億の近道2020/01/22


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/01/22

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:小屋洋一)


      ◆コラム「資産運用を行う前に利用する3つの箱」


===================================


■ お知らせ ■


■第43号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第43号レポート配信中!!】


 今週は、業界の将来を占うビジネスを推進する企業を掲載。
 業界のリーディングカンパニーとなるべく、日本発の世界視野企業としてセ
グメントごとの背景を確認しながら、業績予想と理論株価を算出しています。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「資産運用を行う前に利用する3つの箱」


 昨年年末から、経営者向けに

「資産運用をどのように考えたら効率的なのか?」

というコンテンツを制作しております。


 コンテンツを制作していく中で、資産運用にたどり着く前に

・法人、個人間で税率をしっかりと考えた役員報酬の設定になっているか?
・法人でしっかりと節税になるような取り組みをしているか?
・個人でもできる範囲で節税になる取り組みをしているか?

というような税務的な取り組みが、当たり前ですが不確実性の高い資産運用に
取り組む前に、確実に収益率を上げる手段として優先運意を上げて取り組んで
おく必要があるものです。


 特に、個人の資産運用に取り組む前に

1.個人型確定拠出年金
2.(経営者、自営業者)小規模企業共済
3.NISA

の3つの税制優遇制度はしっかりと理解して活用していくことが、資産運用の
効率性を高めることになります。

 特に個人型確定拠出年金は、所得控除という税制優遇がはっきりとしている
にもかかわらず、面倒なのかあまり活用をしていない個人の方も多いように見
受けられます。


 例えば、所得税率が20%、住民税率が10%の個人が個人型確定拠出年金
を利用すれば、それだけで掛け金の30%が節税できる(確定利益となる)の
で、運用効果よりもずっと確実で効果が高いという事が言えます。


 2020年は、みなさん、ぜひ個人型確定拠出年金に加入しているかどうか
を確認してみては如何でしょうか?


 運用先は、投資信託になりますが、この場合には長期で非課税である特徴を
生かすようであれば海外株のみのポジションで問題ないと思います。


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

https://03auto.biz/clk/archives/ahwxrr.html

具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(1月はあと先着1名様のみ受付可能です)
https://03auto.biz/clk/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第276号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第276号
が好評配信中です。


【1/20配信億の近道の内容にプラスアルファ情報を加えて掲載!】

【1/20 第276号では】

■炎が読み解く相場の視点
■オクチカ掲載内容+補足コメント
■有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:資産運用




億の近道2020/01/21


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/01/21

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:石川臨太郎)


    ◆コラム「有料メルマガライブラリから(323)」
    ◆過去コラム「過去連載:ぬくぬくホッコリ株日記 第16回」


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第276号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第276号
が好評配信中です。


【1/20配信億の近道の内容にプラスアルファ情報を加えて掲載!】

【1/20 第276号では】

■炎が読み解く相場の視点
■オクチカ掲載内容+補足コメント
■有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(323)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「厳しい下げ相場に動揺しないで投資を継続するために」=
 (有料メルマガ第365回・2016/1/26配信号)

※注 2016年1月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 私がやむをえない理由でサラリーマンを辞めたのがちょうど10年前の20
06年1月末でした。株式投資で大きく利益を得たのでサラリーマンを辞めた
わけではないのですが、私がサラリーマンを辞めた時期の前も、日本株は絶好
調で上げており、投資資産は大きく増えていました。

 そのためにサラリーマンを辞めて専業投資家として生きる道を選んだ投資仲
間もたくさんいました。

 しかしライブドアのホリエモンショックなどで株式市場は荒れて、その後2
007年7月にまた高値をつけた日本株もパリバファンドのショックがあり、
2007年9月末頃まで暴落してから10月初旬に戻り高値を付けたようなこ
とがありました。


 月給という毎月入ってくる安定収入を失っていたので、サラリーマン時代よ
り慎重に、臆病な株式投資に切り変えていたので、リスクを果敢に取って投資
する投資仲間のように利益を大きく上げることが出来なくなっていました。そ
して2008年にはリーマンショックが襲ってきました。更に2011年3月
には東日本大震災が襲ってきました。

 このように投資家マインドをリスクオフに大きく傾ける投資リスクが襲い掛
かってきたときは、業績も資産価値も株価下落の歯止めにならず、株価は大き
く下落することが起こってきます。


 このような時には株式投資など相場商品から得られる利益を生活原資として
あてにしていると、むしろマイナスとなり減っていく投資資金の重圧で、正常
な投資判断ができなくなる人も多いと思います。

 その点で、サラリーマンのように安定した月給がある人や、副業で賃貸不動
産事業を行って、安定した家賃収入を確保している人は、株式投資やFXトレ
ードを主体とした専業投資家よりは冷静に事態を把握して、投資判断を行うこ
とが出来る可能性が高くなります。

 株式投資などが好調な時には、このような投資環境が好調な時にこそ、投資
環境が悪化した時に自分を守り支える安定収入を得る手段も構築していくべき
だというアドバイスは、聞いてもらえることが少なかったです。


 しかし、投資環境が良かったときに安定収入を得る方法を作ってきた投資家
は、このような投資環境が悲観に傾きすぎた時にも、割安な企業の株を、従来
よりも割安なバーゲン価格で確保して、その後にやってくる相場のリバウンド
時期や上昇期に、大きく利益を獲得することができる可能性が高まっていくと
考えています。

 自分の経験で考えると、このような時は、PERの低さよりも、資産価値の
割安さに重点を置いた投資対象をポートフォリオに増やして、守りの投資戦略
を実行したほうが資産の減少を抑えることができると考えています。

 私が継続的に株価をウォッチしている300株くらいの銘柄も、業種や業績
や資産価値に関係なく、大きく下落している株が多いです。

 このような時には500円程度の投資単元が100株で投資金額が5000
0円以下で時間を変えた分散買いのできる配当優待銘柄や配当利回りが2%を
超える銘柄を投資対象として選び、株価が下がるごとに同じ投資単元を買い下
がっていく方法も、良い投資戦略ではないかと考えています。

【中略】

 一番良い安定収入の手段は60歳をすぎないと実現しない安定収入確保の手
段ですが、年金だと痛感しています。もしまだ60歳前で私設年金などを積み
増せる状況であれば、私設年金の拡充を検討して見ることをお勧めします。

 公的年金のうち国民年金は、調べてみると年金額を増やす方法がいくつかあ
ります。毎月の積立額を増やす付加年金という方法や、国民年金基金に加入す
る方法もあります。

 付加年金とはこれは、年金保険料を毎月400円だけ上乗せして支払うこと
で、支給される年金額がアップするというしくみです。どのくらいアップする
かというと、『200円×付加保険料を納付した月数』分がプラスされます。

 たとえば、10年間、付加年金を利用した場合、400円×12か月×10
年間=4万8000円余分に保険料を支払うことになりますが、その結果、2
00円×120か月=2万4000円の支給額アップになります。

 アップした額がずっと支給され続けるのですから、2年受け取ればもとがと
れる計算です。

 すでに専業投資家になっているかたにも使える手段です。

 サラリーマンにも個人事業者にも、私設年金など調べれば年金を増やす手段
はありますから、調べてみることをお勧めします。


 このようにほとんどの企業の株が下落していくときは、株価に投資するとい
うことではなく、『企業に投資する、企業のビジネスに投資する、企業の持つ
資産に投資する』ということを平常のときより強く意識した上で投資する企業
を選ぶ方が安心できると考えています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
  杉村倉庫(9307)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
  コラムでは日本フイルコン(5942)、日本フエルト(3512)、
  石井鐵工所(6362)ほか計6銘柄について言及しています。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)
  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20160126


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


◆過去コラム「ぬくぬくホッコリ株日記 第16回」


※編集部注:
 このコンテンツは、2007年4月から石川臨太郎氏が億の近道に連載した
 コラムです。当時の雰囲気をお楽しみ下さい。


■連載「ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい(16)」


 2007年もあっという間に半年が過ぎてしまいました。今年も日本の株式
市場は内憂外患にふりまわされて、世界中の国の株が元気よく上昇する中にあ
って、一人蚊帳の外状態に陥っていました。

 少し上がると、やれ上海市場が暴落する。アメリカでサブプライムローンの
問題でヘッジファンドが大損して、アメリカ発で金融市場にシステマティック
リスクが発生する・・・。そして日本の政治も安倍政権が年金問題や閣僚のゴ
タゴタで、ダッチロール現象をひきおこし、今にも墜落しそうな状況です。参
議院選挙は自民党がボロ負けすると、ほとんどの人が考えていると思います。

 しかし、円の為替相場にも株式市場にも現れている最近の一弱状態も、基本
的には心配性で日本国を見限った日本人による円売り外貨買い、日本株売りの
結果だと感じます。

 心配している人それぞれの、心配の対象が違うから、心配される国の通貨や
債券や株を買うために、日本人の懐からもお金が漏れ出して、心配された国の
株が更に上がるという、面白い現象が起こります^^;

 もちろん日本人が買っているだけではないでしょうし、世界中の人が買って
いるのでしょうから、ちょっぴり安心しています。

 安定した政治が望めない国に対する外人投資家の失望から、選挙前には日本
の株が安くなる。そんな話を良く聞きます。日本の政治の貧しさは、政治家の
せいばかりではなく投票者である国民の責任が重いという自覚を持って、投票
をしようと思っています。

でも誰に投票したらいいの?

