05/15

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:式町みどり)


  ◆コラム「為替市場動向〜メイ・ストーム、そろそろ落ち着く?〜」


===================================


■ お知らせ ■


 ★ 締切間近! ★
 たけぞう氏「中長期投資家に向けた役に立つトレード法 セミナー開催!」
 +YEN蔵氏との座談会


◆見るのは3つの指標だけ!
 25年間株式トレーダーで活躍してきた、たけぞう氏による中長期投資家向
けのトレード法セミナーを開催します。
 株が大好きなたけぞう氏が、中長期志向の投資家に向けて、役に立つトレード
 の方法を伝授します。

◆今後の相場展望も解説!
 今後のリスク(日銀ETF、TOPIX入れ替え、米中問題など)にも触れ
 ていきます。

◆有力銘柄の探し方も伝授!
 例えば、国策銘柄になるだろうと思う企業の探し方も具体的にお話しします。

◆YEN蔵氏との座談会も開催!
 外資系銀行で為替トレーダーだったYEN蔵氏との座談会も同時開催。
 トレーディングの哲学や極意など貴重な話題を聞けるチャンスです。
 Twitter: @YENZOU


◆たけぞう氏より
 【たけぞう】の名前で8年間続けているツイッターのフォロワー数は、現在
54,000人を超えています。Twitter: @noatake1127

 現在の株式市場は機械化が進み、個人投資家にとり大変難しい環境になった
と思います。
 そこで私も様々な考えの基、株での収益をどうしたら安定的に上げられるか
模索しました。

 まずは原点回帰で今から出来る事を解り易く、中でも特に重要な部分を集約
して皆様にお伝えできればと思っています。

 どうぞよろしくお願いします。


【開催概要】

日時:5月25日(土) 13:30〜16:45
場所:東京都渋谷区

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8380


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆コラム「為替市場動向〜メイ・ストーム、そろそろ落ち着く?〜」


 無事に通過か、と思われた日本の10連休。連休明け直前5月5日の驚きの
発信源は、米国トランプ氏のツイートでした。
 既に、ご存じのように、米中貿易交渉において、「中国側が約束を破った」
ことを理由に、中国製品への10%から25%への輸入関税引き上げや対象商
品拡大の方針が打ち出され、中国からも米国からの輸入製品への関税引き上げ
が報復措置として取られ、資本市場は都度、リスク回避となり、5月相場は波
乱でのスタート。特に異例の長い連休ボケにかかりつつあった日本への目覚ま
しともなりました。

 相場格言にSell in Mayというのがあります。6月の半期決算を
前にポジションを調整する傾向を示唆したものですが、今回は、まるでMay
 Stormでした。

 5月5日から10日経過して、そろそろ一連の材料も消化されつつあり、ま
た、米中貿易協議の再開もあるようなので、一旦は落ち着きどころ探しでしょ
うか。相場格言に、「売りは早かれ、買いは遅かれ」というのもあります。
 慌てず買い場を探っていくのももありかもしれません。


 5月に入ってからのリスクオフ相場で、米国長期金利のベンチマークである
10年国債は2.4%水準まで低下(4月末時点では2.5%)。このレベル
まで低下してくると、短期金利3カ月物金利2.5%と逆転。今後の利下げも
織り込む利回り曲線は、短期から長期にかけて、ゆるい右下がり曲線になって
います。市場の利下げ確率予想は、9月、10月あたりから50%を超えてい
ます。
 利下げ予想もある背景には、来年の米大統領選挙を意識して、やたらと利下
げ圧力をFRBに向けるトランプ大統領の存在があるでしょう。

 5月のFOMC(米国の金融政策を決定する連邦公開市場委員会)は4月3
0日〜5月1日に行われました。決定は、現状維持。利下げ観測をけん制する
ためか、現在の金融政策スタンスが適切、中立であり、バイヤスは利上げも利
下げにもなく「データー次第」「様子見」を今回は表明しました。
 なにしろ、今回のFOMC直前の米株式市場は高値を更新する堅調ぶりでし
たから、株価へ配慮する必要はなく、中立スタンスを強調したのは不思議では
ありませんでした。


 この5月のFOMCの声明文で注目するのは、インフレについての記述です。
 声明文の中にも、インフレ率が2%を下回っていることを明記。ただ、パウ
エル議長は終了後の記者会見でインフレ率が一過性な要因で抑制されていると
して、インフレ率は低下していないともしました。一過性の要因が今後一巡し
ていく可能性も視野に、様子見ということでしょうか。

 今後、中国からの一般消費者向けの消費財への25%の関税が物価上昇に影
響する可能性、また、消費行動にも影響し景気への悪影響がでる可能性も懸念
されます。大統領選という要因もありますので、金利を上げるのは難しいと思
いますが、一方で下げるにも株価の大きな下落など条件が整うことが必要です。

 そんな中で、9月から再開されるFRBバランスシート上の国債の再投資で
期間を短期にして短期金利の低下に寄与していくようにしていく可能性もある
かもしれません。


 為替市場は、株式市場ほどの大きな変化にはなりませんでしたが、リスクオ
フの時に起こりやすいケースである、円とスイスフランが買われ、ユーロはほ
ぼ横ばい、他の主要通貨はほぼドル高通貨安に動きました。ユーロの動きが限
定的だったことから、ドルの相対的強弱の指数であるドル・インデックスは、
弱含みではありましたが、ほぼ横這いの推移。


 一方で、このところの動きで目立つのは、人民元の下落です。
 4月末での対米ドル6・73台から、直近は6.8750近辺という人民元
安。通貨安容認を、米国の増関税に対抗する手段としていると見られます。


 ドル円相場の方は、連休前の4月末、111円40銭水準でしたが、5月1
3日に109円割れ寸前までのドル安円高水準に下落。今年の3月以来の10
9円台で急落ではありましたが、株の下落幅にしては、ドル円相場は意外と下
値はしっかりしているという印象です。

 米中貿易摩擦の後は、日本にも米側から圧力がかかるのでは?
 為替相場では円高になるのでは?
との懸念も聞かれますが、昨年来続いている為替変動率の低下、日本の超低金
利政策の出口がまだまだ遠いこと、一方で米景気に決定的な悪化の気配は見ら
れないことから日米金利金利差の大きな縮小もなさそうです。
 年初来のドル円相場は、瞬間についた104円台を除くと、107〜112
円レンジでした。当面は、著しい円高への動きも予想しがたく、引き続き、ボ
ックス相場で推移する可能性が高いのではないかと思います。


 最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※5月15日東京時間午後2時執筆
 本号の情報は5月14日ニューヨーク市場終値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


■第8号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第8号レポート配信中!】

 今週掲載の銘柄は、既存資産の再生と活用を行い、インバウンド需要を成長
 ドライバとする企業をピックアップ!
 理論株価算出も、2つのシナリオで行っています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第8号レポートをお読みいただけ
 ます。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第240号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第240号
が好評配信中です。


【決算発表を踏まえた注目銘柄情報満載!!】


【5/13 第240号では】

■内需銘柄として注目のテノックスが好決算発表
■LibWork(1431・Q)が上方修正発表
■アドソル日進(3837・T1)も1期前倒しで売上達成
■サイネックス(2376・T1)は穏健な業績結果にとどまる
■信和(3447)は期待外れ
■今週の決算説明会出席予定


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:外国為替



JUGEMテーマ:FX




億の近道2019/05/14


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/05/14

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(289)」:石川臨太
   ◆コラム「書評:銃・病原菌・鉄(下)」:大原浩


===================================


■ お知らせ ■


■本日第8号配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【本日第8号レポート配信!!】

 今週掲載の銘柄は、既存資産の再生と活用を行い、インバウンド需要を成長
 ドライバとする企業をピックアップ!
 理論株価算出も、2つのシナリオで行っています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第8号レポートをお読みいただけ
 ます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(289)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「前期比増益発表した企業の株は率直に株価が上昇を始めている」=
 (有料メルマガ第379回・2017/5/9配信号)

※2017年5月現在の内容です。留意してお読み下さい。


(前略)

 私は自己評価をすると、かなり欲張りなタイプなので、昔は買ったすべての
株で利益を上げたい。ポートフォリオに組み入れた株は、買値よりプラスにな
らないと絶対に売りたくない、売らないという思いが強かったのです。

 しかしそんな考えを追い求めすぎると、リスクを分散するという当初の目的
が崩れてしまうこともあります。長いあいだ株式投資を経験してきたので、ポ
ートフォリオの一部の銘柄が含み損となっても一向に問題ないと考えられるよ
うにもなってきたし、損切りして売ることもできるようになりました。

 投資で長期間利益を上げ続けていく力を身につけるためには、その株に「何
で投資したか」ポートフォリオを組む目的は「何か」をいう理由をしっかりと
把握して、常に意識していくことが大切だといまでは考えています。



 優れた投資家さんに学んで自分の投資手法を改善することも行ってきました。
これは『ベンチマーキングに学ぶ』ということだと思います。

 ベンチマーキングとは、ひとことで言えば「ベストに学ぶ」ということです。
もともとは経営について使われている言葉です。しかし投資にも活用できます。
ベスト・プラクティス(投資において、もっとも優れた実践方法)を探し出し
て、自分の投資のやり方とのギャップを分析してそのギャップを埋めていくた
めにプロセス変革を進める、という管理手法です。

 一気に最高峰の投資家を目標に定めて、そのベストのやり方と自分のやり方
を比較して、その差を埋めていくことです。現行の投資手法を測定し、それを
ベストの投資家の投資と比較することで、自分に具体的な目標を与えることが
できます。大きな相手を目標にして、追いつき追い越そうと努力することで自
分の力がドンドン伸びていくこともあります。

 しかし自分の性格に合わない投資法を学んで自分の手法にしようとしても、
無理なこともずいぶん経験してきました。


 稼ぐための投資手法はいくらでもあります。自分の性格に合った手法を見つ
けて取り入れることのほうが大事だと思えるようになりました。

 そのような自分の性格に適した投資手法を見つけたならば、じっくりとその
手法を身につけるための努力を重ねていくことが大事です。私の経験からいう
と運用成績が一気によくならなくても良いと考えています。

 ただ、歩みは一歩ずつスローに着実でかまいませんが、目標は常に高く置く
必要があります。「とてもできない」と最初から可能性を閉ざしては出来るも
のもできなくなります。目線を高くもつと、初めて見えてくることも多いです。

 自分の性格にあった投資手法なら、いずれは大きく運用成績を伸ばせる時が
来ると考えています。私もそうでしたが、私がブログ巡りをしている個人投資
家さんにも急に運用成績を高めている方がたくさんいます。


 私は徐々に株式投資の運用益が増えてきたときに、株式投資での損に対処す
る考え方が変化していることに気がつきました。

 損をして持ち株を手放す話をしたので運用成績がだんだん良くなってきた時、
私の損に対する考えかたがどう変わったか、そしてその結果で更に運用成績が
良くなっていったのかも少し紹介しようと思います。



 株式投資を始めたばかりの頃は、買った株全部で儲けようと思っていました。
実際ビギナーズラックで1300万円まで儲けた時は、儲かるまで絶対売らず
に投資したすべての株で利益を上げることが出来ました。

 下がったら絶対売らないと決めていました。だから損したことはなくて全部
の株で利益を上げられました。

 しかし自分の買い値を割り込んで下がっていく株をナンピン買い下がりで持
ち株を増やしていくので、座敷牢(←含み損状態)に押し込められて出るに出
れない状態が長く続くことが多くありました。

 株の儲けは我慢料だと考えていました。その我慢は座敷ロウの中にいる時ば
かりではなく、自分の買い値を株価が上回り、売れば利益になる含み益の状態
の時我慢することだと考えていました。

 しかし含み損の状態が長く、投資効率を考えるとあまり効率的ではないこと
に気がつきました。

 その当時は割安株投資ではなく、上がりそうな株探しの投資をしていました。
しかし全部の株で儲けようとすると、どうしても含み損状態で我慢することが
多くなってしまいます。投資資金もそれほど多くないため、現在投資中の株よ
り割安の株が見つかっても、いま持っている株を売らないと買えない。そんな
ジレンマで悶々としてストレスを貯めることが多かったと記憶しています。


 そのうちA株で損しても他の株で儲けてとり返せばOKだと考えるようにな
りました。こう考えてはじめて損切りがスムーズにできるようになりました。

 株式投資の能力が一歩前進したわけです。

 資産を増やすためには、アセット・アロケーションで株に配分すると決めた
資金の50%以上は株に投資したままにしたい。しかし相場が下がるときには
どんなに自分が割安で価値があると思っていても、需給という光があたらなく
なるので株価は下がってしまいます。

 アベノミクスが始まってから去年までの5年間は前年より投資資金が減った
ことは無かったのですが、毎年のように何度か前年末より運用資産額がマイナ
スになる状態に陥りました。今年も4月には一気に含み益が減少して3月まで
の含み益が一気に消えるようなことが起きました。

 株価が下がると思っているのに買うのは辛い。下がってから買えばもっと儲
かると思えてなかなか手が出ない。そんな状態がいまでもよくあります。そし
てそれは当然の心理状態だと考えられるようになりました。

 今年の4月もそうでしたが、この企業の株がこんなに下げるのは行きすぎだ
と思っても、買い増せない。そして我慢しているうちに株価が反転して上がっ
てしまう。そうするともう買えなくなってしまいチャンスを逃すことがいまで
も多いです。


 そのうちに自分の持ち株の中で配当がよく株主優待が大きくて割安なのに、
ちっとも上がらない株があることに気がつきました。そのかわりこのような株
は他の株が下がるときもあまり下がりません。この株をB株とします。

 そこでどうしても怖いときは、例えばA株を売って、投資環境によってよっ
てあまり下がらないB株に資金を移しておいて、売ったA株がB株の値下がり
率より大きく下がり、もう一度買い戻してもいいかな〜と思えるようになった
ときにB株を売ってA株の買い戻しをする。

 そのときB株を売却するのですが、B株も買い値より少し下がっていること
が多いですが、B株で損を出しても、さらに下がっているA株を買い戻すよう
な行動が取れるようになりました。

 思惑に反してA株が下がらなくてもB株は配当や優待がいいので我慢できま
す。いまではそれほど失敗することなく案外上手くいくようになりました。

 B株というのはそんな意味で私には大事なお財布代わりの株です。
 いま私のお財布代わりになっている企業は銀行株で3月に優待のあるみちの
く銀行のような株です。私はいくつかお財布代わりの優待株を持っています。


 ある株の損を他の株の利益で取り戻してもいいと考えるようになっていたと
きより、更に成績が良くなったのは、株での損は別に株で取り返さなくてもい
いと考えられるようになったときからです。

 株での損でも資産運用全体で取り返せばいい。お給料で取り返してもいい。
そう思えるようになったのです。


 2003年の4月に日経225が8000円を割り込んだときに、とても怖
いと思いながらキャッシュ・ポジションをほぼゼロ(←株に投資すると決めて
いた資金のキャッシュ・ポジションをゼロにしてフルインベストに持っていけ
たということで、最初から現・預金に配分している分はちゃんとキャッシュの
ままですから、誤解しないでください。けっこう現・預金に配分している資金
も有ります)にすることができたのは、サラリーマンとして生活費に使える資
金は毎月安定的に確保できていたからでした。

 2002年以前は株で年間300万円から600万円くらいしか儲けること
が出来なかったのに、2003年に一気に1800万円も儲けられたのは、一
時的に含み損状態になっても、その損は不動産収入やサラリー収入でカバーす
ればいいと腹をくくって大底近辺で株を買えたからだと分析しています。それ
が成果に結びつきました。