どの政党に投票したらいいの?

ということで、自民党に代わって政権をまかせられる代替がないことに、迷い
は深まるばかりです。

 自分の生活は自分で守る。そんなことで実行している株式投資については、
年前半の投資結果を検討し、見直して、年後半に臨もうと考えて、もう一度ポ
ートフォリオの銘柄のチェックを行なってシコシコ刈り込みをやっています。

 そのために一番役に立ったのが、(株)投資レーダーの月足チャート集でし
た。特に東証第一部銘柄分には過去6年から8年間の業績の推移がわかるよう
になって、成長株かどうかの見極めが、それだけで振り分けることが出来まし
た。

 業績が右肩上がりで連続して上がっていても、人気化し、人気がはげて下落
する様子が良くわかります。株式投資をするならば成長する企業に投資して、
自分の資産も企業とともに大きく育って欲しい。そんな思いで株式投資をする
ならば、そして良い投資対象を選ぶなら、業績と株価の推移が一緒にチェック
できる月足チャート集を利用することをお薦めします^^;


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


※2007年7月17日掲載。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


■第43号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第43号レポート本日配信!!】


 今週は、業界の将来を占うビジネスを推進する企業を掲載。
 業界のリーディングカンパニーとなるべく、日本発の世界視野企業としてセ
グメントごとの背景を確認しながら、業績予想と理論株価を算出しています。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資




億の近道2020/01/20


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/01/20

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
    (本日の担当:炎のファンドマネージャ&相川伸夫)


 ◆コラム「多忙な年始の中で」:炎
 ◆シリーズ「有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ」:炎
 ◆コラム「相川伸夫のこれまでの振り返りと投資戦略」:相川伸夫
 ◆コラム「多忙な年始の中で その2」:炎


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第276号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第276号
が本日配信です。


【本日億の近道の内容にプラスアルファ情報を加えて掲載!】

【1/20 第276号では】

■炎が読み解く相場の視点
■オクチカ掲載内容+補足コメント
■有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「多忙な年始の中で」


 今年は始まったばかりとは言え、株式相場が波乱の幕開けということもあっ
て公私ともに何かと多忙になってきた。

 億の近道活動も今年で21年目を迎えることになるが、皆様とともにこうし
て活動できますことを心より感謝申し上げたい。


 さて、皆様に提供している情報をより良いものとするためにはインプット作
業は欠かせません。年末から年始はややインプット活動が停滞致しますのでア
ウトプットも中身に乏しいものとなってしまいがちですが、先週はインプット
活動を進めながら株式投資に有益な情報探しに努めてきた。

 この間、YOUTUBEでも炎チャンネルにて年末の25日から数えて3回
のコンテンツを配信させて頂いた。登録数は徐々に増えてはいるが、まだまだ
少なくこれからも関心をもって頂ければ幸いだ。
 https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

 目標は1000件突破!!


 年初を改めて振り返れば大発会は波乱の幕開け。日経平均は一時500円以
上の下落を見たが2日目は反転上昇。しかしながら3日目はイランと米国の緊
張状態が高まり再び急落。日経平均は2万3000円割れを演じたが、悠然と
上げ続けるNYダウにリードされてその後の日経平均は上昇し2万4041円
で先週末は終わった。
 こうした波乱の始まりからの希望の1週間となり皆様のお正月の投資生活も
徐々に前向きなものとなってきたものと拝察できる。


 成人の日となった13日はコト消費の典型的な現場を見ようと知人とともに
明治座を訪れ、座長となって大活躍の演歌歌手、三山ひろしのお芝居や歌謡シ
ョーなどを堪能。足を運んだファンの皆さんの熱気に圧倒された4時間近くが
あっと言う間に過ぎてしまった。

 コト消費と言えば、リンクバル(6046)だが、株価はなかなか上がらな
い。それでも株価の位置を考えるとここから大きく値下がりするというよりは
上に向かう期待の方が大きく、しばしの辛抱を経ての三山ひろしの舞台のよう
に空中を飛ぶ活躍を見たいと思っている。


 3連休明けの先週14日は筆者の誕生日でもあり、神楽坂近くにあるこれか
らの成長が期待されるベンチャー企業への訪問、打ち合わせ後にある知人に小
さな祝宴を開催して頂いた。
 学生の街、早稲田にほど近い韓国料理のお店での誕生会はとても思い出に残
る楽しい会となった。この場をお借りして御礼申し上げたい。

 今年もますます日韓の軋轢が続く中で、もやもやとした不透明要因が株式市
場に小さな棘のように存在しているが、おいしい韓国料理を食べるとそんなこ
とはもうどうでも良いという気分になってしまう。


 15日はうっかりして午前中に予定していたERIホールディングス(60
83・時価764円・時価総額60億円)のプレゼン出席を忘れていて、残念
ながら皆様に詳細内容の報告はできないのですが、建物の建築検査ビジネスで
最有力の企業で省エネ判定業務などの成長分野を背景にこれから注目される企
業と言える。
 今5月期の決算は先行費用がかさみ増収減益となるが株価の下落と30円配
当の実施で配当利回りが3.9%を超えている。決算期を迎える5月に向けて
はリターンを得るチャンスありと見る。
 同社はBIM(3Dデータ)関連でもあり、これまで安定した配当を実施し
てきたと言う実績もあり株価の低迷期にこそ投資するチャンスがあると考える。


 この日は炎チャンネルの収録日でもあり、夕刻からの収録には株式同好会に
入っておられる有力投資家の皆さんにも立ち会って頂き、終わってからの懇親
会では台湾料理に舌鼓。台湾では蔡英文氏の勝利で大いに沸いているがこれと
同様にこのお店も多くのお客さんでとても賑やかだった。

 投資家の共通した話題はテノックス(1905)や日創プロニティ(344
0)などの内需系バリュー株に尽きる(このあたりは私の有料メルマガでも取
り上げたいと考えている)。

 テノックス株はようやく900円台が定着してきたので、この先も楽しみな
状況だが、日創プロニティは直近の安値801円を切りそうな値動きとなって
おり、投資家の皆さんの関心の的となっている。
 「株は安い時に買って、高くなったら売る」こんな単純なことがなかなかで
きない。今期減益見通しがネガティブな評価につながっている状況なので致し
方ないのだが、日創側に確認したところは多少安心できる答えが返ってきた。
(その内容は有料メルマガにて掲載予定)

 岡山の建設コンサルタント、ウエスコHD(6091)で比較的大きくリタ
ーンを上げたある有力投資家は今年はこの日創でいくと豪語していたが果たし
てどのような結果が生まれるだろうか。


(後半に続く)


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第90回「2020高値更新あるか?」がアップされました。


第90回「2020高値更新あるか?」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36233478
 【YouTube】https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

【今回登場企業】リンクバル コンヴァノ タカチホ LibWork


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆シリーズ「有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ」

 第1回 あの若手YOUTUBER KAZUYAに贈るポートフォリオ


 先週の虎ノ門ニュースに出演していたKAZUYA(本名は京本和也)は知
る人ぞ知る人気の若手YOUTUBERである。KAZUYAは、億の近道で
おなじみの相川伸夫にも似た歯に衣着せぬ語り口で日本の政治や文化をずけず
けと切る。印象に残る声なのも聞いていて心地よい。もしかしたら比較的リー
ズナブルだとYOUTUBERの間でも評判のズーム(もうすぐ億の近道のイ
ベントに社長が参加するとの噂がある)の収録機器を使っているのかも知れない。

 1988年3月2日生まれで間もなく32歳を迎えるKAZUYAは北海道
の帯広生まれで今は東京に在住しているとのこと。高卒で就職し半年で会社を
辞めてYOUTUBERになったという異色の存在でYOUTUBERとして
の現在の人気はあるとしてもこの先の生き方には多少の悩みもあるだろう。
 先週の虎ノ門ニュースでは米国株(投信?)に投資をしていると吐露したが、
今得ているYOUTUBERとしての収入を運用している模様だ。


 それならばと、億の近道月曜版では彼を応援する意味で日本株のポートフォ
リオを提案したいと思う。
 日本国を愛する辛口のコメンテーターなら米国株より日本株が良い。今時の
オピニオンリーダーたる若者に日本株に関心をもってもらいたい。そんな思い
から今回は以下のポートフォリオを提案したい。

 同じ日に一緒に出演していた国際政治学者、藤井厳喜先生の言葉では米国の
景気が絶好調だとのこと。これを背景にNYダウは快進撃。高値更新を続けて
おり、間もなくNYダウ3万ドルという時代に突入するとの見方。トランプ大
統領が今秋の再選に向け、大胆な減税政策や財政政策、その予算をもたらすた
めに自ら最高司令官となって米中経済戦争を仕掛け勝利となる部分合意にまで
進んできた中で、3.5%という低失業率を実現させ、GDPの伸びを3%か
ら5%へ高めようとしている。時に波乱はあっても株高トレンドはなおも続く
との見方は揺るぎない。

 戦争仕掛け人とかいうトランプ大統領への批判は日本の旧来のメディアを信
奉する多くの日本国民に誤解を生じさせているように思うが、それが米国株に
比べ日本株の元気の無さにつながってはいるならむしろ出遅れた日本株にも投
資のチャンスがある、小さくともシンクロしていることは否定できないし、ビ
ジネスとして考えると米国市場に力点を置く出遅れ株価低迷銘柄が見直し人気
を集めることに注目すべきだと考える。


 そうした銘柄を含めた割安感のある北海道地盤の銘柄や生活ニーズを踏まえ
た「YOUTUBER KAZUYAに送る株式ポートフォリオを提案したい。

 KAZUYAの年収はどのぐらいかは不明だが、人気のYOUTUBERと
しての収入はきっと多額であるに違いない。本なども書かれていたりメディア
出演などもされているので、これまでの活動で余資は溜まっている筈。
 人気YOUTUBERに200万円のポートフォリオというとやや失礼なの
で今回は2000万円という金額のポートフォリオとして提示し、11月の米
大統領選までの運用成果を見て頂くことにする。
 お金が溜まって1億円程度も大丈夫ということになれば改めてご本人からご
連絡をお願いしたい。なお、KAZUYAには今後、実業家ないし投資家とし
ての活動も期待したい。その一歩となるポートフォリオとなれば幸いだ。


【北海道・帯広生まれの独身?YOUTUBER、KAZUYAに送る中小型
 株ポートフォリオ】


1.炎のFMが厳選した20銘柄から更に絞ったテーマ別の5銘柄でポートフ
  ォリオを構築
2.今回のポートフォリオの運用期間はトランプ大統領再選決定までの約10
  か月間
3.目標利回りは手数料税金控除後、税引配当金込みで20%

選定20銘柄:北海道企業10銘柄/YOUTUBE・米国景気関連14銘柄
/その他6銘柄


⇒テーマ別厳選5銘柄

1)遠い未来だと思っても必ずやってくる老後に備えた北海道銘柄
  光ハイツ・ヴェラス(2137)850円 × 4000株=340万円

2)KAZUYAの故郷、帯広の有力食品スーパー
  ダイイチ(7643) 700円 × 5000株 =350万円

3)米国の景気動向を見据えて蘇る?期待の銘柄
  マクロミル(3978) 1060円 × 4000株=424万円

4)YOUTUBER設備投資関連&米国消費景気向上期待銘柄
  ズーム(6694) 1404円 × 3000株 =421万円

5)婚活ニーズに応える銘柄
  リンクバル(6046)401円 ×10000株 =401万円

株式投資金額 1936万円⇒最大目標2330万円
現金 64万円
税引受取配当金 12.96万円
ポートフォリオ金額合計 2000万円⇒目標金額2407万円


 KAZUYAの幸運と運用成果の向上を祈る!!


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


◆コラム「相川伸夫のこれまでの振り返りと投資戦略」


■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー
 ※1月18日(金)執筆時点

・山王(3441)2016年12月19日配信
 株価560円⇒777円(+39%)
・テノックス(1905)17年2月20日配信
 株価815円⇒902円(+11%)
・特殊電極(3437)17年6月12日配信
 株価2922円⇒5070円(+74%)
・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信
 株価1831円⇒1493円(−18%)
・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信
 株価1577円⇒1335円(−15%)
・パウダーテック(5695)18年2月19日配信
 株価4845円⇒4310円(−11%)
・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信
 株価1970円⇒2795円(+42%)
・アバント(3836)18年6月25日配信
 株価473円⇒1185円(+151%)
・神戸天然物化学(6568)18年8月13日配信
 株価2718円⇒1491円(−45%)
・丸順(3422)18年9月18日配信
 株価826円⇒673円(−19%)
・クロスフォー(7810)18年10月9日配信
 株価421円⇒337円(−20%)
・カンロ(2216)19年11月5日配信
 株価1665円⇒1590円(−5%)


■先月からの変化としては東京エレクトロンデバイスと新報国製鉄に関して盛
り上がってきました。


 皆さんご存知の通り半導体関連の株価が最近上昇しています。
 私が最近情報収集している感じでもやはり半導体の世界はスーパーサイクル
が来ていて、受注も増えているという話を耳にします。
 上記の二銘柄はまさに半導体関連になるので、ここから楽しくなってくるの
ではないかと期待しています。
 また折りを見て取材に赴くつもりでいるのでその時にはまたレポートさせて
頂きます。

※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。
 私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の経
 過観察です。
 執筆から3年程度は継続ウォッチしていきたいと考えていますので、銘柄は
 今後さらに増える見込みです。


■これまでの振り返り


 炎さんにお声掛け頂き、2016年末に初めて億の近道で執筆させて頂いた
時はまだ私は自動車部品メーカーに勤務しており、サラリーマン投資家でした。

 この頃に執筆した銘柄が…
 山王(3441)
 グロームホールディングス(8938)
  ※旧LCホールディングス、現在はフォロー除外
 テノックス(1905)
 特殊電極(3437)
 東北特殊鋼(5484)
 新報国製鉄(5542
 パウダーテック(5695)

の7銘柄です。

 2017年は小型株にとっての地合いも大変良く、億の近道掲載後の株価も
大変堅調で1.5倍〜3倍弱になる銘柄が続出しました。
 2018年の春に会社を辞め、客員アナリストとしてリンクスリサーチで半
ば研修アナリストになりました。

 その客員アナリストの時に取り上げたのが…
 東京エレクトロンデバイス(2760)
 アバント(3836)
 神戸天然物化学(6568)
 丸順(3422)
 クロスフォー(7810)

 現在、掲載時比で株価が絶好調なのはアバントで2.5倍になりました。
 東京エレクトロンデバイスもちょいと時間がかかりましたが、業績にも数字
が表れてきた事で評価され始めてきました。
 東京エレクトロンデバイスの四季報再来期予想もやっと19年3月の私の記
事で算定していた予想数字にやっと追い付いてくれて嬉しい限りです!