 サラリーマンをやめて、安定収入が無くなってからは、このような決断を行
うことができなくなりました。そのような意味では専業投資家よりサラリーマ
ンのほうが圧倒的に優位にあると、いまでも考えています。


 自分の資産運用全体で利益を安定的に伸ばし資産をトータルで増やすことが
できるなら、あるアセット部分(=例えば株とか金とか外国の投資信託など)
で損をしても気にしない。

 トータルで利益を上げ、資産の蓄積を増やしていければいいと考えられるよ
うになったことで、リスクを従来より果敢にとっていけるようになったという
ことがいえると思います。しかし怖くなったらさっさと逃げ出すのはいうまで
もありません。

 私の場合だけではなく、このように「投資の損は何で取り返しても良い」と
思えるようになれれば、あらゆる投資で従来よりリスクを取れるようになるの
ではないでしょうか。


 株式投資ばかりではなく事業でも、人生でも本当にこのリスクを取らなけれ
ばならないという時は、確実にあると思います。無謀なリスクは取るのはバカ
らしいことです。しかし株式投資でも事業でも人生でも安全なプレイだけして
いたのでは大きな利益は掴むことができないということも忘れてはいけないと
考えています。

(後略)


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)



★病気に負けるな石川臨太郎! 石川臨太郎応援企画 本日第9号配信中♪★


 本日第9号配信! 村田雅志氏による、石川臨太郎研究コンテンツ。

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

この応援企画(「生涯パートナー銘柄の研究」の研究)は、有料形式で3カ月
間(計12回)のメルマガとしてご提供いたします。
 2008年12月より10年間配信されていた有料メルマガ509回分全て
を分析し、研究いたします。それらに掲載された銘柄情報を中心に、傾向分析
や現在の評価などを加味して解説します。

村田氏の思いはこちらをお読み下さい
  ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303

======


●第6号(4/23配信)より

 後ほど、「2)選んだ理由の箇条書き」を整理するとわかることですが、研
究銘柄を選び出す理由の多くは、いくつかの基準に基づいて優良とされるもの
を選び出す方法(いわゆるスクリーニング)です。このため、研究銘柄を選び
出すためのルール(のようなもの)がわかってしまえば、石川さんでなくても
誰もが研究銘柄を選び出すことができますし…
(中略)
 箇条書きは、銘柄にもよりますが、少なくとも3つの理由が示され、多いと
理由が9つくらいまで増えます。ただ、メルマガを確認すると、記載されてい
る理由は、概ね次のように整理することができます。
(後略)


第1号目次
 ■有料メルマガで取り上げられた企業数
 ■メルマガで一番取り上げられた企業は?
 ■3回以上取り上げられた企業をすべて紹介

第2号目次
 ■石川さんは化学好き?〜研究銘柄を業種別にみる
 ■石川さんは意外と大企業嗜好?〜研究銘柄を市場別にみる
 ■石川さんは中型が好き?〜研究銘柄を時価総額別にみる

第3号目次
 ■生涯パートナーの絶対条件!〜研究銘柄を自己資本比率で整理する
 ■赤字企業は嫌い!〜研究銘柄をROEで整理する

第4号目次
 ■低利益率でも大丈夫?〜研究銘柄を営業利益率で整理する
 ■上場廃止銘柄を確認する

第5号目次
 ■まずは確認〜メルマガの構成
 ■研究銘柄の語り方
 ■創業時期などの沿革、事業の紹介
 ■株価や業績の変化

第6号目次
 ■研究銘柄の語り方
 ■「研究銘柄に選んだ理由」の構成
 ■常に現状をチェック〜研究銘柄として選んだ銘柄の最近の動向
 ■株価下落リスクを可能な限り避ける試み〜選んだ理由の箇条書き

第7号目次
 ■研究銘柄を分析する手順
 ■研究銘柄の資産価値の定義
 ■研究銘柄の資産価値と時価総額との比較
 ■研究銘柄の事業価値の計算方法
 ■研究銘柄の事業価値を定性的に考える

第8号目次
 ■コラムの内容を整理
 ■同じタイトルのコラムが続く
 ■石川さんと「メンタル」の関係
 ■石川さんが語る「夢」の効用
 ■儲けられない投資家

第9号目次
 ■石川さんが考えるインカムゲインの「あるべき姿」
 ■石川さんが考える「生涯パートナー銘柄」
 ■石川さんの投資哲学は戦闘?
 ■株式投資における戦略、戦術、戦闘力
 ■インカムゲインを一気に確保する戦闘

=====

●申込要項

 これは3ヶ月限定の企画です。
 いつ購読開始しても、全てのコンテンツをお読みいただけます。

購読料:全12回(3ヶ月) 9,720円(税込)
配信日:毎週火曜日 3月19日〜6月4日の12回

 ご購読開始日以前の既配信分は、入金後にまとめて配信させていただきます。
 例)5月15日ご入金の場合、3月19日〜5月13日の既配信分をお送り致
   します。その後、毎週火曜日に最新号を配信にいたします。


 お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第240号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第240号
が好評配信中です。


【決算発表を踏まえた注目銘柄情報満載!!】


【5/13 第240号では】

■内需銘柄として注目のテノックスが好決算発表
■LibWork(1431・Q)が上方修正発表
■アドソル日進(3837・T1)も1期前倒しで売上達成
■サイネックス(2376・T1)は穏健な業績結果にとどまる
■信和(3447)は期待外れ
■今週の決算説明会出席予定


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「書評:銃・病原菌・鉄(下) 1万3000年にわたる人類史の謎」


 書評:銃・病原菌・鉄(下) 1万3000年にわたる人類史の謎
 ジャレド・ダイアモンド 著 草思社
 https://amzn.to/2VXpnYr


●「愛と思いやりの社会」と「恐怖と暴力で支配される社会」

 本書は<銃・病原菌・鉄>を主題とした文明論であるが、人類の「コミュニ
ケーション」について述べた本とも言える。

 「銃による殺し合い」、「病原菌による感染」、「鉄という「知識」の伝達」
はどれも、人間と人間の間のコミュニケーションによって発生する。

 著者は「我々が未開だと思っているアボリジニなど狩猟採取生活をしている
人々の方が個体としては優秀だ」と述べている。

 筆者も全くその通りだと思う。例えばアボリジニに限らず、ナイジェリアな
どでも「弱い乳幼児」はすぐに死亡する。厳しく言えば自然淘汰だ。日本のよ
うな先進国ではごく当たり前の「保育器」など提供されない。

 また、高齢者も自分で自分の面倒を見ることができなくなれば自然死を迎え
る。日本をはじめとする先進国のような長寿社会とは無縁であるし、バリア・
フリーや寝たきり生活を支える社会的基盤も無い。

 つまり、先進国社会では、自然淘汰では排除されえるはずの「弱い人々」を
高い社会コストをかけて支えているのだ。

 このことは、一見すると無駄なことのように思えるので、共産主義やファシ
ズムなどの国々では「優性主義」に基づいて、「役に立たないように思える弱
者」をターゲットとした虐殺が繰り返されてきた。

 しかし、これは人類がどのように発展してきたのかを理解しない愚かな考え
方である。

 人類が発展できたのは巨大な「社会」=「チーム」を構築する能力がすぐれ
ているからである。

 例えば、初期の狩猟採集社会では、せいぜい数十人くらいまでの部族単位で
行動していたが、より大きく強い部族に吸収される形で、社会(組織)が成長
し、国家と呼ばれるものにまで巨大化した。

 例えば、1億人(匹)とか3億人(匹)という単位の集団は、大型哺乳類で
は到底考えられない大きなものである。

 この巨大集団は二つの要素で統率されている。「暴力と恐怖」と「愛と思い
やり」、つまり鞭と飴である。

 どのような先進的な国でも、凶悪犯罪者は暴力によって死刑に処せられたり、
刑務所に押し込められたりする。そして、その恐怖が犯罪を抑止し、治安を保
つ。

 しかし、それだけでは獣にしか過ぎない。人間だけとは言わないが、少なく
とも近代において人間社会を維持する重要な要素として「愛と思いやり」は欠
かせない。

 例えば、ギリシャ・ローマ時代のガレー船の漕ぎ手や、かつての米国南部の
農園のブラウン人(黒人)奴隷たちを鞭うって無理やり働かせるのは可能であ
っただろう。ただ、労働を強制する奴隷労働は共産主義の計画経済(働く個人
の収入を認めない共産主義は農奴制と全く同じ仕組みで、荘園領主が共産党に
変わっただけである)でその非効率性が明らかになったし、豊臣秀吉の墨俣一
夜城などの土木工事での成功は、やる気の無い人夫たちにいくら労働を強制し
ても無駄で、インセンティブを与えてやる気にさせることが、どれほど効率性
が高いかを如実に示している。

 したがって、自然淘汰で排除されるはずの弱者を救い上げ守る「愛と思いや
りの社会」の方が、「恐怖と暴力で支配される社会」よりも優位に立てるのだ。


●創意・工夫を鞭で支配できない

 人間社会が高度な社会を築くことができるようになった最大の理由は、農耕
によって余剰生産物を生み出すことができるようになった点にある。

 酋長も皆と同じように狩りに出かける部族社会での専門化は、総人数の点と
食料獲得のできない人々を養うことが困難であるという二つの点で実現可能と
は言えない。

 余剰食糧の生産だけでは無く、それを貯蔵する手段の発達によって社会集団
が大きくなり、専門家を多数抱えることができるようになった。

 この専門知識の集積と「交換」によって、驚くほど高度な文明が人類の歴史
と比べれば1瞬ともいうべきここ1万年ほどの間に発展した。特に産業革命以
降の驚異的発展をグラフ化すれば、あっという間に天空まで届きそうな驚異的
スピードである。

 重要なのは、このような知識=創意・工夫は、より多くの「交換」が行われ
ることによって加速するということだ。

 過去の歴史において、人口密度の高さと社会集団の規模が「交換」を促す重
要な要素であった。それは現在でも同じだが、通信技術が発達した現在では
「自由な交換」がより一層重要になってくる。

 例えば、ファシズムや共産主義が支配する社会で、自由な情報の交換は望め
ない。したがって、自由な交換が可能な、資本主義・民主社会が極めて有利な
のである。

 米国が金融やITで派遣を握ることができたのも「交換が自由な社会」であ
るからだ。

 逆に人民を恐怖と暴力で支配する、ファシズムや共産主義の国々では優秀な
研究者や起業家の自由な創意工夫が生まれにくい。いくら鞭で打っても、バイ
オやITなどの先端研究で勝つことはできない(盗むことによって追いつくこ
とはできるかもしれないが・・・・)。

 結局、自然淘汰の結果選ばれた人々が個々人としては優秀であっても、「恐
怖と暴力が優勢である社会」は「愛と思いやりが優勢な社会」に、社会(チー
ム)全体としては勝てないのである。


(大原 浩)


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
(JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。
★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 たけぞう氏「中長期投資家に向けた役に立つトレード法 セミナー開催!」
 +YEN蔵氏との座談会


◆見るのは3つの指標だけ!
 25年間株式トレーダーで活躍してきた、たけぞう氏による中長期投資家向
けのトレード法セミナーを開催します。
 株が大好きなたけぞう氏が、中長期志向の投資家に向けて、役に立つトレード
 の方法を伝授します。

◆今後の相場展望も解説!
 今後のリスク(日銀ETF、TOPIX入れ替え、米中問題など)にも触れ
 ていきます。

◆有力銘柄の探し方も伝授!
 例えば、国策銘柄になるだろうと思う企業の探し方も具体的にお話しします。

◆YEN蔵氏との座談会も開催!
 外資系銀行で為替トレーダーだったYEN蔵氏との座談会も同時開催。
 トレーディングの哲学や極意など貴重な話題を聞けるチャンスです。
 Twitter: @YENZOU


◆たけぞう氏より
 【たけぞう】の名前で8年間続けているツイッターのフォロワー数は、現在
54,000人を超えています。Twitter: @noatake1127

 現在の株式市場は機械化が進み、個人投資家にとり大変難しい環境になった
と思います。
 そこで私も様々な考えの基、株での収益をどうしたら安定的に上げられるか
模索しました。

 まずは原点回帰で今から出来る事を解り易く、中でも特に重要な部分を集約
して皆様にお伝えできればと思っています。

 どうぞよろしくお願いします。


【開催概要】

日時:5月25日(土) 13:30〜16:45
場所:東京都渋谷区

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8380


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:書評



JUGEMテーマ:歴史




億の近道2019/05/13


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/05/13

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
     (本日の担当:炎のファンドマネージャ&相川伸夫)


◆コラム「祝!!令和時代」:炎
◆コラム「相川伸夫の投機と投資の違い、ピックアップ銘柄本決算フォロー」
     :相川伸夫
◆コラム「決算発表ラッシュ」:炎
◆コラム「炎の注目低PER銘柄」:炎


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第240号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第240号
が本日配信です。


【決算発表を踏まえた注目銘柄情報満載!!】


【5/13 第240号では】

■内需銘柄として注目のテノックスが好決算発表
■LibWork(1431・Q)が上方修正発表
■アドソル日進(3837・T1)も1期前倒しで売上達成
■サイネックス(2376・T1)は穏健な業績結果にとどまる
■信和(3447)は期待外れ
■今週の決算説明会出席予定

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「祝!!令和時代」


 炎のファンドマネージャーとしては4月22日以来の久々の執筆です。
 令和時代になって初めてなので取り敢えずはお祝いのメッセージから。


 「令和時代への御代変わりを心よりお祝い申し上げます。」


 令和時代になって少しは世の中良くなるのかと思っておられる皆さんも多い
のかも知れませんが、10連休明けの株式相場に至っては残念ながらお祝いの
言葉が空しくなるほど一向に良くなる気配がありません。

 株式相場は令和時代突入とともに大きく調整。日経平均は再び21000円
接近場面を迎えています。昨年12月24日のボトム形成時と比べると、まだ
10%上の水準ながらファーストリテイリングやソフトバンクGの株価が高値
に位置していますのでこれらを除くと実質的には2万円割れの2番底形成の過
程にあると考えて良いでしょう。


 こうした調整場面こそ個人的にはここはチャンスではないかと思ったりもし
ますが完全にボトムを捉えることは難しいので慎重にならざるを得ないかと思
います。

 このように全体相場は景気の先行きが国内外の経済環境を踏まえて不透明な
中で予断を許さない展開が続いていますが、調整相場は既に2018年1月を
ピークに昨年12月まで1年近く続き、その後は4か月ほどの戻り相場を展開。
ジリ高歩調の中での短期調整場面が見られます。再びの調整場面がなおも続く
のか読めない中で投資家の不満がたまったままの状況が感じられます。

 この間、米国第一主義を掲げるトランプ大統領率いる米国の景気は底堅く、
米国株は極めて堅調な推移を辿っています。米国の属国(同盟国)であるわが
日本も何とかその恩恵に預かろうとしていますが、財務省が壁となって、事は
そう簡単にはいかないというのが現実となっています。


 これではいけないとネットで活躍する心ある世直し論客たちが消費税増税を
阻止しようと声高らかに訴えていますが、従順な大多数の国民各位は穏健な保
守的基盤を守ろうとするだけでフランス大衆のような過激な行動に出ることも
なく、茹でガエル状態。令和時代に平成とは異なった施策が打ち出されること
を願うことが株式相場にとっては起死回生の展開につながるのではと期待しな
がらも現実にはそうならない力関係が気になる今日この頃なのです。


 5月20日に発表が予定されている1−3月期のGDP統計は悪いだろうと
言うのは元財務省役人の高橋洋一氏。それで消費税増税は回避されるとの見方
が高橋氏は示しているが、1100兆円もの政府の借金問題が国民の借金にす
り替えられ、PB(プライマリーバランス)の均衡を保つというスタンスが貫
かれようとしているおり、まだ予断は許さない。