 アナリストになってから億の近道でピックアップ銘柄記事をアップするとき
に決めたことは『買いのタイミングかどうかで記事執筆するかは考えない』事
でした。

 それまでは『私の記事を見てもしかしたら株を買うかもしれない』という想
いもあって、当初はエントリータイミングも多少考えて記事執筆していました。

 しかし、同時に思ったのです。

『私はアツイ会社を多くの人が知る前にお知らせしたいのであって、知られ始
めて(株価が上がり始めて)から喧伝したい訳ではない』

 それに、株価が上がるかどうかを私個人の判断で書いたり書かなかったりす
るのは正直おこがましいとも思いました(笑)

 2017年に小型株も上がっていたことも多少影響してか、2018年に取
り上げた銘柄は掲載時よりもまだ株価が低い物も多いです。
 正直悔しい気持ちはあるのですが、裏を返せば掲載時よりも多くの人が安く
買えていることになります。
 これは投資戦略的には最高の投資タイミングが提供できているとも取れるの
で、案外良いような気もしています。

 2019年に正式にリンクスリサーチでアナリストとして活動をするように
なってからは投資をしていくにあたっての知識(株価形成や業績に影響する要
因等)、企業の競合優位性についてを取材していくことでかなりシビアな目線、
それこそアナリストとしての評価が少しはサマになってきたかと自分でも思い
ます(まだまだ投資家的な甘ちゃんな所もぬぐえませんが…)。
 実際の市場での株価形成と企業実態での成長との乖離が大きい事も最近は気
にかかるようになってきました。

 分かってきたのは小型株であるなら思いのほか短期急騰はいい加減な理由で
起こってしまうものであり、そこには株価の動きを中心にした話になってしま
う。
 したがって小型株の株価動意の理由によっては吹き値売りが最善策になるこ
とも多く、長期的にホールドは向かない事が多い。
 しかし、企業成長によって引き起こされる株価上昇は長期にわたって続き、
これはしっかりとホールドすることで利益を伸ばすことが出来る物。

 文章にしてしまうと当たり前の話なのですが、頭で分かっていることと実際
に腹にしっかりと落ちているのでは行動や思考パターンに変化が出てくるもの
です。

 億の近道で執筆を始めてからという物、分析に分析を重ねるごとに株価の日々
の動きに対して鈍感になってきました。

 私はこれを凄く良い事だと思っています。
 数年後の企業価値に対して自信をしっかりと持てる程分析が出来ているから
こその安心感が得られました。

 企業成長に基づいた投資は数年単位でのホールド、株価下落時の買い増しが
必須の投資戦略です。
 このスタイルもかなり板に付いてきたものです♪

 どっしりと構える戦略でピックアップ銘柄が掲載して3年が経つ頃には2倍
以上になっている戦果が気付けたら大変嬉しく思います。


 企業成長をしていく銘柄であればいつ買っても長期で必ず報われます。
 そのためには企業分析が欠かせません。

 今後ともまだまだ発展途上の未熟な身では有りますが、こうして記事を読ん
で頂けている方とともに多くの気付きと学びを得ながら成長していきたいと思
います。


 今年もどうぞよろしくお願いします<m(__)m>



■株の学校【東京第5期】募集開始!
 https://double-growth.com/stockschool_entry_5/

 前回19年の夏に開催した名古屋での株の学校『長期投資家ゼミ』は大好評
で終わりました。
 東京での第5期の株の学校の募集が始まったので告知です。
 今回も私が講師をさせて頂きます
 手前味噌ではありますが、株式投資における長期投資のレベルを大きく上げ
ることが可能であるゼミになっていると思います。
 株式投資は一人でも独学で上達することが出来ます。
 しかし、高い熱量での講義やネットで検索しても出てこない知識やノウハウ、
さらには企業への同行取材という濃縮した経験値を積みたいという方は是非受
講してもらえればと思います。
 私も講師陣の一人として全力で助力致します。
 詳しくは上記URLリンクの『みんなの運用会議』の告知記事をご覧くださ
い。


それではまた。


『全力全開全力前進!!!』


(相川伸夫)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「多忙な年始の中で(その2)」


 福岡に本社を置く日創プロニティと同様にかつてはQボード銘柄だった皆様
ご存知のLibWork(1431・マザーズ)の瀬口社長とは16日の午前
中に面談した。

 同社は単なる熊本の住宅会社ではなくITと住宅を融合させた次世代住宅会
社。
 この日は親しい他の住宅企業の社長とも一緒に面談させて頂いた。

 昨年の億の近道20周年記念パーティにて少しお話もさせて頂き、その後の
株価急騰を演じた銘柄の社長との面談は朝からスタート。同社の情熱的な瀬口
社長やIR担当役員との面談はとても好印象。株価はここに来て若干の調整場
面を迎えているが、大きく上昇した後ですので致し方がないところ。この後の
株価の展開にご期待願いたい。


 実は今月26日(日)には個人投資家向けセミナーが瀬口社長を迎えて開催
されるとの予定。どんな話となるか興味津々といったところだが、当日は私も
何人かの投資家とともに足を運ぶ予定なので宜しくお願い申し上げたい。
 終わってからの懇親会も参加予定でお見えになる億の近道の読者とも交流で
きると考える。


 その日の午後は神田駅近くの知人の会社に新年の挨拶を兼ねて訪問。新卒者
の就活支援をされている企業さんで学生さんへの研修をされたりしているのだ
が、就職先がまだ決まらない学生さんからの相談も聞いておられるとのこと。
私にもいろいろと具体的な話をして頂いた。


 また、その神田駅近くに支社を置く株価低迷中の埼玉地盤の不動産企業、ア
ズ企画設計(3490・JQ)の3Q決算説明会に出席。説明会自体は比較的
短い時間で終わったのだが、新たに経営戦略部部長に就任された方と名刺交換
させて頂いた。M&Aなどに精通されたプロということなので今後の再成長に
期待したい。果たして低迷する業績を回復させられるのか松本社長の手腕とと
もに新任の部長の手腕にも期待をしたい。時価総額が小さな軽量級の銘柄だけ
に動き出すと足は軽い。せめて2018年3月のIPO時の公開価格2160
円を奪回してくれると良いのだが、そのためには業績の回復が必須だと考えら
れる。


 その説明会後にその会場の隣にオフィスがある知人の会社を訪ねた。年初の
挨拶を兼ねてだ。多くの有名な漫画家先生との関係を持つその会社の社長とは
長年のつきあいだが、億の近道監修の株漫画でお世話になったこともある。
 熟年ベンチャー的な立ち位置で活動中の社長だが、私はこれまで多くの方を
紹介してきた。その中には現在株価急騰中のサイバーステップ(3810)の
役員も含まれる。
 その意図は内緒にしておこう。その日はビジネスアイデアも披露しておいた
が、今年サービス開始元年となる5Gの世界と映像コンテンツ。おタッキーな
漫画の世界が一層ビジネス的に開花すると見られる。


 その面談を終えて私は永田町方面に向かった。自民党本部での勉強会に出席
するためだ。約1000名もの皆さんが集まるその勉強会は憲法改正を議論す
るためのたたき台となる日本の近現代史を専門家を招いて勉強しようというも
の。
 これから毎月2回程度のペースで24回の開催を予定しているようだ。

 冒頭では安倍首相が挨拶をされたが、やはり日本はこの人でないと駄目だと
思わせるぐらいの心に沁みる話があった。果たして安倍首相在任中に憲法改正
が実現できるのか億の近道の読者の皆さんも、、これからぜひ関心をもって頂
きたい。

 その内容は改めて本メルマガでも報告したいと考える。


 翌日の17日はチーム八丁堀でランチミーティング。株価低迷中のスカラ
(4845)が1月27日の渋谷ヒカリエ17階への本社移転を記念して開催
する予定のセミナー(テーマはビジネスアイデアと新規事業、講師は社内企業
のプロである同社の守屋実氏)への出席を促した。チーム八丁堀には元銀行マ
ンも交じっており、様々な貴重な情報を頂いた。


 その日の夕刻の4時には原宿まで足を運び、住宅やビル建材、床材、水回り
などの開発輸入会社、アドヴァン(7463)の第3四半期決算説明会に臨ん
だ。
 世代交代が進み、創業者である山形名誉会長の後継者であった前社長も会長
に退き、新たに社長に就任された末次新社長にご挨拶。今期は3Qまでは順調
な業績なのだが、4Qは職人不足がネックで工期の遅れなども想定されるため
やや慎重見通し。来期も踊り場を迎えるなどと慎重な発言があった一方で、低
金利で調達した資金で自社株買いを積極化させているとの話などもあった。ま
たさ来期には福岡に新たなオフィスビルを建築する予定であるとの話もあり、
着実なビジネス展開を見込んでいることも伺えた。直近の株価は上昇してきた
が先週はやや調整の動きが見られた。


 この説明会が終わってまっすぐに千代田線で帰宅する可能性もあったが、こ
の日は大学のゼミOB会で元ソフトバンクグループのグッドローン(現在のA
RUHI)社長を務めたことのあるOBのプレゼンがあることを思い出し、京
橋に出向いた。かつてはソフトバンクの孫社長やSBIの北尾社長とも面識が
あるなど経歴がすごい人物だ。クールなのだが、情熱はなおも残っており、現
在はインパクト投資の会社を故郷の鳥取で立ち上げてカンボジアなどの新興国
での融資事業に力を注いでいる。これについてはまた改めてご報告したいと考
える。
 このプレゼン終了後には同じ京橋にて懇親会。証券界のOBや現役アナリス
ト、大手小売りチェーンで活躍した方、新聞記者など集まった皆さんとの懇親
を深めることができた。幹事を務めて頂いた大手電機メーカー勤務のゼミOB
には心より感謝申し上げたい。