 MMT(現代貨幣理論)が財政緊縮へのアンチテーゼとして話題を呼んでい
る中で、消費税増税の問題がどうなっていくのかは有権者でもある投資家各位
にとって見過ごせない関心事である。8%の消費税を10%にするのは大した
ことがない程度だと言われるのかも知れないが、GDPの6割を占めるとされ
る消費が落ち込むことは容易に想像できる。
 ボーダーラインであえぐ国民が命を絶つことになる消費税増税を回避して、
令和時代に新たな国家構造を創っていくことこそが安倍首相に課された使命と
感じるがどうだろう。

 最小の消費税が設けられて10年目の1999年にこの億の近道は創刊され
たが3%から5%、更には8%と引き上げられる中で一考にデフレが終息しな
いし、この間にリーマンショックが起きるは東日本大震災、その他多くの震災
が発生するなど明らかに緊縮財政が足かせとなって経済の停滞を招いてきたの
は明らか。ここは思い切って1947年に制定された財政法の呪縛を破って積
極財政に転じてほしいと願う国民の声は通じるのか。


 スタートして13日目の令和時代の株式相場の先行きはこれまで市場から離
れてしまった投資家が戻ってくるのかによる。それには刺激的な政策が打ち出
されることが契機になるものと考えられる。引き続き令和相場を冷静に見守る
ことにしたい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第58回「決算発表ラッシュ直前」がアップされました。


 第58回「決算発表ラッシュ直前」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so35100451
 【YouTube】https://youtu.be/E9C5XO7HqoA

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「相川伸夫の投機と投資の違い、ピックアップ銘柄本決算フォロー」


■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー
 ※5月10日(金)執筆時点

・山王(3441)2016年12月19日配信
 株価560円⇒731円(+31%)
・テノックス(1905)17年2月20日配信
 株価815円⇒811円(+0%)
・LCホールディングス(8938)17年4月3日配信
 株価894円⇒944円(+6%)
・特殊電極(3437)17年6月12日配信
 株価2922円⇒5030円(+72%)
・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信
 株価1831円⇒1399円(−24%)
・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信
 株価1577円⇒1172円(−26%)
・パウダーテック(5695)18年2月19日配信
 株価4845円⇒2800円(−42%)
・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信
 株価1970円⇒1843円(−6%)
・アバント(3836)18年6月25日配信
 株価945円⇒1648円(+74%)
・神戸天然物化学(6568)18年8月13日配信
 株価2718円⇒1396円(−49%)
・丸順(3422)18年9月18日配信
 株価826円⇒572円(−31%)
・クロスフォー(7810)18年10月9日配信
 株価421円⇒295円(−30%)

※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。
 私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の経
 過観察です。
 執筆から3年程度は今後も継続ウォッチしていきたいと考えていますので、
 銘柄は今後さらに増える見込みです。



■投機と投資の違い


 株式投資をするには口座だけあれば免許も資格もいらないし、教習も授業も
ありません。
 いわゆる『無法地帯』に素人も玄人も存在しています。

 7月6日から私も『株の学校(長期投資の極意とアナリストとしての力を身
に付けるゼミ)』で講師として活動するにあたり、20名程度のセミナーを毎
月開催しています。


◎株の学校の募集リンク
 https://double-growth.com/stockschool_ngy_entry/
 ※定員まであと3名


 私はセミナー冒頭でいつも【投機と投資の違い】から説明するのですが、そ
の入り口でおよそ半数近い人が大きな思い違いをしたまま株式の世界に入って
いる事が明らかになります。

 『株式投資』という言葉はとても広く、デイトレーダーでも優待投資家でも
材料狙いや仕手株、長期投資家も全て株式投資に含まれています。
 例えば『損切り』が必要かどうかもその人がどういうスタンスで株をしてい
るかで変わります。


【投資だと思っていても実は投機をしている】

 しかし、そのことに気付いていない…
 これが最も危ういのです!

 投機という言葉が持つ印象から『ギャンブル、博打』を連想してしまうから
自分の売買は投機ではないと考えてしまうのだと思われます。

 博打というのは『運』が勝敗の一番の決め手になるものを指します。
 宝くじや丁半博打などのギャンブルがイメージしやすいですね。


 【投機】というのは『短期でキャピタルゲインを狙う』ことであり、儲かる
かもしれない『機会(チャンス)』に資金を投下する行為です。
 半年以内での売買はおおよそ投機と言えるでしょう。

 投機の主なネタは決算や会社から出る様々なIR(特許や提携、新製品、市
場昇格、優待、分割)やテーマや仕手株などの需給も含め

【株価を当てる事が投機の目的】

になります。


 【投資】というのは『企業成長の実り(株価上昇や配当)を頂く』ことであ
り、『時間』を掛けて資金を投下する行為です。
 企業は一朝一夕で成長するわけでは無いので最低でも1年以上〜生涯という
感覚になるのは必然です。

 投機は狩猟であり、投資は農耕であるともいえます。
 セミナーでもおよそ半数の人が「投資をしているつもりが投機だった!」と
毎回判明します。


 私はなにも投機を否定して投資を推奨しているわけではありません。
 投機も投資も博打も肯定します。

「自分の行動を理解していないことが凄く危険!!」と言いたいのです。

・飲酒運転(薬物)で歩道に突っ込んで死傷者が出るという痛ましい事故
・階段で悪ふざけのつもりで同級生を押したら転落して亡くなる事故
・100万円をFXで1億円にし、10億にし、その後借金が2億になり嘆く人
・あるバイオ株の可能性に信用二階建てして夢破れ、電車に飛び込む人

 ジャンルや程度の違いこそあれ、行動には結果が伴います。
 自分のしている事の行動の結果の予測が出来ていないというのは大変危険な
ことなのです。
 投機と投資の違いを認識出来ていないという事はそれに近しい状況にあると
言えます。


 投資であれば株価が下がったとしたら喜べないといけません!
 何故なら企業の実質価値は変わらずに安く買えるようになったのです。
 いつも500円で買う牛肉が特売で半額になったら普通嬉しいはずです。

 余力が無くて喜べないというのは資金管理の問題になります。
 投資においての損切りの発動条件は株価ではなく企業価値が見込みよりも継
続して悪くなる見通しが立った時になります。


 投機での損切りの発動条件は実に様々です。

 株価や材料、ネタなどなど多岐に渡りますが、事前に『こうなったら切らな
いといけない』と決めておく必要があります。

 今は本決算シーズンなので決算で売ったり買ったりすることも多いですが、
スタンスがブレブレだと何をやっているのか分からなくなってしまいます。

 基本の考えなのですが、考え方の核、芯をしっかり持つことがどんなことで
も大事ですよね(笑)



■ピックアップ銘柄本決算フォロー

・東京エレクトロンデバイス

 好印象の良い数字です!
 19年3月期に対して、前期比11.8%の減収、経常利益は16.7%の
増益で着地し、配当は80円⇒93円で着地。
 20年3月期も3Qまでは半導体市況が悪い前提での予想であり、今期通期
予想で6.4%増収、経常利益は13.7%の増収増益になっています。
 フォローを始めてから株価は横這いですが、当時の配当利回りが3%だった
のに対して現在4.9%まで上がってきておりここから3年での投資妙味は高
いのではないか?と感じています。
 ちなみにPB事業もEC事業に含まれているので、上期は去年よりも悪い予
想数字を描いている印象があり、通期予想は保守的に感じました。


・テノックス

 特筆することはありません。
 2月の開示で前年の杭の施工不具合が完結した現在も時価総額61億円に対
してネットキャッシュが上回っており、配当利回り3.5%と依然バリュー継
続です!


・丸順

 株価こそ決算後に下がってしまいましたが、着地、今期予想共にこれだけ米
中貿易摩擦を始めとした悪材料吹き荒れる中で数字が出せたものだと驚きまし
た!
 16年には4%だった自己資本比率も19年3月期には20%まで回復し、
稼いだキャッシュで着実に借金を返す体質改善が続いています。
 近々再度の企業訪問を予定しています。


・神戸天然物化学

 今期予想の減価償却費増加分は以前からのアナウンス通りながら退職給付引
当金などの一時費用2,4億円の一括計上(来期は大幅に縮小予定)&今後の
成長のために人件費などの固定費も1.6億円増え、今期予想の経常利益は
−43%の大幅減益に沈む。
 利益率が高くなる量産ステージの増加が順調なことと安定配当25円を継続
することは評価できます。
 業績評価できるようになるまでにはまだまだかかるでしょうが、ビジネスモ
デルもオンリーワンであり、企業としての成長意欲も高いので今後もウォッチ
していきたいと思います。



それではまた!


『全力全開全力前進!!!』


(相川伸夫)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■

■第7号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第7号レポート配信中!!】

 今週掲載の銘柄は、高シェアで残存者利益を享受している高利益率企業を
 ピックアップ!
 ストック型ビジネスで付加価値もあり。
 業績予想と理論株価算出方法も解説しています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

【第8号は5月14日配信!】


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「決算発表ラッシュ」


 先週までに多くの企業が決算発表を行っていることは皆さんもよくご存知か
と思います。ファーストリテイリングやソフトバンクGにリードされたような
一部の銘柄に人気が集中する偏りが見られる株式市場ですが、企業業績は本来
株価に影響をもたらす有力な基本的な拠り所と言えます。

 2018年1月をピークに1年間の調整を経て戻り相場を展開しつつある株
式相場の動向は企業業績の行方がポイントとなるが、皆さんも手持ちの銘柄の
業績をしっかり吟味しておられるものと拝察致しております。


 1年間の企業活動の結果が、業績として示され、その結果をベースにまた新
たな1年間の業績を見通し、投資家各位に示されるイベントがこの時期にラッ
シュとなる。


 企業業績の発表のパターンはいくつかある。

 期初ないし期中に見込まれた業績結果が上振れする上方修正は一般的に投資
家に好感され株高につながることになるが、反対の場合はその逆に株安につな
がるというのはよくあるパターン。
 前期が上方修正されて着地したとしても今期の業績が減収減益で示されると
ネガティブに見られる売り圧力が高まる。

 これも反対に前期が下方修正され減収減益となったとしても今期の業績見通
しが増収増益で示されればその時の株価次第だが買いニーズが高まることにな
る。

 既存の株主及び新たな投資家、市場関係者はこうした決算発表のパターンを
横目に行動を見せる。

 そこに市場全体の需給が絡みあいながら個別株の方向性が決まっていく。
 いくら好業績だからと言っても現実に市場に投資家のリスクマネーが入って
こないとなれば株価は穏健なまま推移することになる。

 企業としてはその好業績の背景をいかに投資家に確認させるのかが重要であ
るが、なかなかすぐには投資家には伝わらない。まず決算分析が必要でその分
析を担うアナリストが説明会や個別訪問して活躍するのがこの時期である。


 億の近道の読者の皆さんの中にはアナリストとしての活動もされている方も
お見えだと推察されるが、各自の分析結果を投資の拠り所とされているものと
思われる。
 問題は業績結果よりも不確実な未来の業績にある。国内外のマクロ経済が不
透明な時期に積極的な投資などできないというのがこれまでの流れだったが、
そうした慎重な投資家の行動は不確実なマクロ経済が何らかの施策が市場にメ
ッセージとして示されれば一気に変化するということも念頭に入れておく必要
があるだろう。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 ★銘柄選択も、投資の心構えやメンタルなども網羅。バリュー&ファンダメ
  ンタルズのマスターピースに学ぼう!★

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

 第8号配信中♪


 村田雅志氏による、石川臨太郎"研究"コンテンツ。
 2008年12月より10年間配信されていた石川臨太郎氏の有料メルマガ
509回分全てを分析し、研究いたします。
 それらに掲載された銘柄情報などを中心に、傾向分析や現在評価などを加味
して解説します。


…例えば、

◆(第4号)今後の上場廃止銘柄を15社抽出!◆

 第4号では上場廃止による株価上昇を狙う目線で、研究銘柄を分析。
過去に取り上げられて実際に上場廃止した22社を精査し、今後の上場廃止銘
柄条件を策定。スクリーニングの結果、15銘柄をTOB対象候補として取り
上げております。


◆(第6号)優良銘柄を選び出す条件を抽出!◆

 第6号では研究銘柄を選び出すスクリーニング条件についてチェック。
 優良銘柄を選出できると思われる11条件を整理しています。


 全12回の後半戦突入です。ぜひご購読下さい。
※いつご購読開始しても、第1号から全ての配信内容をお読みいただけます。


 お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4


===================================


◆コラム「炎の注目低PER銘柄」


 万年割安株というのがかならず市場に存在する。

 東証1部市場の平均予想PERが13.6倍の時に中には5倍を割れている
ような銘柄が存在するのだから、中には20倍以上で評価されているような銘
柄も存在することが読み取れる。

 低PERだから運用成果が必ずしも上げやすいという断定はできないが、気
持ち的には割安感の働きやすい銘柄で今後の成長ビジョンが描きやすい銘柄を
投資対象としたいと考えます。


 通常は新たな決算見通しが示されればそれに呼応して株価が変動することに
なるが、市場の人気や需給が足かせとなって多くの万年割安株を存在させる結
果となっているものと推察される。

 億の近道でこれまで筆者が取り上げてきた銘柄は様々だが、基本的には低P
ERが多い。またそれに低PBRや高配当利回りも加わりバリュー銘柄に注目
するのが一つのパターンだと言える。


 いくら割安感があっても残念ながらなかなか市場人気は盛り上がらない。
 流動性がない銘柄、先行きの業績に不透明感がある銘柄、企業の内容が十分
に認知されていない銘柄などがそうした類となる。

 万年割安の地味株、流動性のない銘柄よりも派手派手な銘柄、誰もが知って
いる銘柄、創薬株、テーマ株の売買でいくのが基本的な投資スタンスだろうが、
そろそろ低PER銘柄にも関心を持って頂きたい。

 それにしても犬も歩けば低PER銘柄に当たる時代になってきた。

 テノックス(1905・今期予想PER6.9倍)、協立エアテック(59
97・同5.2倍)などのJASDAQ銘柄、日創プロニティ(3440・同
4.8倍)、Lib Work(1431・同6.8倍)などのQボード銘柄
は業績堅調ながら相変わらず低PERに甘んじている。これらの低PER銘柄
が株高のトレンドに戻るには市場の投資マインドに変化が必要だと言うのは言
うまでもない。

(これら個別銘柄の詳細は有料メルマガでご報告予定ですので宜しくお願いし
ます。)
 有料メルマガ詳細 ⇒ http://www.honohfm.com/


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2019/05/10


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/05/10号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:水島寒月&大魔神)


  ◆コラム「市場潮流」:水島寒月
  ◆コラム「大魔神のアンテナ 楽観した時に大きく変動」:大魔神


===================================


■ お知らせ ■


 たけぞう氏「中長期投資家に向けた役に立つトレード法 セミナー開催!」
 +YEN蔵氏との座談会


◆見るのは3つの指標だけ!
 25年間株式トレーダーで活躍してきた、たけぞう氏による中長期投資家向
けのトレード法セミナーを開催します。
 株が大好きなたけぞう氏が、中長期志向の投資家に向けて、役に立つトレード
 の方法を伝授します。

◆今後の相場展望も解説!
 今後のリスク(日銀ETF、TOPIX入れ替え、米中問題など)にも触れ
 ていきます。

◆有力銘柄の探し方も伝授!
 例えば、国策銘柄になるだろうと思う企業の探し方も具体的にお話しします。

◆YEN蔵氏との座談会も開催!
 外資系銀行で為替トレーダーだったYEN蔵氏との座談会も同時開催。
 トレーディングの哲学や極意など貴重な話題を聞けるチャンスです。
 Twitter: @YENZOU


◆たけぞう氏より
 【たけぞう】の名前で8年間続けているツイッターのフォロワー数は、現在
54,000人を超えています。Twitter: @noatake1127

 現在の株式市場は機械化が進み、個人投資家にとり大変難しい環境になった
と思います。
 そこで私も様々な考えの基、株での収益をどうしたら安定的に上げられるか
模索しました。

 まずは原点回帰で今から出来る事を解り易く、中でも特に重要な部分を集約
して皆様にお伝えできればと思っています。

 どうぞよろしくお願いします。


【開催概要】

日時:5月25日(土) 13:30〜16:45
場所:東京都渋谷区

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8380


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(5月7〜10日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で913円
81銭下落し(率にして4.1%の下落)、2万1344円92銭で取引を終
えました。5週ぶりの下落です。

 10連休中に発表された主要国の景気指標は総じて堅調なものでしたが、連
休終盤の5日にトランプ米大統領が中国に対する関税引き上げを表明。「米中
貿易摩擦は妥結近し」がコンセンサスになりつつあっただけに、連休明けの内
外株式相場は一転して大幅な下落を余儀なくされました。

 今週の東京株式市場は4日間の立会いでしたが、日経平均株価は4日間続落。
連休前から通算すると、5日間の続落となりました。連休前に買われていた中
国関連を中心とする景気敏感株が主に売られています。

 米中の貿易協議が土壇場でまとまることを期待する向きもありましたが、
10日(金)には、トランプ政権が日本時間の13時1分、2000億ドル分
の中国製品に課す制裁関税を従来の10%から25%に引き上げました。中国
商務省も報復措置を取ることを仄めかせています。

 ただ、米中の妥協が成立する可能性はまだ残っていると考えます。
 トランプ大統領は、来年11月の大統領選挙での再選に向けた支持率拡大に
余念がありません。中国の関税引き上げは、ひいては米国の景気減速につなが
る公算が大きく、これは同大統領の支持率拡大には、明らかにマイナスとなる
からです。

 また、米中の対立が続いたにしても、米国に加えて、中国、欧州、日本と主
要国各国の政権は、いずれも景気の失速を許容するとは思われません。金融面、
財政面から政策サポートを一段と強化する見込みです。これらが、内外の株式
相場を下支えするものと予想します。

 株価は意外に底堅く推移するのではないでしょうか。



(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■

 ★銘柄選択も、投資の心構えやメンタルなども網羅。バリュー&ファンダメ
  ンタルズのマスターピースに学ぼう!★

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

 第8号配信中♪


 村田雅志氏による、石川臨太郎"研究"コンテンツ。
 2008年12月より10年間配信されていた石川臨太郎氏の有料メルマガ
509回分全てを分析し、研究いたします。
 それらに掲載された銘柄情報などを中心に、傾向分析や現在評価などを加味
して解説します。


…例えば、

◆(第4号)今後の上場廃止銘柄を15社抽出!◆

 第4号では上場廃止による株価上昇を狙う目線で、研究銘柄を分析。
過去に取り上げられて実際に上場廃止した22社を精査し、今後の上場廃止銘
柄条件を策定。スクリーニングの結果、15銘柄をTOB対象候補として取り
上げております。


◆(第6号)優良銘柄を選び出す条件を抽出!◆

 第6号では研究銘柄を選び出すスクリーニング条件についてチェック。
 優良銘柄を選出できると思われる11条件を整理しています。


 全12回の後半戦突入です。ぜひご購読下さい。
※いつご購読開始しても、第1号から全ての配信内容をお読みいただけます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8393


===================================


◆コラム「大魔神のアンテナ 楽観した時に大きく変動」


 株式市場は、楽観した時に大きく変動しますね。反対に市場が総悲観した時
に、新たな相場が生まれる。
 アメリカの著名な投資家ジョン・テンプルトン氏の言葉に「相場は悲観の中
にうまれ、懐疑の中で育ち、羅漢の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」と
あります。厳しいお言葉ですが、ここ今年前半の相場はまさに、この格言通り
の株式相場であったようにも感じられます。


 10連休明け、新年号「令和」が始まって3連続下落(平成最終日を入れる
と4日続落)しており、お祝い気分もなく売り、売りの相場になってしまい幸
福感もない状況になってしまっているが、先の格言にあるように、悲観の中か
ら相場が生まれる。

 米中の貿易協議は9日より始まる。
 トランプ大統領が10日から中国製品の追加関税を引き上げる発表している
が、この協議次第では硬化した態度も一変する可能性もある(トランプ大統領
はなかなかのビジネスマンなので…)。
 その意味でも、10日は株式市場の今後を決める重要な日になるでしょう。

 ただ、株式市場はある程度悪い結果になるだろうと織り込みつつ推移してい
ると考えられるので、どちらの結果が出ても、来週は大きなチャンスがあると
考えています。


 今年は1月から巻き戻し相場が始まっているが、2月初旬・3月の初旬及び
3月終盤での25日移動平均を割り込み、テクニカル的には下落傾向を示すが、
何度も切り返しの動きを示した。
 また、75日移動平均を一時的に下回る場面はあるものの、その時点から巻
き戻し相場を度々演じた。その観点からテクニカル的にも10日の動きは大き
なポイントです。

 上げるか?下げるか?で大きな分岐点になります。


 半面、市場の動きに反して、今は決算発表真っ盛りです。
 個別では好決算銘柄は微動だせず、しっかりとした動きを示している銘柄が
あり、例として「シミック・2309」「CIJ・4826」など決算発表を
機に上昇している。
 市場内では、指数を落ち込んでも生きている銘柄はある。今こそ、決算内容
を再点検して、好調な企業への投資チャンスでもあります。


 お知らせがあります。
 5月18日(土曜日)YEN蔵&私こと大魔神のセミナーを開催いたします。
 YEN蔵はマクロ経済及び為替相場の動向などのほか、私との対談も行いま
 す。ご興味があれば、是非ご参加ください。

 詳しくはこちらをご確認下さい
 ⇒https://ameblo.jp/fightjuku1/entry-12459862254.html


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第58回「決算発表ラッシュ直前」がアップされました。


 第58回「決算発表ラッシュ直前」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so35100451
 【YouTube】https://youtu.be/E9C5XO7HqoA

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


■ お知らせ ■
■第7号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第7号レポート配信中!!】

 今週掲載の銘柄は、高シェアで残存者利益を享受している高利益率企業を
 ピックアップ!
 ストック型ビジネスで付加価値もあり。
 業績予想と理論株価算出方法も解説しています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




億の近道2019/05/09


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/05/09号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
      (本日の担当:街のコンサルタント&たけぞう)


    ◆コラム「なかなか変わらない」:街のコンサルタント
    ◆コラム「岡本硝子(7746)」:たけぞう


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第58回「決算発表ラッシュ直前」がアップされました。


 第58回「決算発表ラッシュ直前」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so35100451
 【YouTube】https://youtu.be/E9C5XO7HqoA

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「なかなか変わらない」


 久しぶりの大型連休でしたが何処へ行っても混むだろうし、費用も随分と高
いので遠出することは止め、以前から気になっていた家の片付けなどをしてい
るうちに、あっという間に10日間が過ぎました(^^;)

 TVは新天皇や新元号になった関連の特番ばかりで、それ以外は中身の無い
バラエティー番組ですから、TVを観たのは一部のニュースとCSのライブ番
組くらいでした。
 読者の皆さまはどのように過ごされたでしょうか。


 周囲の50代に話を聴くと似たようなもので、オッサンになると子供も手を
離れ、家族も其々の用事や予定があるため余り付き合ってくれず(苦笑)、せ
いぜい軽い運動や読書をするとか、出掛けてもゴルフくらいで、止む無く(笑)
家の片付けや庭の掃除などをしていたと言う方が多かったようです。
平和です(^^)

 気になっていた10連休も過ぎましたし、今後の投資を考える(相場に気を
取られない)良い休憩だったと思います。


 そんな連休の終わりに、またまたトランプ大統領が突然のツイッター(ブラ
フ?)を繰り出してきました。戦略性の無い短絡戦術と思いますが、迷惑千万
ですね。
 彼の派手な言い回しにも困ったものですが、一方の日本においては「俺が首
相になったら日経平均を30,000円にする!」なんて大見得を切れる大胆
な政治家が欲しいところです(苦笑)。無難な根回しだけでダラダラと長期政
権を維持されても困ります。

 政治や行政、それに財界首脳を併せた「変われない三位一体利権」のお蔭で
低迷を続けた「失われた30年」の平成は幕を閉じ、新しい令和の時代に入り
ました。
 改元されたとは言え「それでは利権や既得権を手放しましょう!」なんてこ
とは期待できず、まだ暫くはダラダラと「失われた時代」が続くのでしょうが、
この30年間で分かったことは、骨太方針や成長戦略、地方創生、一億総活躍
と言った、標語だけの政治漫談では変化は現れず、単なるバラマキへの理屈付
けであった・・・と言うことが再認識されただけでした。

 ゴキブリやシロアリがいつまでもこんなことを繰り返しているからジャパン
ライフなどと言う詐欺集団が跋扈します。何百万円もする磁気ベルトなんて怪
しいに決まっているのに野放しでした。
 立法府が機能せず、巨額の金が裏社会に流れているのを放置したまま、オラ
ガ村へのバラマキに精を出している情けない政治の現実。

 少子高齢化と人口減少に見舞われている日本は、これから一層厳しい環境が
続くと思われますが、辛抱強く倫理観の高い国民性により、今のところ経済成
長率は伸び悩むものの一人当たりの生産性は落ちていません。
 確かに経済力(=国力)の大きな伸びは期待できませんが、債権大国として
成熟した、住み心地の良い国を作っていくことは出来るはずです。元号が変わ
っても何も変わらないTV番組を観ていて「発想の転換」が必要と感じた次第
です。


 株式市場の迷走も気になります。
 業績への期待感が退潮するのと並行して、割安と言われながらもTOPIX
の水準はこの1年間で約15%下がりました。一方の米国市場は過熱気味とは
言われるものの株式は想定以上にしっかりしているのですから、その違いを感
じざるを得ません。
 経済規模世界第3位でも続く「主体性の無い」株式市場の動向。さて、何時
になったら国内投資家主導、投資家本位の市場になるのか?


 ところで、先月末(平成最後)のメルマガでZOZOが割高と書きましたが、
翌日の展開には驚きました。在り来りの発表内容なのに寄付きは高く、その後
急速に10%以上も売られました。そして今週に入ってから急速に買われてい
ます。
 ZOZOARIGATOUを取りやめるとのニュースも出ました。展開が速
いと言うか、こちらの社長がやることも思い付きと言うか(呆)
 決算内容自体は通り一遍のもので成長戦略らしきものは無く、且つ売上予想
の割に償却が少ないことによる為か?利益予想が少々過大と感じました。この
会社の業績予想は余り信用できません。


 これだけ株価が派手に動くなど、資金力のあるセミプロ以上による博打銘柄
には注意が必要です。割安や割高など関係なく、所謂「プロ同士の相場操縦」
で動いているだけですから、リスクを取れる投資家にゲーム感覚で売買されて
いる銘柄です。

 ここ1〜2年動いているのはこんな銘柄ばかりです。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■

 ★銘柄選択も、投資の心構えやメンタルなども網羅。バリュー&ファンダメ
  ンタルズのマスターピースに学ぼう!★

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

 第8号配信中♪


 村田雅志氏による、石川臨太郎"研究"コンテンツ。
 2008年12月より10年間配信されていた石川臨太郎氏の有料メルマガ
509回分全てを分析し、研究いたします。
 それらに掲載された銘柄情報などを中心に、傾向分析や現在評価などを加味
して解説します。


…例えば、

◆(第4号)今後の上場廃止銘柄を15社抽出!◆

 第4号では上場廃止による株価上昇を狙う目線で、研究銘柄を分析。
過去に取り上げられて実際に上場廃止した22社を精査し、今後の上場廃止銘
柄条件を策定。スクリーニングの結果、15銘柄をTOB対象候補として取り
上げております。


◆(第6号)優良銘柄を選び出す条件を抽出!◆

 第6号では研究銘柄を選び出すスクリーニング条件についてチェック。
 優良銘柄を選出できると思われる11条件を整理しています。


 ぜひご購読下さい。

村田氏の思いはこちらをお読み下さい
  ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303

======


●第6号(4/23配信)より

 後ほど、「2)選んだ理由の箇条書き」を整理するとわかることですが、研
究銘柄を選び出す理由の多くは、いくつかの基準に基づいて優良とされるもの
を選び出す方法(いわゆるスクリーニング)です。このため、研究銘柄を選び
出すためのルール(のようなもの)がわかってしまえば、石川さんでなくても
誰もが研究銘柄を選び出すことができますし…(中略)

 箇条書きは、銘柄にもよりますが、少なくとも3つの理由が示され、多いと
理由が9つくらいまで増えます。ただ、メルマガを確認すると、記載されてい
る理由は、概ね次のように整理することができます。
(後略)


第1号目次
 ■有料メルマガで取り上げられた企業数
 ■メルマガで一番取り上げられた企業は?
 ■3回以上取り上げられた企業をすべて紹介

第2号目次
 ■石川さんは化学好き?〜研究銘柄を業種別にみる
 ■石川さんは意外と大企業嗜好?〜研究銘柄を市場別にみる
 ■石川さんは中型が好き?〜研究銘柄を時価総額別にみる

第3号目次
 ■生涯パートナーの絶対条件!〜研究銘柄を自己資本比率で整理する
 ■赤字企業は嫌い!〜研究銘柄をROEで整理する

第4号目次
 ■低利益率でも大丈夫?〜研究銘柄を営業利益率で整理する
 ■上場廃止銘柄を確認する

第5号目次
 ■まずは確認〜メルマガの構成
 ■研究銘柄の語り方
 ■創業時期などの沿革、事業の紹介
 ■株価や業績の変化

第6号目次
 ■研究銘柄の語り方
 ■「研究銘柄に選んだ理由」の構成
 ■常に現状をチェック〜研究銘柄として選んだ銘柄の最近の動向
 ■株価下落リスクを可能な限り避ける試み〜選んだ理由の箇条書き


第7号目次
 ■研究銘柄を分析する手順
 ■研究銘柄の資産価値の定義
 ■研究銘柄の資産価値と時価総額との比較
 ■研究銘柄の事業価値の計算方法
 ■研究銘柄の事業価値を定性的に考える

第8号目次
 ■コラムの内容を整理
 ■同じタイトルのコラムが続く
 ■石川さんと「メンタル」の関係
 ■石川さんが語る「夢」の効用
 ■儲けられない投資家


=====

●申込要項

 これは3ヶ月限定の企画です。
 いつ購読開始しても、全てのコンテンツをお読みいただけます。

購読料:全12回(3ヶ月) 9,720円(税込)
配信日:毎週火曜日 3月19日〜6月4日の12回

 ご購読開始日以前の既配信分は、入金後にまとめて配信させていただきます。
 例)5月10日ご入金の場合、3月19日〜5月7日の既配信分をお送り
 致します。


 お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4


===================================


 ◆コラム「岡本硝子(7746)」


【編集部より】

 本日、Twitterを中心に個人投資家に人気がある、証券ディーラーのたけぞう
 氏が億の近道に初登場です。
 長年のトレーディングで培った目線を披露してくれています。
 今月開催のセミナーも大いに期待です。
 お楽しみ下さい。


−−−−−


 たけぞうです。

 この度、初めて「億の近道」セミナーに登壇させて頂く事になりました。
 私は約31年間証券会社に勤務し、その内24年間を証券ディーラー職を任
されました。その31年間の証券会社時代に培ったものを少しでも今後の投資
に役立てて頂ければ幸いだと思っています。