 このように先週はとてもお疲れさん!!の充実した1週間であった。

 今週もどうやら忙しくなりそうだ。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/01/17


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/01/17号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:水島寒月)


        ◆コラム「市場潮流」:水島寒月


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第90回「2020高値更新あるか?」がアップされました。


第90回「2020高値更新あるか?」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36233478
 【YouTube】https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

【今回登場企業】リンクバル コンヴァノ タカチホ LibWork


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「市場潮流」


 先週1月10日(金)は休載いたしましたので、本日が20年最初の執筆と
なります。本年もよろしくお願い申し上げます。


 今週(1月14〜17日)の東京株式市場は、3連休後の4日間の立ち会い
でしたが、日経平均株価が週間で190円69銭上昇し(率にして0.8%の
上昇)、2万4041円26銭で取引を終えました。2週連続の上昇です。

 週初の14日(火)は米中貿易協議の進展期待や円安の進行などを好感し、
前週末比174円高となり、前週から3日続伸しました。終値は2万4025
円17銭で、19年12月17日以来、約1カ月ぶりに終値で2万4000円
台に乗せました。続く15日(水)は利益確定売りが優勢となり反落。16日
(木)、17日(金)は米株高を好感し、続伸して終わりました。


 米国では住宅投資が回復しつつあります。過去、裾野が広い住宅投資の回復
局面では米国の景気が後退に陥った例は少なく、米国景気の先行きに強気な見
方が広がっています。また、主要企業の業績改善が顕著である点も、株高を支
えています。
 国内主要企業の19年度第3四半期(3Q)の発表も1月下旬から本格化し
ます。市場では業績回復への期待が高まっており、期待通りの結果が出るよう
であれば、2万4000円レベルを固めたうえでの上伸も見込めそうです。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。

 年末年始の読書にオススメです!


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/01/16


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/01/16号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:あすなろ産業調査部)


         ◆コラム「新年銘柄玉手箱」


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第90回「2020高値更新あるか?」がアップされました。


第90回「2020高値更新あるか?」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36233478
 【YouTube】https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

【今回登場企業】リンクバル コンヴァノ タカチホ LibWork


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「新年銘柄玉手箱」


【サクッと3分読み可】

 投資顧問とは株屋、もっと言えば銘柄屋。
 という事で本業に立ち返り個別銘柄を書きます。
 今回は判断がしにくくて困っている方も多い新規上場案件を。
 (2020/2/7上場予定)


■ジモティー(7082)

・東証マザーズ
・主幹事大和証券
・予定価格960円
・初値予測2,500円付近まで


■簡単解説


 地域密着型のマッチングで人気を博し2020年満を持して上場。
 初めて知ったのは数年前。
 「取りに来るなら無料でいいですよ」的な誘い文句で電化製品・家具・衣類
だとかをCtoCで譲り合う仕組みに感銘を受けたモノでした。

 それから数年経って久々に覗いてみると、やや出会い系サイトのような様相
になっていて、少し【脂っこいもの】と【刹那】を感じました。
 狙ってか狙わずか、ともあれ「こうなるわな」という感想を以て再び放置。

 それからは正直ノーマークでした。


 が!気づけばこの度の上場です。
 正直びっくり・・・ですが少し冷静になって考えれば、【モノ】と【モノ】
のマッチングだけでは競合他社が乱立していますが、【人】と【人】も繋いじ
ゃうのであれば、もはやブルーオーシャンかも?(トラブル等のリスクは付き
まといますが)

 サイト側は「人と人の未来をつなぐ」としています。
 ユーザー数の伸びから見てもあらゆる「情報」を交換できる場としては、す
でに不動の地位を築いていると言えそうです。

 また驚くべきことにメーカーと提携して「新品のTV」を格安で販売してた
りします。ただのリユースマッチングだけではないうえに、ECでPBまで扱
い始め、もはや競合らしい競合が見当たらなくなってくる恐ろしさ。

 このなんでもやりまっせ!的な展開はドンキのマッチングサイトverとで
も言いますか、とにかく伸びしろしか感じません。

 改めて取り扱い中の大カゴリーを確認すると「売ります・あげます」「助け
合い」「メンバー募集」「不動産」「中古車」「正社員」「地元のお店」「里
親募集」「教室・スクール」「イベント」「アルバイト」・・・

 凄いじゃん。なんでもあるじゃん。感動。もう少し見てみましょう。


 株主は、オプト(30.68%)LIFULL(4.29%)などの面々。
 2019年4月にはNTTドコモと資本提携(16.22%)。
 少し気になるのは社長の持分(8.71%)、やや雇われ感強め。最近のト
レンドとは言え吉凶どう転ぶか見物・・・(個人的には創業者が適切な量で筆
頭が好き)

 業績は、昨年末にようやく微益ですが黒字達成。それまでは4期真っ赤。
 他方、売り上げはこの4年で約20倍まで伸ばしています。売上規模の拡大
と並行して、露出を増やし・社員を増やしと、サイズを大きくしていった事が
伺い知れます。

 現在の進捗は?というと、前期の通期分売上を3Qでほぼやっているので好
調と言っていいでしょう。利益率も上昇中で、純資産・一株利益など財務面の
見栄えは今後更に良化しそうです。

 上場してから期待されるシナジーは「認知度向上」。このサイトにとっては
最も大きなリターンとなるでしょう。ターゲットの主役である中間層に強くア
ピールできるはずです。

 また既存のユニークユーザーが興味本位で同社の株を持つ可能性もあり、株
式投資家の裾野を広げるといった観点からも個人的には評価したいところ(優
待早期実施求む)。


 リスクとしては、【出会い系】の側面があるため、万が一事件のきっかけに
なった場合はメディアで取り上げられる事になり、イメージダウンは避けられ
ず、広告クライアントが撤退し、進捗が遅れる事が考えられます。念のためこ
の点だけ確認しておきましょう。

*取組みについては、理事長とのお約束の為ここでは言及できません。ご了承
 ください。


−あとがき−

 企業も数か月、いや数日見てないと途端にその姿を変えてきますね。
 競合と市場を取り合うと先細ります。競わないところへ舵を取るのがビジネ
スの基本。変化と進化はマストですね(そういった意味で大和証券さんの扱う
IPOは面白いなぁと感じます)。

 皆様も狙っている会社は定期的に調査する事をお勧めします。
 我々は仕事柄毎日見ていますが、投資家さん達はそうもいかないと思います
ので、そんな時は私たちのような投資顧問を活用なさってください。


 今日はだだーー!と書き殴りましたが、ブックビル当たった方はもちろん、
そうでない方はセカンダリのご参考にどうぞ。
 投資はあくまでも自己判断。ですが情報収集の鮮度と質はとても大事。

 それでは今日も新たな勝者が生まれることを祈って。


(あすなろ産業調査部 大石やすし)


過去掲載 「投資顧問の在り方とSaaS関連の妙味」
      http://okuchika.net/?eid=8797
     「【秘蔵の産業●●】の投資顧問代表大石やすし的見解」
      http://okuchika.net/?eid=8875


[大石やすし氏プロフィール]
 『投資家の勝ちこそが我々の価値!』をスローガンに掲げるあすなろ投資顧
問の運営最高責任者。
 IR説明会や企業へ訪問取材を敢行するなど、足で稼ぐ情報収集と投資分析
を駆使した銘柄選定が持ち味。年に数回限りの大石銘柄は相場に数々のドラマ
を生み、その度会員様からの厚い支持を得てきた。


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikaoishi

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会

(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742

===================================


■ お知らせ ■


■第42号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第42号レポート配信中!!】


 今週は、業界2強の一角であり、強みを生かした新規ビジネスで高成長を狙
う企業を掲載。競合他社の情報と比較しながら業界分析を行っています。

 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオの銘柄入れ
替えを実施。+120%の銘柄を半数売却した上で、新たに1銘柄追加してい
ます。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第275号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第275号
が好評配信中です。


【炎流投資作戦をはじめ、注目30銘柄情報を掲載!】

【1/14 第275号では】

■炎が読み解く相場の視点
■特別報告:中小型株の物色気運盛り上がる!!〜軽めの株から陽動作戦?〜
  (5銘柄)
■炎の注目銘柄〜時価総額20億円以下の銘柄に見出す投資チャンス〜(5銘
  柄)
■低PBR銘柄研究〜その1:IR推進のフクビ化学(7871時価556円)
■特別報告:リンクバル(6046)株の売買シナリオ
■銘柄コメント(13銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:ビジネス