 24年間証券ディーラーを携わっただけに、「理想論」だけ語る事は私は出
来ません。
 株式投資において「リスク」はつきものだと考えるのが正しいと思います。
勿論私も含め皆様にとっても「低リスク」であって欲しい事には変わりありま
せん。5月25日のセミナーでは、今後日本市場において「リスク」だと思う
日銀ETF、米中貿易問題などを詳しく説明出来ればとい思っています。

 また私が最も得意とする国策銘柄の探し方、今後期待出来そうな銘柄などを
お伝え出来ればと思っています。

 どうぞ宜しくお願い致します。


 今日は個別銘柄を取り上げます。
 私の注目目線など参考になれば。


○岡本硝子(7746)

【注目した点1】
 昨年8月発表。19年3月期第1四半期(4−6月)の連結経常利益は前年
 同期比3.2倍の8100万円に急拡大し、4−9月期(上期)計画の50
 00万円に対する進捗率が162.0%とすでに上回る。

【注目した点2】
 海底設置型の長期環境モニタリング装置納入契約に関するお知らせ
 (1)契約先・納入先 国立研究開発法人海洋研究開発機構
 (2)契約価格 2億円

【注目した点3】
 昨年11月9日昼(12:00)に決算を発表。
 19年3月期第2四半期累計(4−9月)の連結経常利益は前年同期比4.
 3倍の1億7900万円に急拡大し、通期計画の2億円に対する進捗率は
 89.5%で着地。

 しかし、株価が重石となったのが第三者割り当て増資の行使の売り玉など
財務面だと考えています。

 私は150円〜160円台で購入し、200円手前で売却した経緯がありま
す。それは120、130円台も見ていたからです。
 チャートを見れば200円から上げ足を早めていますが、その後は全く乗れ
ていないのが現状です。

 初動からみている株ほど扱いは難しいです。


(たけぞう)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


 5月25日たけぞう氏「中長期投資家に向けた役に立つトレード法 セミナー
 開催!」+YEN蔵氏との座談会


◆見るのは3つの指標だけ!
 24年以上株式ディーラーで活躍してきた、たけぞう氏による中長期投資家
 向けのトレード法セミナーを開催します。
 株が大好きなたけぞう氏が、中長期志向の投資家に向けて、役に立つトレード
 の方法を伝授します。

◆今後の相場展望も解説!
 今後のリスク(日銀ETF、TOPIX入れ替え、米中問題など)にも触れ
 ていきます。

◆有力銘柄の探し方も伝授!
 例えば、国策銘柄になるだろうと思う企業の探し方も具体的にお話しします。

◆YEN蔵氏との座談会も開催!
 外資系銀行で為替ディーラーだったYEN蔵氏との座談会も同時開催。
 トレーディングの哲学や極意など貴重な話題を聞けるチャンスです。
 Twitter: @YENZOU


【開催概要】

日時:5月25日(土) 13:30〜16:45
場所:東京都渋谷区
   場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。

◆第1部 13:30〜15:00(90分)
 たけぞう氏セミナー
 1.自己紹介と証券ディーラーと言う仕事
 2.今後の市場リスク
 3.注目銘柄の探し方
 4.たけぞうのトレード手法
 5.中長期投資家にも役に立つ手法

◆第2部 15:10〜16:40(90分)
 1.たけぞう氏・YEN蔵氏の対談
 2.質疑応答
(内容及び時間は変更することがあります)

 懇親会 17:00〜19:00


 セミナー受講料:5,000円(税込)

※終了後、有志にて懇親会を行います。たけぞう氏、YEN蔵氏も参加します。
 参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  http://bit.ly/2IuyTMf

2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。



【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


■第7号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第7号レポート配信中!!】

 今週掲載の銘柄は、高シェアで残存者利益を享受している高利益率企業を
 ピックアップ!
 ストック型ビジネスで付加価値もあり。
 業績予想と理論株価算出方法も解説しています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第7号レポートをお読みいただけ
 ます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2019/05/08


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/05/08号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:小屋洋一)


     ◆コラム「個人のバランスシート作成の重要性について」


===================================


■ お知らせ ■


 たけぞう氏「中長期投資家に向けた役に立つトレード法 セミナー開催!」
 +YEN蔵氏との座談会


◆見るのは3つの指標だけ!
 24年以上株式ディーラーで活躍してきた、たけぞう氏による中長期投資家
 向けのトレード法セミナーを開催します。
 株が大好きなたけぞう氏が、中長期志向の投資家に向けて、役に立つトレード
 の方法を伝授します。

◆今後の相場展望も解説!
 今後のリスク(日銀ETF、TOPIX入れ替え、米中問題など)にも触れ
 ていきます。

◆有力銘柄の探し方も伝授!
 例えば、国策銘柄になるだろうと思う企業の探し方も具体的にお話しします。

◆YEN蔵氏との座談会も開催!
 外資系銀行で為替ディーラーだったYEN蔵氏との座談会も同時開催。
 トレーディングの哲学や極意など貴重な話題を聞けるチャンスです。
 Twitter: @YENZOU


【たけぞう氏よりご挨拶】

 はじめまして。たけぞうと申します。
 私は昭和63年(1988年)に証券会社に入社をして4年間、東京証券取
引所で場立ちをしました。その後2年間の事務部門を経て、平成6年(199
4年)に以前から希望していたディーラー部所への所属となりました。
 退任するまでの24年5ヵ月間をディーラーとして務めました。
 この間、約50億円を稼ぎ会社へ貢献しました。
 ですが昨年の春過ぎ頃、勤務していた会社から年内いっぱいで証券業務を撤
退するとの発表があり、昨年8月末に退職しました。
 現在は自己資金で株の売買をする傍らセミナーの講師やテレビ、ラジオなど
に出演させて頂いています。

 【たけぞう】の名前で8年間続けているツイッターのフォロワー数は、現在
54,000人を超えています。Twitter: @noatake1127

 私の得意な売買手法は短期売買です。
 保有は1〜2日、長くても1週間での売買です。
 その手法がお一人お一人にとってベストであるかどうかは分かりませんが、
ひとまずこの手法を「億の近道」の投資家の皆様に分かりやすくお話をさせて
頂きたいと思っています。

 約30年間の証券会社勤務では様々な事を経験をしました。
 またディーラーとして株の売買を日常業務にしていた約24年間は思った以
上に稼げたことや不本意にも大損をしてしまったことなど、数え切れないほど
の思い出があります。
 そして今現在も皆様と同じ、一個人投資家として謙虚に相場と向き合いトレ
ードをしている日々です。

 皆様と私の違いがあるとすれば私の方が少しだけ多く経験数があり、それを
自分の力として蓄積し、日々のトレードに役立てられている部分だと思います。

 現在の株式市場は機械化が進み、個人投資家にとり大変難しい環境になった
と思います。
 そこで私も様々な考えの基、株での収益をどうしたら安定的に上げられるか
模索しました。

 まずは原点回帰で今から出来る事を解り易く、中でも特に重要な部分を集約
して皆様にお伝えできればと思っています。

 どうぞよろしくお願いします。


【開催概要】

日時:5月25日(土) 13:30〜16:45
場所:東京都渋谷区
   場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。

◆第1部 13:30〜15:00(90分)
 たけぞう氏セミナー
 1.自己紹介と証券ディーラーと言う仕事
 2.今後の市場リスク
 3.注目銘柄の探し方
 4.たけぞうのトレード手法
 5.中長期投資家にも役に立つ手法

◆第2部 15:10〜16:40(90分)
 1.たけぞう氏・YEN蔵氏の対談
 2.質疑応答
(内容及び時間は変更することがあります)

 懇親会 17:00〜19:00


 セミナー受講料:5,000円(税込)

※終了後、有志にて懇親会を行います。たけぞう氏、YEN蔵氏も参加します。
 参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  http://bit.ly/2IuyTMf

2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。



【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆コラム「個人のバランスシート作成の重要性について」


 今年に入ってから、「FPの学校」という
https://fp-sc.com/?_ga=2.3398774.799109951.1555467491-1243053241.1547608905

FP向けの外部講座を担当することになって、改めてパーソナル・ファイナン
スについて受講生に教えるためにテキスト化しています。


 また、作成しているテキストは(私が作るので)、社内のスタッフ向けにも
研修のテキストとして利用しています。


 その中で、改めて感じたのは、ファイナンシャルプランナーの多くの人が
パーソナルファイナンスの知識を、体系づけて理解していないという事です。


 パーソナルファイナンスというのは、個人(家計)のファイナンスですので
あくまでもファイナンス理論に基づいて体系化できる考え方や手法です。


 しかし、ファイナンシャルプランナーの資格試験が

・幅広い分野の知識(暗記)偏重型の試験である

・実務に入ってからも、ファイナンスを学ぶ機会が少ない

という理由もあってか、有資格者の中でもしっかりと理論を体系的に身に着け
ている人は少ないなという印象を持っています。


 具体的には、企業のファイナンスでは、貸借対照表、損益計算書、キャッシ
ュフロー計算書が財務3表と呼ばれ、基本になります。


 もちろん個人(家計)のファイナンスでも、この財務3表が基本となること
は同じです。


 しかし、個人のパーソナルファイナンスの相談をしているときに、しっかり
とこの財務3表を持って議論を展開している現場を私は自社以外であまり見た
ことがありませんでした。


 そこで今回は、財務3表の中でも最も中心的で基本となる個人バランスシー
ト(貸借対照表)の理解を中心とした講座テキストを展開しています。


 テキストを作っていて面白いところは、自分が無意識に行っていることにつ
いて理論的にどのような意味があるのかをしっかりと考えながら記述できると
ころにあります。

 こちらが、もう意識的に考えなくてもできるようになっていることを

「なぜそのようにする必要があるのか?」

と理由を言語化できるまで落とし込んで考えなければ、テキストが作成できな
いのです。


 もしも、みなさんがこれまで個人(家計)のバランスシートを作成したこと
も見たこともないということであれば、ぜひ一度作って見られると良いと思い
ます。



株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(5月はあと先着2名様のみ受付可能です)
http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


===================================


■ お知らせ ■



■第7号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第7号レポート配信中!!】

 今週掲載の銘柄は、高シェアで残存者利益を享受している高利益率企業を
 ピックアップ!
 ストック型ビジネスで付加価値もあり。
 業績予想と理論株価算出方法も解説しています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第7号レポートをお読みいただけ
 ます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第239号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第239号
が好評配信中です。


【10連休明けの展望と、新年号下での注目銘柄満載!!】


【5/7 第239号では】


■相場の視点
■注目低PER銘柄の株価動向(4銘柄)
■好業績が見込まれる銘柄動向(6銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:経済全般




億の近道2019/05/07


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/05/07

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(289)」:石川臨太
   ◆コラム「孫子と三賢人のビジネス その8」:大原浩


===================================


■ お知らせ ■


■第7号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【本日第7号レポート配信!!】

 今週掲載の銘柄は、高シェアで残存者利益を享受している高利益率企業を
 ピックアップ!
 ストック型ビジネスで付加価値もあり。
 業績予想と理論株価算出方法も解説しています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第7号レポートをお読みいただけ
 ます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(289)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「運用パフォーマンスの向上と自分の投資癖修正の重要性」=
 (有料メルマガ第379回・2010/3/30配信号)

※2010年3月現在の内容です。留意してお読み下さい。


(前略)

 私の場合は優待銘柄については、基本的に優待単位が一番利回りが良いので、
優待単位投資を原則とする。家族名義で優待単位で持てる優待単位3口までの
投資にとどめる。複数単位投資するのは高配当銘柄や自分が中期的に必ずやっ
て来ると考えている環境関連のテーマ株などにする。
このような自分に課したルールや今年度の投資戦術を、今回も忠実に守りまし
た。

(中略)

 今年の自分の投資に対する反省としては、以下のようなことを考えました。
去年は高配当銘柄や高配当優待銘柄が今年と同じように3月末に向けて上昇し、
更に権利落ち後にも堅調な株価推移をみせていた。だからこそ、今年も優待銘
柄を多く所有していた。高配当銘柄や高配当優待銘柄は株価が上昇すると信じ
て投資して、結果充分な成果を得ることが出来た。しかし優待単位しか買わな
い、優待株は最大でも3単位までしか買わないという自分のルールをかたくな
に守ったために資産の増加ペースを弱めてしまった。

(中略)

 皆さんは、自分の投資のルールを着実に守っておられるでしょうか。
 そして節目ごとに自分の投資ルールや、投資戦術を冷静に見直しておられる
でしょうか。
 また自分が失敗だと思っていたことを悔やんだり引きずったりして、今後の
投資行動、投資判断を狂わせてしまうようなことはしておられないでしょうか。

 儲けそこなった、損をした。このようなことでカッとして冷静さを欠くと、
その後にもっと大きな痛手を受けてしまうことがあります。過去の経験は、次
の機会(=将来)の良い糧にするのがベストだと考えています。

 また、皆さんは自分の投資の傾向を把握しておられるでしょうか。孫子の兵
法に言う「己を知る」をきちんと行っておられるでしょうか。

 私の場合は食べ物をもらえる優待を好む傾向が非常に強いです。だから選べ
る食べ物優待ギフトがある銘柄は、殆ど利食いをすることが出来ないという欠
点を持っています。株価が過熱気味で、どうもそろそろ反落してしまう可能性
が高い。そう考えても、実際に、その銘柄を利食いする決断が自分では殆どで
きません。

 では、そのような自分の欠点を修正するにはどうしたらよいか。私の場合は
株式相場にまったくといって興味のない妻に相談することにしています。
『いま売るとキャピタル・ゲインが5万円くらいもらえるけれど、選べる優待
ギフト3000円分と配当2000円が貰えなくなる。どうしようか。』

 妻の答えは毎回決まっています。『キャピタル・ゲイン5万円のほうが良い
から、すぐ売るべきだ』

 こんな儀式を経て、売却を決断して実行します。金券優待とか高配当銘柄に
ついては、ちゃんと自分で利食いを決断できるのに、なぜか食べ物優待ギフト
などがついている優待株は利食いの決断が出来ないので、こんなことをやって
います。実に変な傾向だとは思いますが、自分では修正できないので、妻をサ
ーキットブレーカーに使うという手段を自分で作りました。

 まだ株価が反落する可能性が低いと思っているときは、妻には相談しません。
自分でもうかなり危ないと迷ったときだけ、相談するようにしています。そこ
まで分かっているのに、なぜ自分だけで決断できないのか。食い意地が張って
いるといえば、そのことに尽きますが、自分だけで売ろうとするとタイミング
を失することが多かったので、こんなルール、儀式を作りました。

 株式投資を長くやっていると、自分の株式投資に対する変な傾向が見えてき
ます。自分癖を良く見据えて、悪い癖ならば修正する方法を考えることが大事
だと思います。

 知人の投資家さんに、非常に銘柄選択のタイミングが良くて、実に良い銘柄
に投資を実行する人がいます。ホームページなどで自分の売買記録を開示して
いるので、私もよく参考にさせていただいています。
 ところが、彼はロス・カットのルールを決めていて、自分の買値から少し下
がると全部ロス・カットしてしまいます。去年の後半から、ずっと見ていると、
多くの銘柄はロス・カットせずに我慢して持ち続けていたとしたら、ロス・カ
ット後に上昇しています。ロス・カットをしなければ去年の末の資産に比べ軽
く10%以上の資産増加を達成できていたはずなのに、実際の資産残高は前年
末比マイナスです。

(中略)

 トレーダーではないので、買った銘柄が上昇気流に乗っていてロス・カット
ルールにかからないときは、とても高いパフォーマンスを出せる人なのに、傍
から見ていて、とても残念なことだと感じます。

 ただロス・カットルールを撤廃したら、大きな株価下落が襲ってきたときに
株式市場から強制退場させられる危険もあるので、ロス・カットルールを止め
るべきだというつもりはありません。
 ただ自分の買値に拘って、買値から2%とか5%とかいうような、あまりに
も厳しいロス・カットの条件を緩和してみる。現状の投資環境では株価のブレ
幅が大きいので、ロス・カットを自分の買値の15%程度下においてみる。
 少しロス・カット条件を緩くしただけで、パフォーマンスはマイナスからプ
ラスに激変すると思いました。過去のロス・カット状況とその後の株価の推移
を検証さえしていれば、簡単に気がつくことです。
 新しい投資銘柄を探すよりも、自分の過去の売買記録を検証するだけで、自
分の欠点が見えてきて、対処方法が見つかる可能性は高いと思います。皆さん
にも、自分の過去の売買をしっかり検証することをお勧めします。

 自分の過去の投資を振り返り、問題点を見つけたら、冷静にその修正手段を
作ることが、資産形成の上では大事なことだと考えます。

(後略)


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)



★病気に負けるな石川臨太郎! 石川臨太郎応援企画 第8号配信中♪★


 本日第8号配信! 村田雅志氏による、石川臨太郎研究コンテンツ。

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

この応援企画(「生涯パートナー銘柄の研究」の研究)は、有料形式で3カ月
間(計12回)のメルマガとしてご提供いたします。そして、応援企画で生ま
れた売上は、(必要最小限の必要経費を除いた後に)全額、石川さんのお見舞
い等に利用させていただきます。


 2008年12月より10年間配信されていた有料メルマガ509回分全て
を分析し、研究いたします。それらに掲載された銘柄情報を中心に、傾向分析
や現在の評価などを加味して解説します。


 石川臨太郎氏が常日頃言っていた、

「私には特別なことは何もない凡人だ。誰でもできることをやっているだけだ。
そして”自分にもできそうだ”と思ってもらい、私のやってきたことを皆さん
に身につけてもらえれば望外の幸せだ。」

と言うことを推進するため、石川臨太郎氏の投資法を、皆さんに分かりやすい
ように解説していきます。

 ぜひご購読下さい。

村田氏の思いはこちらをお読み下さい
  ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303

======


●第6号(4/23配信)より

 後ほど、「2)選んだ理由の箇条書き」を整理するとわかることですが、研
究銘柄を選び出す理由の多くは、いくつかの基準に基づいて優良とされるもの
を選び出す方法(いわゆるスクリーニング)です。このため、研究銘柄を選び
出すためのルール(のようなもの)がわかってしまえば、石川さんでなくても
誰もが研究銘柄を選び出すことができますし…
(中略)
 箇条書きは、銘柄にもよりますが、少なくとも3つの理由が示され、多いと
理由が9つくらいまで増えます。ただ、メルマガを確認すると、記載されてい
る理由は、概ね次のように整理することができます。
(後略)


第1号目次
 ■有料メルマガで取り上げられた企業数
 ■メルマガで一番取り上げられた企業は?
 ■3回以上取り上げられた企業をすべて紹介

第2号目次
 ■石川さんは化学好き?〜研究銘柄を業種別にみる
 ■石川さんは意外と大企業嗜好?〜研究銘柄を市場別にみる
 ■石川さんは中型が好き?〜研究銘柄を時価総額別にみる

第3号目次
 ■生涯パートナーの絶対条件!〜研究銘柄を自己資本比率で整理する
 ■赤字企業は嫌い!〜研究銘柄をROEで整理する

第4号目次
 ■低利益率でも大丈夫?〜研究銘柄を営業利益率で整理する
 ■上場廃止銘柄を確認する

第5号目次
 ■まずは確認〜メルマガの構成
 ■研究銘柄の語り方
 ■創業時期などの沿革、事業の紹介
 ■株価や業績の変化

第6号目次
 ■研究銘柄の語り方
 ■「研究銘柄に選んだ理由」の構成
 ■常に現状をチェック〜研究銘柄として選んだ銘柄の最近の動向
 ■株価下落リスクを可能な限り避ける試み〜選んだ理由の箇条書き

第7号目次
 ■研究銘柄を分析する手順
 ■研究銘柄の資産価値の定義
 ■研究銘柄の資産価値と時価総額との比較
 ■研究銘柄の事業価値の計算方法
 ■研究銘柄の事業価値を定性的に考える

第8号目次
 ■コラムの内容を整理
 ■同じタイトルのコラムが続く
 ■石川さんと「メンタル」の関係
 ■石川さんが語る「夢」の効用
 ■儲けられない投資家


=====

●申込要項

 これは3ヶ月限定の企画です。
 いつ購読開始しても、全てのコンテンツをお読みいただけます。

購読料:全12回(3ヶ月) 9,720円(税込)
配信日:毎週火曜日 3月19日〜6月4日の12回

 ご購読開始日以前の既配信分は、入金後にまとめて配信させていただきます。
 例)5月8日ご入金の場合、3月19日〜5月7日の既配信分をお送り致し
   ます。


 お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第239号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第239号
が本日配信です。


【10連休明けの展望と、新年号下での注目銘柄満載!!】


【5/7 第239号では】


■相場の視点
■注目低PER銘柄の株価動向(4銘柄)
■好業績が見込まれる銘柄動向(6銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「孫子と三賢人のビジネス その8」


産業新潮 
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
5月号連載記事


■その8 一撃必殺

●熟慮して行ったたった一つの決断が成功しないのなら、それより集中力が劣
った多数の決断がうまくいくはずが無い


 ウォーレン・バフェットは小見出しのような警句を発しています。
 しかし、世の中の大多数の人々の考えは違うようです。以前ある投資家の方
とこんな会話をしたことがあります。

 「大原さん、私はものすごくたくさんの利益を投資で稼ぎたいんです。そこ
で、できる限り売買の回数を増やしたいんですが、やはりコンピュータにやら
せた方がいいですか?」

「???投資は必ずしも儲かるとは限りませんから、たくさん売買すればより
たくさんの損をすることになるかもしれませんよ・・・」

「大原さん、1万円での取引でたった百円のもうけでも、10万回やれば10
00万円の儲けになるわけです。専門家なのにこんな簡単な計算もできないの
ですか?」

「・・・・・」

 賢明な読者なら、この話が全くかみ合っていないのが良くお分かりになるか
と思います。ほとんどの投資家の方は、「投資をする前には儲かることしか考
えず、投資した後は損をしたことばかりを後悔する」ので、このような発言が
出てくるのでしょう。

 投資家がたくさん売買して儲かるのは、(証券)取引所と証券会社などの金
融機関です。それに対して、投資家は取引のたびに手数料を支払うわけですか
ら、その都度手数料という損が確実に積み上がります。
 また、(自分から行動を起こす場合)買い手の場合は売値、売り手の場合は
買値でしか取引できませんから、売り根と買値の差額の「損」も無視できない
金額になっていきます。

 バフェットが「一度企業(株式)に投資したら、できる限り永遠に保有」す
るのは、企業の将来に自信があるだけではなく、頻繁な売買による無駄な出費
を避けるというのも重要な理由の一つです。

 少なくとも、M&Aの世界で、やたらに買収を繰り返す企業と、投資先を厳
選し一撃必殺を目指すバフェットのどちらが成功しているのかは、説明するま
でもありません。


●一撃必殺とベンチャー・企業再生

 孫子は、「戦いが巧みな人は、【勢い】を岩石をも貫く水の流れまで高め、
ライオンが獲物をとらえるときのように、一瞬の【一撃】を強烈なものにする」
と述べています。まさに、バフェット流ですが、これには一つの大きな前提が
あります。これはあくまで戦いに勝つための「戦術」ということです。

 例えば、すでに軍隊が存在(既存軍隊)し、その軍隊を最大限に活用して勝
利を重ねていくための法であるということです。ですから、これから軍隊をゼ
ロから整備する場合(ベンチャー軍隊)は話が別です。

 また、バフェットも「成功したビジネスに投資して、より一層成功させる」
タイプの投資家・経営者です。したがって、その投資先のほとんどは、順調な
経営を行っている会社です。時々、世間一般から「問題を抱えている」とみな
される企業に投資をすることがあります。


続きは「産業新潮」
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
5月号をご参照ください。


(大原 浩)


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
(JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。
★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 たけぞう氏「中長期投資家に向けた役に立つトレード法 セミナー開催!」
 +YEN蔵氏との座談会


◆見るのは3つの指標だけ!
 24年以上株式ディーラーで活躍してきた、たけぞう氏による中長期投資家
 向けのトレード法セミナーを開催します。
 株が大好きなたけぞう氏が、中長期志向の投資家に向けて、役に立つトレード
 の方法を伝授します。

◆今後の相場展望も解説!
 今後のリスク(日銀ETF、TOPIX入れ替え、米中問題など)にも触れ
 ていきます。

◆有力銘柄の探し方も伝授!
 例えば、国策銘柄になるだろうと思う企業の探し方も具体的にお話しします。

◆YEN蔵氏との座談会も開催!
 外資系銀行で為替ディーラーだったYEN蔵氏との座談会も同時開催。
 トレーディングの哲学や極意など貴重な話題を聞けるチャンスです。
 Twitter: @YENZOU


【たけぞう氏よりご挨拶】

 はじめまして。たけぞうと申します。
 私は昭和63年(1988年)に証券会社に入社をして4年間、東京証券取
引所で場立ちをしました。その後2年間の事務部門を経て、平成6年(199
4年)に以前から希望していたディーラー部所への所属となりました。
 退任するまでの24年5ヵ月間をディーラーとして務めました。
 この間、約50億円を稼ぎ会社へ貢献しました。
 ですが昨年の春過ぎ頃、勤務していた会社から年内いっぱいで証券業務を撤
退するとの発表があり、昨年8月末に退職しました。
 現在は自己資金で株の売買をする傍らセミナーの講師やテレビ、ラジオなど
に出演させて頂いています。

 【たけぞう】の名前で8年間続けているツイッターのフォロワー数は、現在
54,000人を超えています。Twitter: @noatake1127

 私の得意な売買手法は短期売買です。
 保有は1〜2日、長くても1週間での売買です。
 その手法がお一人お一人にとってベストであるかどうかは分かりませんが、
ひとまずこの手法を「億の近道」の投資家の皆様に分かりやすくお話をさせて
頂きたいと思っています。

 約30年間の証券会社勤務では様々な事を経験をしました。
 またディーラーとして株の売買を日常業務にしていた約24年間は思った以
上に稼げたことや不本意にも大損をしてしまったことなど、数え切れないほど
の思い出があります。
 そして今現在も皆様と同じ、一個人投資家として謙虚に相場と向き合いトレ
ードをしている日々です。

 皆様と私の違いがあるとすれば私の方が少しだけ多く経験数があり、それを
自分の力として蓄積し、日々のトレードに役立てられている部分だと思います。

 現在の株式市場は機械化が進み、個人投資家にとり大変難しい環境になった
と思います。
 そこで私も様々な考えの基、株での収益をどうしたら安定的に上げられるか
模索しました。

 まずは原点回帰で今から出来る事を解り易く、中でも特に重要な部分を集約
して皆様にお伝えできればと思っています。

 どうぞよろしくお願いします。


【開催概要】

日時:5月25日(土) 13:30〜16:45
場所:東京都渋谷区
   場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。

◆第1部 13:30〜15:00(90分)
 たけぞう氏セミナー
 1.自己紹介と証券ディーラーと言う仕事
 2.今後の市場リスク
 3.注目銘柄の探し方
 4.たけぞうのトレード手法
 5.中長期投資家にも役に立つ手法

◆第2部 15:10〜16:40(90分)
 1.たけぞう氏・YEN蔵氏の対談
 2.質疑応答
(内容及び時間は変更することがあります)

 懇親会 17:00〜19:00


 セミナー受講料:5,000円(税込)

※終了後、有志にて懇親会を行います。たけぞう氏、YEN蔵氏も参加します。
 参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  http://bit.ly/2IuyTMf

2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。



【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2019/04/26


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/04/26号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             ★平成最終号★
             −本日の目次−
        (本日の担当:水島寒月&大魔神)


◆コラム「市場潮流」:水島寒月
◆コラム「大魔神のアンテナ 海外投資家の買い越しが続いている」:大魔神


===================================


■ お知らせ ■


【GW期間中の配信について】

 10連休に伴い、4月27日(土)〜5月6日(月)まで休刊となります。
 連休明け5月7日(火)より配信再開いたします。

 なお、有料メルマガ「グロース銘柄発掘隊」および、
【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】
は、4月30日も配信いたします。

 令和も引き続きご愛読のほどよろしくお願いいたします。


===================================


■ お知らせ ■


 たけぞう氏「中長期投資家に向けた役に立つトレード法 セミナー開催!」
 +YEN蔵氏との座談会


◆見るのは3つの指標だけ!
 25年間株式トレーダーで活躍してきた、たけぞう氏による中長期投資家向
けのトレード法セミナーを開催します。
 株が大好きなたけぞう氏が、中長期志向の投資家に向けて、役に立つトレード
 の方法を伝授します。

◆YEN蔵氏との座談会も開催!
 外資系銀行で為替トレーダーだったYEN蔵氏との座談会も同時開催。
 トレーディングの哲学や極意など貴重な話題を聞けるチャンスです。
 Twitter: @YENZOU


◆たけぞう氏より
 【たけぞう】の名前で8年間続けているツイッターのフォロワー数は、現在
54,000人を超えています。Twitter: @noatake1127

 現在の株式市場は機械化が進み、個人投資家にとり大変難しい環境になった
と思います。
 そこで私も様々な考えの基、株での収益をどうしたら安定的に上げられるか
模索しました。

 まずは原点回帰で今から出来る事を解り易く、中でも特に重要な部分を集約
して皆様にお伝えできればと思っています。

 どうぞよろしくお願いします。


【開催概要】

日時:5月25日(土) 13:30〜16:45
場所:東京都渋谷区

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8380


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(4月22〜26日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で58円
17銭上昇し(率にして0.26%の上昇)、2万2258円73銭で取引を
終えました。4週連続の上昇です。

 10連休を控えて、一旦ポジションを手仕舞う動きも予想されましたが、案
に相違して底堅い動きとなりました。背景にあるのは、やはり中国の景気に改
善の兆しが見え始めたことです。減速への警戒感が根強い米国の景気も、潜在
成長率(実質GDPで前期比年率1.9%)を上回る堅調な推移が続くとの見
方が浮上しています。


 言うまでもなく10連休中は、米国の主要企業の19年1〜3月期の決算発
表がピークを迎えるほか、中国の製造業PMI(4月30日)、米連邦公開市
場委員会(FOMC)(4月30日〜5月1日)、米国のISM製造業景況感
指数(5月1日)、米国の4月雇用統計(5月3日)など重要な経済指標の発
表やイベントが目白押しとなります。これらの経済指標がさらに改善を示すよ
うであれば、米国株をはじめ世界的な株高が進む、との見方が増えているよう
です。

 一方で、外国為替市場などでの投機的な動きへの警戒も根強いものがありま
す。その意味でも、本日(26日)から明日(27日)にかけての日米首脳会
談に注目が集まります。


 国内主要企業の決算発表は、今年度の先行きに対する慎重な見通しが目立ち
ますが、各企業が計画を策定したのは、市場環境がまだ暗かった2〜3月です
から、やむなしと言えましょう。
 現在の相場との類似が指摘される2016年も、中国の3月も製造業PMI
が大幅に改善した後、主要国の景気が本格的に回復に向かったのは、7月以降
でした。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■