億の近道2020/01/14


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/01/14

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:石川臨太郎)


    ◆コラム「有料メルマガライブラリから(322)」
    ◆過去コラム「過去連載:ぬくぬくホッコリ株日記 第15回」


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第275号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第275号
が好評配信中です。


【炎流投資作戦をはじめ、注目30銘柄情報を掲載!】

【1/14 第275号では】

■炎が読み解く相場の視点
■特別報告:中小型株の物色気運盛り上がる!!〜軽めの株から陽動作戦?〜
  (5銘柄)
■炎の注目銘柄〜時価総額20億円以下の銘柄に見出す投資チャンス〜(5銘
  柄)
■低PBR銘柄研究〜その1:IR推進のフクビ化学(7871時価556円)
■特別報告:リンクバル(6046)株の売買シナリオ
■銘柄コメント(13銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(322)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「需給を強く意識し分散投資で守りを強化して荒れる相場へ対応」=
 (有料メルマガ第364回・2016/1/19配信号)

※注 2016年1月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 過去に学んだジム・ロジャースの言葉ですが『短期売買では人間の心理が価
格に影響を及ぼす』ということも頭では理解していました。

 東日本大震災が起きた3月11日の震災後に開いた3月14日からの日本の
株式市場において、ほとんどの銘柄が暴落しました。

 ただ、この時は日本株の暴落の理由が明白に分かっており自分でも納得でき
ていたので、日本の復興に寄与する企業に投資して持ちつづけようという投資
方針を立てることが出来ました。

 しかし2016年1月に入ってからの日本株の暴落については、世間で言わ
れている理由だけで、日本株だけが米国株などに比べて下落率が大きくなると
いうことに納得できない自分がいます。


 このような時は、日本人が生きていくうえで必要不可欠のライフラインを提
供するためのビジネスを行っている内需株のうち、業績が伸びているのに株価
が大きく下げ続けている企業の株価をウォッチしながら、少しずつ買い増して
行く投資作戦で行くのが良いのではないかと、いま時点では考えています。


【中略】


 過去においても、何度か自分に納得できない理由で、日本株が大きく下落し
たことがありました。そのような苦しい時にいつも思い浮かべることは『今の
状態をチャンスと捉えることができるか、不遇だと腐ってしまうのでは未来が
まったく違ってくる。』ということです。

 投資でも人生でも結果や結論が直ぐに出ることは少ないです。投資でも今日
上がった株が、明日下げてしまうかもしれないし、ここのところ下げ続けてい
る株が、自分が投げたとたんに暴騰を始めることも、無いとはいえません。


 今は、直ぐに大きくリバウンドがスタートするとはあまり期待できないと自
分でも思っています。しかし過去における大きな株の暴落のあとで、1年くら
いたってから調べてみると、下げ過ぎた企業の株は、予想以上に大きくリバウ
ンドしていることが多かったです。


【中略】


 30年以上続けている株式投資、ゴールド投資や賃貸不動産などに対するい
ろいろな経験。そして投資などよりずっと重い人生における経験から、このよ
うな不条理な状態に耐え切れずに焦ったり、捨て鉢になって行動するのは、と
ても愚かなことだと学んできました。

 過去の体験を良い経験変えて将来の役に立てるために学んだことで、今回の
ような時にとても役に立っているのは『じっくりと待つ力』、『結論を保留し
て時間にゆだねる力』を身に付けてきたことです。

 「待てば海路の日和あり。」「待てば甘露の日和あり。」ということわざに
もあるように、自分ではどうしようもない事が起きているときは、時間に任せ
て待つということも大事なことです。


 今の日本株の一人負けのような日本株の下落状況において日本株に投資する
投資家として参加して、リスクをとった分の利益も得られるチャンスと捉える
ことができるか、不遇だと腐ってしまうのでは未来がまったく違ってくると考
えています。


 社会にあるいろいろなシステムもそうですが、投資などの資産のポートフォ
リオも、それを構成するファクターが多様であればあるほど安定的だというこ
とを、しっかりと意識しつつも、収益力と財務的な堅牢さを併せ持つ銘柄が大
きく投げられている状況で、更に株価が下がるリスクに敏感になりすぎて、市
場の動きに付和雷同すると、投資環境が改善に向かい投資した資産背景もあり
業績の良い企業の株価が回復している流れを取り逃がしてしまう可能性も高ま
ります。

 過去の投資の格言にある『人の行く裏に道あり花の山』にでてくる『人』と
いうのは他人をさすばかりではなく、『投資を行うのを嫌がって危険視してい
る、いまの自分の感情』のことも指している。こんなことも過去に学んできま
した。


 こんな投資環境の悪いときに株式投資を継続する(=株を買い持ちする)と
いう投資行動は、過去に何度も何度も体験してきたことではありますが、大い
に気持ちが悪い不安な状態です。アベノミクスがスタートしてからの日本株の
上昇を満喫してきた後で、急速に日本株が下落している状況に精神的なダメー
ジを受けている投資仲間もいらっしゃると思います。

 このような状態のときに『不安や気持ちの悪さ』を感じることは株式投資に
参戦して、安全運転で生き延びていくためには必要な感覚です。否定して改め
るべき感覚ではなく『自分は安全運転の基本を守っている』と確認して、まず
安心すべき事態です。

 しかし、この感覚に付和雷同した投資行動、すなわち不条理な状態に耐え切
れずに焦ったり、捨て鉢になって衝動的投資行動を行うのは危険極まりない行
為です。


【中略】


 不条理感に悶々とするときには、今日のコラムに書いてきたようなことを思
い返して、『短気は損気』と待つというモチベーションを途切れさせないよう
に、冷静さを失わないように心がけるようにしています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
  京阪神ビルディング(8818)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料です)
  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20160119


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


■ お知らせ ■


■第42号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第42号レポート本日配信!!】


 今週は、業界2強の一角であり、強みを生かした新規ビジネスで高成長を狙
う企業を掲載。競合他社の情報と比較しながら業界分析を行っています。

 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオの銘柄入れ
替えを実施。+120%の銘柄を半数売却した上で、新たに1銘柄追加してい
ます。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆過去コラム「ぬくぬくホッコリ株日記 第15回」


※編集部注:
 このコンテンツは、2007年4月から石川臨太郎氏が億の近道に連載した
 コラムです。当時の雰囲気をお楽しみ下さい。


■連載「ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい(15)」


 先週は香港のマンションのことを書きました。でも香港のマンションのこと
ばかりではなく、自分の人生を振り返ってみると、ツイていないと思っていた
ことが転機で、自分が救われていることが多いことに気がつきました。

 自分に起こっていることの意味を考えること。そうすることによって大きく
人生が好転したりすることも多いし、恐ろしい災害をのがれられていることも
多いのです。

 阪神大震災のときも、たまたま出張で東京に来ていて地震から逃れられた人
もいれば、たまたま出張で関西に出かけ事故にあった方もいらっしゃいます。
しかし車の渋滞などの偶然のトラブルで出張に出られずに、災難を逃れ命拾い
した方もいたようです。

 自分に起こった「いやな出来事」をツイていないと切り捨てて、損をしたと
悔やんでいては、出来事のメッセージを受け取り損ねてしまいます。それに精
神的にも良くありません。私のように「あ、また大きなトラブルを避けること
が出来た。ラッキーだったな〜」と思うとうれしくなって、前向きに出来事に
対処することが出来ます。

 「過去は可変的であり、未来は未知である。」「過去についても、未来につ
いても、確定的なことは何も言えない」過去のブログにこんなことを書いたこ
とを覚えていてくださる方もいると思います。

 株式投資を長くやっていると「あ、過去が変わるというのは、当たり前のこ
となんだ」と体感することが出来ます。あの時書いたたとえ話をもう一度の書
きます^^;

 デイトレードでは、なかなか体感できないかもしれませんが、中長期投資を
やっていると「過去は変わる」ということを日常的に体験することになります。
過去はいつも毎日のように変わってしまいます。

 たとえ話をしますね^^。1600円で買った住友金属鉱山が1400円に
下がった時、私は損切りしてしまいました。これだと1600円で買ったこと
は間違えだったということになります。そして1400円で売った株が130
0円に更に下がれば、1400円で売った行為、損切りは正しかったことにな
ります。これは住友金属鉱山の株価が1300円のときの過去の評価です。

 でも住友鉱山の株価が、そこから反転し将来=未来で1500円になりまし
た。すると1600円で買ったのは間違いだった。1400円で売ったのも間
違いだったというように、過去の評価は変わります。

 実際には住友金属鉱山の株価がつい最近3000円になりました。すると
1600円で買ったのは正しかったという評価になり、1400円で売ったの
は大失敗というように過去の評価は未来の現実によって、たえず変化していっ
てしまいます(実際には私は2300円くらいまでは持ちこたえましたが、決
算発表前に売っちゃいました TT)。

 株式投資では、毎日のように株価が変わっていくので「過去は可変的であり、
未来は未知である」というのが日々いやというほど体感させられます。
 株式投資ばかりでなく人生においても、犯罪は別としても「過去は取り返し
のつくもの。なぜなら新しい経験をしただけで、過去の意味なんて一気に全部
変わる。」「過去は可変的であり、未来は未知である。」「過去についても、
未来についても、確定的なことは何も言えないというのが時間の中を生きる人
間の健全な姿である」ということを常に意識して生きていると、悔やむことが
少なくなり、生きるのが楽(ラク)で楽しくなるでしょう。

 いま苦しんでいることが、将来生きてくるためには、その苦しみの意味を考
えながら、前向きに捉え、自分を腐らせてしまわないことがとても大切だと思
います。


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


※2007年7月10日掲載。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資




億の近道2020/01/10


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/01/10号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
           (本日の担当:大魔神)


   ◆コラム「大魔神のアンテナ 大魔神のアンテナ 年頭の市場」


===================================


■お知らせ■


 『空想的バリュー投資から科学的バリュー投資へ!
 山本潤氏が提唱する新バリュー投資セミナー』

★残り数席!!ご希望の方はお早めにお申込を!★


■日時 2020年2月8日土曜日
 18:30〜21:00(15分程度の延長あり)

「成長株投資家とカテゴライズされる私がバリュー投資?
 バリュー投資にはギャンブル的な要素が満載されているので、確率論を介在
させなければバリュー計算が推定できません。その初歩的な解法を講義いたし
ます。
 今回は「科学的」バリュー投資へのステップアップ講座となります。
 その席では、空想的バリュー投資のお葬式をいたします。」
(山本潤氏)

■場所 東京都渋谷区(詳細はお申込後にご案内します)

■受講料 5,500円(税込)

 別途懇親会あります。 3,000円(税込)

お申込はこちら ⇒ http://bit.ly/value20200208

※12月30日13時〜新年1月6日9時までの間、入金対応及び事務対応が
 出来ない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第89回「防衛関連銘柄」がアップされました。


第89回「防衛関連銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36202619
 【YouTube】https://youtu.be/-6Qyq2bXmLY

【今回登場企業】石川製作所 豊和工業 多摩川HD 興研 リンクバル
        ナビタス 日創プロニティ テノックス LibWork
        アクセル


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「大魔神のアンテナ 年頭の市場」


 昨年末、大納会、前日の営業日まで外国人投資家は買い越しでした。

 過去、クリスマス休暇の前後には、外国人投資家は売り越をして手仕舞いを
する時期でしたが、今回はまったく違ったようです。昨年12月の月初め1週
間だけが売り越しでしたが、その後、3週間は買い越しが続きました。規模的
には、やはり、クリスマス休暇がありましたので、大きい資金流入ではないも
のの、継続的な買いは続いていました。

 その分、多少の調整で1年が終了をしました。外国人投資家、さま様でした。


 さて、本年の株式市場の始まりは、「トランプ大統領」の決断で始まったイ
ラン軍事司令官殺害により、株式市場は乱高下で始まりました。大発会1月6
日は451円安。そして、反発370円高と思えば、また反落して370円安。
そして、またまた反発し、535円高と連日大きな動きを演じる毎日でした。
この4日間では結局プラス80円となりました。

 今までなら、このような外部的・政治的な要因で下落した際はプラスになる
ことは少なく、結果的には毎回(昨年、一昨年において)大きくマイナスにな
っていました。その大きな理由はドル円相場によるところが大きく、昨年8月
の日経平均が大きく下落した際、ドル円相場は109円台から一気に105円
台に突入しました。一時東京時間でも105円04銭まで円高が進みました。
 しかし、今回109円半ばから107円半ばでストップが掛かり、大きな変
動ではありましたが、1円70銭程度と狭いレンジでの推移でした。特に水曜
日、ドル円相場は107円65銭まで円高が進みましたが、その後、回復して
08円30銭まで円安になりドル円相場が今までとは違った動きになっていま
す。

 この展開は、一つには外国人投資家が売りに回っていないことがあります。
 今までであれば、「円買い・株式売り」の裁定取引を行ないますが、そのよ
うな動きが見られなかったことです。逆に国内投資家の売りが目立っていたと、
市場関係者は語っていました。

 私も、外資系の方のコラムを読みましたが、2017年、2018円と年々
ドル円のレンジが狭まっていると指摘されていました。その他の海外通貨に対
して、ドル円は共に変化するようだとありました。一方的なドル高や円高にな
らなくなっていると指摘していました。

 理由はいろいろとあるようですが、今のドル円相場が居心地がよい水準であ
るようです。日本だけが米国と「貿易摩擦」になっていないこと、そして、今
年はもっとドル円レンジが狭いものになると予想しているとコメントしていま
した。私も同感です。
 この狭いレンジで推移するならば、外国人投資家は日本株を継続してウォッ
チするのではと見ております。


 前年、何度も指摘したテーマ、本年も春までは「5G」関連銘柄をウォッチ
したいと思います。大納会・大発会、そして、この乱高下する相場の中にあっ
て、一番堅調な株価推移していた銘柄「NEC・富士通」が5G関連の親分で
す。その動きからも継続してこれらの関連銘柄など(既に大きく動き始めてい
る銘柄も散見できます)をウォッチと考えています。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


■ お知らせ ■


■第41号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第41号レポート配信中!!】


 今週は、小規模業者がひしめく業界でシステマチックに事業を運営して成長
を目指す企業を掲載。新しい業態で背景の業界事情も含めてレポートしていま
す。
 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオを更新。
 昨年4月から+19.11%と好調です。中には+154%の銘柄も誕生し
ています。
 是非ご購読ください。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/01/09


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/01/09号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
    (本日の担当:街のコンサルタント&あすなろ産業調査部)


◆コラム「年始早々から騒がしい年」:街のコンサルタント
◆コラム「株の玉手箱 千の用途をもつ粘土 その2」:あすなろ産業調査部


===================================


■お知らせ■

★残り数席!!ご希望の方はお早めにお申込を!★


 『空想的バリュー投資から科学的バリュー投資へ!
 山本潤氏が提唱する新バリュー投資セミナー』


■日時 2020年2月8日土曜日
 18:30〜21:00(15分程度の延長あり)

「成長株投資家とカテゴライズされる私がバリュー投資?
 バリュー投資にはギャンブル的な要素が満載されているので、確率論を介在
させなければバリュー計算が推定できません。その初歩的な解法を講義いたし
ます。
 今回は「科学的」バリュー投資へのステップアップ講座となります。
 その席では、空想的バリュー投資のお葬式をいたします。」
(山本潤氏)

■場所 東京都渋谷区(詳細はお申込後にご案内します)

■受講料 5,500円(税込)

 別途懇親会あります。 3,000円(税込)

お申込はこちら ⇒ http://bit.ly/value20200208

※12月30日13時〜新年1月6日9時までの間、入金対応及び事務対応が
 出来ない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第89回「防衛関連銘柄」がアップされました。


第89回「防衛関連銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36202619
 【YouTube】https://youtu.be/-6Qyq2bXmLY

【今回登場企業】石川製作所 豊和工業 多摩川HD 興研 リンクバル
        ナビタス 日創プロニティ テノックス LibWork
        アクセル


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「年始早々から騒がしい年」


 皆さま、あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願い申し上げます。


 正月早々の米軍による空爆とは驚きました。
 いよいよ2020年代の始まりですが、何よりも、何をしでかすかわからな
いトランプ政権下では、アメリカ大統領選を踏まえ前代未聞の混乱を伴いそう
で・・・、今年は何とも難しい年になりそうです(汗)

 昨年暮れにかけては米中関係の改善やハードブレグジット回避への期待など
により金融市場も安定しつつあるように見えましたが、トランプ政権は外交に
際して依然として(戦略無き?)強硬路線を維持しているようです。
 アメリカ第一主義というより、力任せ主義(エゴ)と感じます。トランプ大
統領の全ての言動は大統領選に向けての戦略の一環なのでしょうが、身勝手に
動く大統領には手が付けられません・・・。