 ★10連休にまとめ読みして、バリュー&ファンダメンタルズの
   マスターピースに学ぼう!★

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

 第6号配信中♪


 村田雅志氏による、石川臨太郎"研究"コンテンツ。
 2008年12月より10年間配信されていた石川臨太郎氏の有料メルマガ
509回分全てを分析し、研究いたします。
 それらに掲載された銘柄情報などを中心に、傾向分析や現在評価などを加味
して解説します。


…例えば、

◆(第4号)今後の上場廃止銘柄を15社抽出!◆

 第4号では上場廃止による株価上昇を狙う目線で、研究銘柄を分析。
過去に取り上げられて実際に上場廃止した22社を精査し、今後の上場廃止銘
柄条件を策定。スクリーニングの結果、15銘柄をTOB対象候補として取り
上げております。


◆(第6号)優良銘柄を選び出す条件を抽出!◆

 第6号では研究銘柄を選び出すスクリーニング条件についてチェック。
 優良銘柄を選出できると思われる11条件を整理しています。


 全12回の折り返しに来ました。ぜひご購読下さい。
※いつご購読開始しても、第1号から全ての配信内容をお読みいただけます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8393


===================================


◆コラム「大魔神のアンテナ 海外投資家の買い越しが続いている」


 海外投資家の買い越しが続いている。楽しみですね。

 海外投資家はこの4月初めより、買い越しが3週間続いた。今年は3月末ま
で売り越し姿勢が続いていた。特に現物株を売り続け、約8兆円以上の売り越
し額(昨年からの累計)を積み上げてきた。先物で買い越しになっていた時も
あったが、現物は売り続けていた。
 その半面、売りに対しては、日銀が受け手になっていたようです。無論、個
人投資家も同様です。


 過去の売買動向でも、外国人投資家が買いに回ると個人投資家が売りに回る。
 反対に外国人投資家が売り手になると個人投資家が買っていた。

 さて、どちらが大きく利益を獲得しているかと言えば、毎回外国人投資家が
勝利している。

 今回、4月から外国人投資家の姿勢に変化があり、大きく買い越しに転じ、
この3週間(5月第1週・6227億円。4月第2週・1214億円。4月第
3週・5534億円)で現物株だけでも1兆2000億円以上の買い越し額に
なっており、東京市場にもやっと海外からの資金が舞い戻ってきたようです。

 過去の事例でも、海外勢が3週連続的に買い越しになると、その後の株式市
場は大きく上昇に転じている。経験則的な見方ですが、株式投資の際に、順張
り投資をする投資家と言えば外国人投資家であり、その力で株価を押し上げて
きた経緯がある。
 それに反して、個人投資家・信託銀行などは押し目を買う投資家であり、所
謂逆張り投資になるので、株式を押し上げる力がなく、相場を支えているだけ
です。

 今回も重しになるだろうと見ていた、日経平均の22000円を(テクニカ
ル的にみた節目)あっさり抜け出した力は「外国人投資家」のエネルギーによ
るものと考えられる。
 その意味でも、海外投資家が買い続けるならば、今後も期待できる相場にな
るでしょう。


 さて、今週は10連休を前にして、個人投資家・機関投資家などの手仕舞い
売り・換券売りが続いていると、市場関係者がコメントしていた。
 史上初の10日間もの大型連休なので、その間の不安定要素を考えるならば、
ひとまずポジションを調整したいと考えるところですね。

 しかし、そのような中でも買っていた投資家もいたのです。
 それが、また外国人投資家であった場合には、この10連休が相場を大きく
変化させるきっかけになるのではと見ています。


 お知らせ>5月18日土曜日 YEN蔵&大魔神のセミナーを開催いたしま
 す。
 詳しくは>>twitter @Sdaimajin まで。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第57回「令和直前の投資法」がアップされました。


 第57回「令和直前の投資法」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1556169663
 【YouTube】https://youtu.be/unApPillWI0

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


■ お知らせ ■
■第5号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【4/23第5号レポート配信! 監修の山本潤氏もこの銘柄発掘に感動!】

 今週掲載の銘柄は、高シェアで安定成長している企業をピックアップ!
 業界の見本となるべき存在です。
 もちろん、理論株価算出方法も解説しています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 ※今月中にお申込の方は、上記レポートもお読みいただけます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道が後援している、アイルさんの個人投資家勉強会。
 10年以上の歴史を重ねている、個人投資家による個人投資家のための勉強
会です。

 以下の日程を大募集中です。

 会場代の負担程度の低廉な価格で、気鋭の投資・経営のプロに話を直接聞け
る貴重な機会や、著名な「億り人」個人投資家の話に直接触れられます。
 懇親会で交流もできます。ぜひ奮ってご参加を。


【東京】
5月19日(日)14〜17時
東京1周年記念企画 中長期投資家座談会
(すぽさん、ろくすけさん、アイルさん)
お申込はこちら ⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S16555551/


<特別編>
【名古屋】
5月5日(日)13〜17時
「山本潤氏・皆木和義氏の新刊記念セミナー」
 発売すぐに重版となった人気の新刊、「1%の人が知っている99%勝てる
株が見つかる本」 https://amzn.to/2DKLWWn の発行を記念して、著者である
山本・皆木両氏によるセミナーを東京に続いて名古屋でも開催致します。
お申込はこちら ⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S3053637/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2019/04/25


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/04/25号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:街のコンサルタント)


           ◆コラム「ネット通販」


===================================


■ お知らせ ■


【GW期間中の配信について】

 10連休に伴い、4月27日(土)〜5月6日(月)まで休刊となります。
 連休明け5月7日(火)より配信再開いたします。

 なお、有料メルマガ「グロース銘柄発掘隊」および、
【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】
は、4月30日も配信いたします。

 引き続き、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第57回「令和直前の投資法」がアップされました。


 第57回「令和直前の投資法」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1556169663
 【YouTube】https://youtu.be/unApPillWI0

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「ネット通販」


 最近は本当に便利になりました。どんな商品も探しに出掛けなくてもオンラ
インで探せばほぼ見つかります。


 その中でもAMAZONは確かに安いですし品数も豊富で、色々なサービス
も加わるなどで若い人には便利なサイトになったと思います。が・・・、私の
ようなオジサンには、どうにもしっくりこないんです。
 AIを駆使することと優遇契約により、どの商品も他のオンラインショップ
より幾らかずつでも安くなっていますが、日本人が買い物をしても、その利益
に対する税金の過半が他国に持って行かれてしまうのは心情的に嫌だな・・・
と言うところでしょうか。日本人の消費による税負担なら、その税金も日本国
庫に入って欲しいです(苦笑)

 ビジネスモデルにしても、独占的なプラットフォーマーとして兎に角安くし
さえすれば消費者を取り込める・・・と言うことで、時間とともに、一層力ず
くのビジネスモデルへと変化(進化?)しています。

 消費者はあちらこちらを検索してひたすら安く買いたい。AMAZON経由
で注文を受けた「立場の弱い」日本の中小企業は一生懸命、より早く品物を発
送する。そして販売額に応じてサイトは一定の利益を得て、その利益が低税率
国に溜め込まれる。この繰返しでしょうか。
 何とも味気無く、どちらかと言えば意図的にヤフーショッピングや楽天を使
うようになりました。彼らはちゃんと日本に税金を落としていますし、最近は
頑張っている様子もうかがえます。


 困るのは、一度オンラインショッピングを使うと、定期的にクッキーを取り
除くなどをしない限り、購入したものと同様の商品が画面上に「鬱陶しいほど
!」何度も何度も表示されることです。ついでに、チェックを外しておかない
と、関連のセールスメールが、これまた「吐き気がするほど!」送られてくる
ことです。
 広告競争との気持ちは分かりますが、何せ「ウザイ!」仕組みで、その後の
購入意欲を減退させます(^^;)


 AMAZONのここ数年の収益の大半はAWSによりもたらされています。
 この10年間で同社の株価は約10倍になりましたが、途中から評価される
ビジネスモデルが変わってきたのでしょう。FANGへの評価は依然として高
いと思いますが、予想PERで70倍、80倍と言う時代は昨年で終了したか
も知れませんし。
 NASDAQも随分と上がりましたし。2009年年初の1,632から昨
年8月末まで8,109と、約5倍にもなりましたから、ここから先は博打と
認識して無理をしてはいけないと考えています。


 ZOZOTOWNも昨年は随分と値上がりしました。
 株価は2007年の約100円から、昨年7月の高値4,875円まで約
48倍にもなりました。特に昨年(2018年)は色々な話題も飛び出し、
値上がりも顕著でしたが、年後半の僅か半年間で株価は半分以下になりました。

 ZOZOのサイトは消費者目線でスマートに出来ているし、何処かのアパレ
ルブランドのようにブランドイメージ(高級感?)ばかりを前面に出している
割に商品に高付加価値を感じられず、加えて商品選びが面倒くさかったり、消
費者目線を感じなかったり・・・と言う嫌らしさがありません。売り上げを伸
ばす大事な要素と思います。


 但し、最近は勇み足が見られます。「社長の金銭欲」でしょうか。株価を上
げたいがためにイーロン・マスク的なハッタリばかりが目立つようになりまし
た。

 昨年末には若者向けアパレル販売を全て自社に取り込んでしまおうと企てて?
始めたZOZOARIGATOUですが、粗利10%減と引換えに売上大幅増
を狙ったものの、手前勝手なやり方に反発を受け主力ブランドが抜け始めて計
画が狂いました。
 勿論、アパレルメーカー側も取られっぱなしの間抜けでは無いはずですから、
その辺りの企みを読み取った上での離脱なのでしょう。加えてPBが想定以上
に苦戦し、成長戦略も途絶えていることが響いています。
 どんな事業も、そうそう上手くいくものでは無く、今までは運が良かったの
かも知れません。

 つまり今期以降は多少売り上げが伸びても、粗利率の低下により利益率は確
実に下がるはずですから高い利益成長は望めず、高PERは終焉すると考えて
います。
 派手好きな前澤社長に対する評判は様々ですが、彼はアイデアマンではある
ものの今までが上手く行き過ぎたと解釈すべきでしょう。

 昨年10月に時価総額約1兆円(株価で3,000円くらい)は高いと書き
ましたが、東洋経済による今期EPS予想70円をベースにして、理論株価
1,000円台半ばを想定しています。
 直近では連休中の逆日歩への警戒でショートカバーが入ったため上昇したと
言われていますが、それが実態なら今後も下落トレンドが続く可能性が高いで
す。連休明け後の値動きにも、また今後の利益率の変化にも注意が必要と思い
ます。


 景気のトレンドは新興市場(成長企業)の株価評価に強く影響します。
 連休明け以降はどうなるか分かりませんが、より控え目な分散投資をすべき
と考えています。


 余談ですが、本日(24日)の日経新聞相場欄「銘柄診断」で昭和電工が取
り上げられていました。
 外資系証券大手が米国の黒鉛電極メーカーの投資判断を「売り」に変更した
ことで国内カーボン各社も連鎖して下げたと書いてありましたが、カーボン系
銘柄に大量の空売りを仕掛けている外資大手の動きですから、何とも意図的
(怪しい)と感じます。
 勿論、この銘柄群は株主還元意欲に乏しい古い経営思想によっても売られて
いると考えられますが、発行済み株数の2割以上も空売りすると言うのも尋常
ではありませんから、自己ポジションで利益を出すために力ずくで株価操作を
しているように見えます。

 国内の電極メーカーも米国メーカーも中国製品との差別化を明確にしており、
2021年までの業績は強気の見通しですが、それに反して外資大手は昨年秋
頃から大挙して空売りを増やすと共にネガティブニュースを流し続けています。
 カーボン各社とも受注状況を元に業績予想を出しているはずですから、特定
のアナリストの予想ばかりが食い違うという事にも違和感があります。大量借
株による売り崩しなどは彼らの常套手段で、一般投資家には対抗手段がありま
せんから注意が必要です。


 これに限らず、外資大手が「買い推奨」すると空売りが増え天井を付け、
「売り推奨」すると買い戻しが増えるという傾向も散見されます。
 国内株式市場は相場操縦のような仕手的な動きが多く、「国内投資家なら相
場操縦」と見なされる怪しい取引も多々ありますので、その辺りにも十分にご
注意いただければと。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■

 ★10連休にまとめ読みして、バリュー&ファンダメンタルズの
   マスターピースに学ぼう!★

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

 第6号配信中♪


 村田雅志氏による、石川臨太郎"研究"コンテンツ。
 2008年12月より10年間配信されていた石川臨太郎氏の有料メルマガ
509回分全てを分析し、研究いたします。
 それらに掲載された銘柄情報などを中心に、傾向分析や現在評価などを加味
して解説します。


…例えば、

◆(第4号)今後の上場廃止銘柄を15社抽出!◆

 第4号では上場廃止による株価上昇を狙う目線で、研究銘柄を分析。
過去に取り上げられて実際に上場廃止した22社を精査し、今後の上場廃止銘
柄条件を策定。スクリーニングの結果、15銘柄をTOB対象候補として取り
上げております。


◆(第6号)優良銘柄を選び出す条件を抽出!◆

 第6号では研究銘柄を選び出すスクリーニング条件についてチェック。
 優良銘柄を選出できると思われる11条件を整理しています。


 ぜひご購読下さい。

村田氏の思いはこちらをお読み下さい
  ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303

======


●第6号(4/23配信)より

 後ほど、「2)選んだ理由の箇条書き」を整理するとわかることですが、研
究銘柄を選び出す理由の多くは、いくつかの基準に基づいて優良とされるもの
を選び出す方法(いわゆるスクリーニング)です。このため、研究銘柄を選び
出すためのルール(のようなもの)がわかってしまえば、石川さんでなくても
誰もが研究銘柄を選び出すことができますし…(中略)

 箇条書きは、銘柄にもよりますが、少なくとも3つの理由が示され、多いと
理由が9つくらいまで増えます。ただ、メルマガを確認すると、記載されてい
る理由は、概ね次のように整理することができます。
(後略)


第1号目次
 ■有料メルマガで取り上げられた企業数
 ■メルマガで一番取り上げられた企業は?
 ■3回以上取り上げられた企業をすべて紹介

第2号目次
 ■石川さんは化学好き?〜研究銘柄を業種別にみる
 ■石川さんは意外と大企業嗜好?〜研究銘柄を市場別にみる
 ■石川さんは中型が好き?〜研究銘柄を時価総額別にみる

第3号目次
 ■生涯パートナーの絶対条件!〜研究銘柄を自己資本比率で整理する
 ■赤字企業は嫌い!〜研究銘柄をROEで整理する

第4号目次
 ■低利益率でも大丈夫?〜研究銘柄を営業利益率で整理する
 ■上場廃止銘柄を確認する

第5号目次
 ■まずは確認〜メルマガの構成
 ■研究銘柄の語り方
 ■創業時期などの沿革、事業の紹介
 ■株価や業績の変化

第6号目次
 ■研究銘柄の語り方
 ■「研究銘柄に選んだ理由」の構成
 ■常に現状をチェック〜研究銘柄として選んだ銘柄の最近の動向
 ■株価下落リスクを可能な限り避ける試み〜選んだ理由の箇条書き


=====

●申込要項

 これは3ヶ月限定の企画です。
 いつ購読開始しても、全てのコンテンツをお読みいただけます。

購読料:全12回(3ヶ月) 9,720円(税込)
配信日:毎週火曜日 3月19日〜6月4日の12回

 ご購読開始日以前の既配信分は、入金後にまとめて配信させていただきます。
 例)4月26日ご入金の場合、3月19日〜4月23日の既配信分をお送り
 致します。


 お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4


===================================


■ お知らせ ■

■第5号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【4/23第5号レポート配信! 監修の山本潤氏もこの銘柄発掘に感動!】

 今週掲載の銘柄は、高シェアで安定成長している企業をピックアップ!
 業界の見本となるべき存在です。
 もちろん、理論株価算出方法も解説しています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。


 ※今週お申込の方は、上記レポートもお読みいただけます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆小屋洋一氏よりお知らせ「特別セミナー第二弾のご案内」


「儲かっているビジネスオーナーが知っておきたい5つの節税、運用手法」

 こんにちは、マネーライフプランニングの小屋です。

 今回は弊社マネーライフプランニングが主催する特別セミナー第二弾のご案内
です。
 今回のテーマは、儲かっている法人オーナーが知って得するお金の話につい
てです。

●同じ売上でより多くのお金を手元に残す

「せっかく稼いだお金の大半が税金で持って行かれて最終的には大きく目減り
 してしまう・・・」

「頑張って稼いだのに思ったよりも手元にお金が残らない・・・」

「お陰様で会社にお金は貯まっているけど、これを外に出す時は大半税金で持っ
 ていかれると聞いた」

というような法人オーナーの不満の声は多くの人が共感するところではないで
しょうか?