 国内株式市場も大発会(初日)は451円安、翌日は一転して370円高、
そして昨日はイランからの攻撃ニュースで370円安、今朝は米国対イランの
緊張が緩和方向との報道により朝から300円以上の上昇と激しい値動きが続
きます。
 債券市場も12月20日前後には10年物国債が売られて一時0%を上回り
ましたが、その後は徐々に買われているようです。

 米国の10年債利回りも20日前後に1.9%台に乗せましたが、その後は
低下しつつあり、主要国も新興諸国の市場金利も再び低下傾向にあるように見
えます。株式市場は期待と不安が交錯し乱高下していますが、債券市場は世界
的な景気停滞、または不安要素を先読みしているのでは無いでしょうか。

 巨大投機資金が動き回る金融市場の乱高下も激しくなっていますし、来月か
らは大統領予備選も始まりますから、何が起きても驚かないように準備してお
きたいところです。


 前半戦の2月〜4月辺りには特に気を付けたいと思いますが、もしここで相
場が大きく動くようなら年内の投資としては絶妙なタイミングになるのかもし
れません。いつでも動ける待機資金を確保しておきたいと考えている次第です。


街のコンサルタント 拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


■第41号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第41号レポート配信中!!】


 今週は、小規模業者がひしめく業界でシステマチックに事業を運営して成長
を目指す企業を掲載。新しい業態で背景の業界事情も含めてレポートしていま
す。
 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオを更新。
 昨年4月から+19.11%と好調です。中には+154%の銘柄も誕生し
ています。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「株の玉手箱 千の用途をもつ粘土 その2」


 昨年11月28日“1000の用途を持つ粘土”を投稿しましたが、億近松
田理事長から株式投資との関連がわからないとの連絡ありフォローさせて頂く
ことになりました。


 投稿文にはスメクタイトや同族のモンモリロナイトという言葉を多用したた
め理解し難かったかと思います。

 スメクタイトとは水を吸収すると膨らむ粘土鉱物の総称で、バイデライト、
サポナイト………と幾つかの鉱物の中にモンモリロナイトも含まれています。
このモンモリロナイトを主成分として石英、オパール、マイカなど珪酸物を含
むものをベントナイトと呼び、日本では専門業者として上場企業のクニミネ工
業(5388)や未公開企業のホージュン、三菱商事(8058)、双日(2
768)など商社も扱っています。


 化学組成は(Na,Ca)0.33(Al,Mg)2Si4O10(OH)2
・nH2Oからナトリウム型とカルシウム型に大別され、一般にナトリウム型
の方が膨潤性に優れる結晶構造で、ナトリウム型は山形県や群馬県、米国ワイ
オミング州が有力な産地です。双日系で日米合弁のボルクレイ・ジャパンはワ
イオミング産を、ホージュンは群馬県に本社を構えます。

 一方、クニミネ工業は山形県大江町にある日本最大のベントナイト鉱山を有
する他、有力な産地である宮城県蔵王町にも鉱山を有し、宮城蔵王から山形蔵
王方面へ行くエコーラインの手前右側に工場があります。長い年月をかけなが
らの火山灰変質でベントナイト鉱床が出来るということで、火山や温泉の出る
ところが産地な訳ですね。


 ベントナイトは千の用途と言われますが、日本に於ける市場規模は数百億円
程度と余り大きくなく、クニミネ工業が大きなポジションを占めています。

 市場規模の半分程度はシリンダブロック用型の砂に混ぜ合わせて利用されて
おり、ディーゼルエンジンの生産量にリンクする傾向にありますが、複雑な水
路形成で中子の利用が多いとベントナイトの使用量が増加する傾向にあると聞
きます。しかし足元商用車生産は比較的良好ですが建機・発電など産業用ディ
ーゼルエンジンの生産が弱含みで同分野向けは減少の模様です。


 ペット関連や土木向けも堅調とのコメントですが、福島復興関連の寄与が大
きそうです。化成品では増設したクニピアが増収で、有力顧客の底入れと生産
回復が背景にある様ですが、増設による償却費用の増加が収益を圧迫していま
す。

 中間期連結合計では増収・増益でしたが、利益は期初計画を下回りました。
業績期待の先行から10月31日決算発表当日の株価は1,000円台へ乗せ
ましたが、翌日は利食い売りです。
 しかし11月初旬から上昇局面へと転じ、12月23日には1,465円の
年初来高値を更新です。これは11月4日の日刊工業新聞の記事が背景にあり
ます。
 同社と山形大学の共同でベントナイトの通電性・特電特性を解明し、電池材
料へ期待との見出しで、誘電率がチタン酸バリウムの2倍超からセラミックコ
ンデンサへの応用の可能性から理想買いが起こった訳ですね。しかし採用され
るか否か、また早くても2023年を考えると時期尚早で、一旦上昇相場は終
焉に向かいそうです。


 安全性も高く多方面への応用が期待されるため千の用途と言われていますが、
実際の広がりはそこまで拡大していないようです。しかしカビ毒への採用や、
海底掘削など話題は尽きそうにありません。


 しかし今後大量のベントナイトを使用しそうなのが原子力発電関連です。
 低レベル使用済み核燃料では日本原燃がベントナイト混合土を用いた埋設処
理を実施済みですが、高レベル廃棄物では莫大な量のベントナイトが使用され
るだろうとのFBR関係者の話しでしたが、まだ数十年先のことです。
 非常に息の長い相場と考えておきましょう。


(あすなろ産業調査部)


過去掲載 「1000の用途をもつ粘土」
      http://okuchika.net/?eid=8845


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikay

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会

(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/01/08


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/01/08

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:小屋洋一)


        ◆コラム「"お金"に対する展望」


===================================


■お知らせ■

 『空想的バリュー投資から科学的バリュー投資へ!
 山本潤氏が提唱する新バリュー投資セミナー』

=あっという間に残席わずかとなりました。お申し込みはお早めに!=


■日時 2020年2月8日土曜日
 18:30〜21:00(15分程度の延長あり)

「成長株投資家とカテゴライズされる私がバリュー投資?
 バリュー投資にはギャンブル的な要素が満載されているので、確率論を介在
させなければバリュー計算が推定できません。その初歩的な解法を講義いたし
ます。
 今回は「科学的」バリュー投資へのステップアップ講座となります。
 その席では、空想的バリュー投資のお葬式をいたします。」
(山本潤氏)

■場所 東京都渋谷区(詳細はお申込後にご案内します)

■受講料 5,500円(税込)

 別途懇親会あります。 3,000円(税込)

お申込はこちら ⇒ http://bit.ly/value20200208


===================================


◆コラム「"お金"に対する展望」


 小屋です。2020年もよろしくお願い致します。


 お正月は、ある程度まとまって本を読んだりしていました。
 中でも、読み直しをしていた本で皆さんにご紹介したいと思ったのは

新しい時代のお金の教科書
山口 揚平(著)
 https://amzn.to/2FwW0SV

です。


 この本の中では、お金の持つ要素

1.信用
2.汎用

お金の価値=使っている人の数×発行している母体の信用

という事に触れたうえで、そのお金の将来の形まで推論しています。


 現在のお金は国(中央銀行)が発行する法定通貨であるとすれば
今後のお金は

・代替通貨(無国籍通貨)
・時間主義経済
・記帳主義経済
・信用主義経済

に移行していくだろうと推測しています。


 簡単に解説すると以下の通りになりますが、詳細が知りたい方はぜひ本をお
読みください。


・代替通貨(無国籍通貨)

 ビットコインに代表されるような仮想通貨、無国籍通貨が出てくるとは思わ
 れる。しかし、仮想通貨では信用の担保が難しいために、それほど長続きす
 るものとは思われない・


・時間主義経済

 個人の信用をベースとして、信用を外部化するのがその人の「時間」となる。
 社会的な欲求を満たすのは、「モノ」ではなく「コト」であって、それは人
 の使う時間と密度に依存する。


・記帳主義経済

 ブロックチェーン技術などをベースに、一人一人の取引がデジタル台帳に記
 帳されて、それがすべての人に共有化される(そこにお金は介在しない)。
 したがって、だましたり隠したりすることが困難となり、一人一人が価値を
 生み出し信用を構築していくことが必要となる。
 また、個々人の価値観は異なるために、個人のモノの台帳は見る人によって
 価値が変化するということにもなっていく。


・信用主義経済

 最終的には、個人の信用で「モノ」も「コト」も取引して満たしていくのが
 信用主義経済です。
 ある意味で個人の信用が全てという世界になります。


 私の理解では、今後の社会ではより「個人」の信用が重要になってくるとい
う事だと思います