 弊社のお客様にも法人オーナーの方は多いのですが、その法人をフル活用し
合法的に可能な限り手元にお金を残すことが出来ている人は限られているよう
に思います。

 実際に私達のところへ来る相談でも、

「事前にもっと対策していれば数百万円〜数千万円単位で手元に残るお金が違
 うのに」

と思う相談例は枚挙にいとまがありません。

 儲かっている法人オーナー様はご自身のビジネスのことはよく知っていて、
とてもお金を稼ぐ能力は高いけれど、その稼いだお金を上手に手元に残してい
く方策についてはあまり知らない場合が多いでしょう。


●法人オーナーだからこそ出来る節税策

 今回のセミナーでは、法人オーナーの節税策に詳しい税理士の先生と法人オ
ーナー向けにファイナンス面で様々なアドバイスをこれまで行なってきた弊社
マネーライフプランニングが、
”合法的で効果の高い法人向け節税方法”や
”法人と個人をトータルで考えて手元に多くのお金を残す有利な方策”、
”儲かっている法人オーナーが世代を超えて資産を維持していく方策”
などについてお話しします。

 具体的に今回のセミナーに参加すると有益な人は
 ・毎期利益が出て、その分税金も沢山払っている法人オーナー
 ・法人から自分へ給料を沢山出している法人オーナー
 ・保険に個人で入っている法人オーナー
 ・資産運用(投資)を個人で行なっている法人オーナー
 ・不動産を個人で持っている法人オーナー
 ・今契約している顧問税理士さん以外の専門家からのアドバイスが欲しい
  法人オーナー
が聞くと得すると思います。

お申し込みはこちら↓
https://forms.gle/qkp82sJyyB6iRgPEA


 他にも、これから法人を設立しようと思っている人や既に資産がある人、
その資産を長期で維持管理し子子孫孫と引き継いでいこうと考えている人にも
有益なセミナーだと思います。

 今回のセミナーはGW10連休の真っ只中に行いますが、法人オーナーの方
はこの期間のご自身の会社の売上が気になっているのではないでしょうか?

 世間が休んでいる時にこそ何か将来へ繋がる活動をする機会と考えている
法人オーナーも多いと思います。

 是非、今回のセミナーを将来へ繋がる投資と位置づけご参加下さい。


以下、セミナー詳細
【儲かっているビジネスオーナーの知っておきたい5つの節税、運用手法】

【日時】2019年4月30日(火・祝)
    13時30分−15時30分

【場所】:銀座ラーニングセンター
 中央区銀座3−14−13 第一厚生館ビル5F

【定員】:25名

【参加費】:2000円

お申し込みはこちら↓
https://forms.gle/qkp82sJyyB6iRgPEA


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2019/04/24


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/04/24

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:式町みどり)


   ◆コラム「為替市場動向〜重要イベントも続く10連休〜」
   ◆小屋洋一氏よりお知らせ「特別セミナー第二弾のご案内」


===================================


■ お知らせ ■


★病気に負けるな石川臨太郎! 石川臨太郎応援企画 第6号配信中♪★
 ※いつ購読開始しても、全てのコンテンツをお読みいただけます


 第6号配信中! 村田雅志氏による、石川臨太郎研究コンテンツ。

【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】

 2008年12月より10年間配信されていた有料メルマガ509回分全て
を分析し、研究いたします。

 石川臨太郎有料メルマガは、毎週1回配信され、毎回1銘柄を深掘り調査分
析する「研究銘柄」と、投資に役立つテクニックや精神論、気になる銘柄をチ
ェックする「コラム」の主に2つの内容で構成されています。

 今回の有料配信では、それらに掲載された銘柄情報を中心に、傾向分析や現
在の評価などを加味して解説します。


執筆者村田氏の思いはこちらをお読み下さい
  ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303

======


●第6号(4/23配信)より

 後ほど、「2)選んだ理由の箇条書き」を整理するとわかることですが、研
究銘柄を選び出す理由の多くは、いくつかの基準に基づいて優良とされるもの
を選び出す方法(いわゆるスクリーニング)です。このため、研究銘柄を選び
出すためのルール(のようなもの)がわかってしまえば、石川さんでなくても
誰もが研究銘柄を選び出すことができますし…(中略)

 箇条書きは、銘柄にもよりますが、少なくとも3つの理由が示され、多いと
理由が9つくらいまで増えます。ただ、メルマガを確認すると、記載されてい
る理由は、概ね次のように整理することができます。
(後略)


第1号目次
 ■有料メルマガで取り上げられた企業数
 ■メルマガで一番取り上げられた企業は?
 ■3回以上取り上げられた企業をすべて紹介

第2号目次
 ■石川さんは化学好き?〜研究銘柄を業種別にみる
 ■石川さんは意外と大企業嗜好?〜研究銘柄を市場別にみる
 ■石川さんは中型が好き?〜研究銘柄を時価総額別にみる

第3号目次
 ■生涯パートナーの絶対条件!〜研究銘柄を自己資本比率で整理する
 ■赤字企業は嫌い!〜研究銘柄をROEで整理する

第4号目次
 ■低利益率でも大丈夫?〜研究銘柄を営業利益率で整理する
 ■上場廃止銘柄を確認する

第5号目次
 ■まずは確認〜メルマガの構成
 ■研究銘柄の語り方
 ■創業時期などの沿革、事業の紹介
 ■株価や業績の変化

第6号目次
 ■研究銘柄の語り方
 ■「研究銘柄に選んだ理由」の構成
 ■常に現状をチェック〜研究銘柄として選んだ銘柄の最近の動向
 ■株価下落リスクを可能な限り避ける試み〜選んだ理由の箇条書き


=====

●申込要項

 これは3ヶ月限定の企画です。
 いつ購読開始しても、全てのコンテンツをお読みいただけます。

購読料:全12回(3ヶ月) 9,720円(税込)
配信日:3月19日より毎週火曜日
    3月19日〜6月4日の12回

 ご購読開始日以前の既配信分は、入金後にまとめて配信させていただきます。
 例)4月24日ご入金の場合、3月19日〜4月23日の既配信分をお送り
   致します。


 お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4


===================================


◆コラム「為替市場動向〜重要イベントも続く10連休〜」


 中国の予想以上に良い経済指標を受けてリスクオンも見られるマーケットで
すが、欧米は先週末にイースター休暇。続いて、今週末からは日本の10連休
と、何かと方向感が出にくい相場です。
 日本のGW10連休中には、米国ではFOMC、4月の雇用統計発表といっ
た波乱の可能性があるイベントが控え、ポジション調整中心の様子見気分が強
い展開です。

 今年の年末年始、特に正月にドル円相場が、瞬間的に大きく円高に振れた経
緯から、前代未聞の10連休中の市場リスクオフによる円高リスクが警戒する
声も聞こえます。


 10連休中の市場に波乱のインパクトを与える可能性大と思われる重要イベ
ントのスケジュールを以下に挙げてみます。

 1)4月26日(金)米国 2019年1〜3月期のGDP速報値
 2)4月30日(火)〜5月1日(水)の5月FOMC
 3)5月1日(水)米国 4月のISM製造業指数
 4)5月3日(金)米国 雇用統計

 1)3)4)の経済指標は、予想から大きくかい離していなければ、反応は
限定的と推測します。

 2)の5月FOMCの注目点は、

 ◎金融政策変更の有無
 ⇒19年予想されていた追加利上げ構想は3月FOMCで無しに変更され、
  米中貿易戦争による中国経済減速リスクも緩和された昨今。当面は、経済
  状況を辛抱強く様子を見る、ということで、金利は据え置きの予想が中心。

 ◎FRBのバランスシート縮小停止を受けて、再投資対象の国債の期限は?
 ⇒短期債中心となれば、短期金利低下が予想され、実際の利下げに代わる効
  果になる可能性あり。

 ◎インフレ目標について
 ⇒FRBの政策目標は、物価安定と完全雇用の達成ですが、そのうち物価目
  標の指標を、物価上昇率(現在2%)から「平均インフレ目標値」の導入
  が検討されていると伝わります。これにより、より柔軟な政策運営が期待
  されると言われます。毎年1月に基本方針が見直されることから、来年の
  年初の会合での枠組み検討では、この物価目標が見直されるのではと一部
  で指摘されています。
  中長期の平均値を目標にしていくので、景気後退期には目標を下回りがち
  の一方、回復期には目標値を上回る上昇率を容認。金融緩和をより長い期
  間で継続するだろうという期待感に繋がるとも言われます。

 来年の米国は、大統領選挙。それに向けて、高まる現政権からの利下げプレ
ッシャーも想定され、今後注目ますます利下げに関する諸々が注目されそうで
す。
 5月1日のFOMCでは、現在のインフレ状況に関する当局の見方が示され
れば、今後へのヒントになると思われます。


 4月中の主要通貨の対米ドル為替相場パフォーマンスは、円が0.93%の
円安ドル高、ユーロが0.26%ユーロ高ドル安、英ポンドは0.32%ポン
ド安ドル高。
 オセアニア通貨は、豪ドルが0.5%対ドルで上昇した一方、ニュージーラ
ンド・ドルは1.87%安米ドル高。ドルの相対的強弱を示すドル指数は小幅
ながら、4月はドル高で推移してきました。


 BREXITの期日が延期された英ポンドは、合意なき離脱リスクが、当面
は後退したものの、1.30割れという冴えない反応です。延期が決定し、材
料切れ、上下試した疲労感でしょうか。ここでも、様子見ムードが漂います。


 10連休を迎えるドル円相場は、4月に入り、年初来の高値を更新。112
円台をつける場面もありました。ただ、その後は伸び悩みを見せ、連休中のリ
スクを懸念して取引が控えられています。


 上記に、幾つかの連休中の重要イベントを挙げましたが、マーケットは思っ
てもみない突発的な事象で大きく動きますので、取引が限定される連休中、十
分注意して臨むのが無難ではあるでしょう。
 とはいえ、逆にいつもにないチャンスに遭遇することもあるかもしれません。
 相場の動きを横目でウォッチしておく必要もあるかと思います。


 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 連休&和暦変わり、良い時を過ごしましょう!


※4月23日東京時間午後4時執筆(事情により、一日早い執筆をご了承くだ
 さい)
 本号の情報は4月23日欧州市場始値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆小屋洋一氏よりお知らせ「特別セミナー第二弾のご案内」


「儲かっているビジネスオーナーが知っておきたい5つの節税、運用手法」

 こんにちは、マネーライフプランニングの小屋です。

 今回は弊社マネーライフプランニングが主催する特別セミナー第二弾のご案内
です。
 今回のテーマは、儲かっている法人オーナーが知って得するお金の話につい
てです。

●同じ売上でより多くのお金を手元に残す

「せっかく稼いだお金の大半が税金で持って行かれて最終的には大きく目減り
 してしまう・・・」

「頑張って稼いだのに思ったよりも手元にお金が残らない・・・」

「お陰様で会社にお金は貯まっているけど、これを外に出す時は大半税金で持っ
 ていかれると聞いた」

というような法人オーナーの不満の声は多くの人が共感するところではないで
しょうか?

 弊社のお客様にも法人オーナーの方は多いのですが、その法人をフル活用し
合法的に可能な限り手元にお金を残すことが出来ている人は限られているよう
に思います。

 実際に私達のところへ来る相談でも、

「事前にもっと対策していれば数百万円〜数千万円単位で手元に残るお金が違
 うのに」

と思う相談例は枚挙にいとまがありません。

 儲かっている法人オーナー様はご自身のビジネスのことはよく知っていて、
とてもお金を稼ぐ能力は高いけれど、その稼いだお金を上手に手元に残してい
く方策についてはあまり知らない場合が多いでしょう。


●法人オーナーだからこそ出来る節税策

 今回のセミナーでは、法人オーナーの節税策に詳しい税理士の先生と法人オ
ーナー向けにファイナンス面で様々なアドバイスをこれまで行なってきた弊社
マネーライフプランニングが、
”合法的で効果の高い法人向け節税方法”や
”法人と個人をトータルで考えて手元に多くのお金を残す有利な方策”、
”儲かっている法人オーナーが世代を超えて資産を維持していく方策”
などについてお話しします。

 具体的に今回のセミナーに参加すると有益な人は
 ・毎期利益が出て、その分税金も沢山払っている法人オーナー
 ・法人から自分へ給料を沢山出している法人オーナー
 ・保険に個人で入っている法人オーナー
 ・資産運用(投資)を個人で行なっている法人オーナー
 ・不動産を個人で持っている法人オーナー
 ・今契約している顧問税理士さん以外の専門家からのアドバイスが欲しい
  法人オーナー
が聞くと得すると思います。

お申し込みはこちら↓
https://forms.gle/qkp82sJyyB6iRgPEA


 他にも、これから法人を設立しようと思っている人や既に資産がある人、
その資産を長期で維持管理し子子孫孫と引き継いでいこうと考えている人にも
有益なセミナーだと思います。

 今回のセミナーはGW10連休の真っ只中に行いますが、法人オーナーの方
はこの期間のご自身の会社の売上が気になっているのではないでしょうか?

 世間が休んでいる時にこそ何か将来へ繋がる活動をする機会と考えている
法人オーナーも多いと思います。

 是非、今回のセミナーを将来へ繋がる投資と位置づけご参加下さい。


以下、セミナー詳細
【儲かっているビジネスオーナーの知っておきたい5つの節税、運用手法】

【日時】2019年4月30日(火・祝)
    13時30分ー15時30分

【場所】:銀座ラーニングセンター
 中央区銀座3−14−13 第一厚生館ビル5F

【定員】:25名

【参加費】:2000円

お申し込みはこちら↓
https://forms.gle/qkp82sJyyB6iRgPEA


===================================


■ お知らせ ■


■第5号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【4/23第5号レポート配信!】

 今週掲載の銘柄は、高シェアで安定成長している企業をピックアップ!
 業界の見本となるべき存在です。
 もちろん、理論株価算出方法も解説しています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、第5号レポートをお読みいただけます。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第238号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第238号
が好評配信中です。


【10連休を前にした投資作戦や銘柄情報満載!!】


【4/22 第238号では】


■相場の視点
■赤字6銘柄のフォローコメント
■2019年2−4月IPO銘柄チェック
■個別注目銘柄の株価動向
■そろそろ注目したいクロスフォー(7810)時価290円
■1700円台で推移するズーム(6694)は仕込みのチャンス?!


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:外国為替



JUGEMテーマ:FX




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガ特別版!
現在闘病中の火曜日執筆者、石川臨太郎氏の有料メルマガです。 現在特別版を1ヶ月分販売中! 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM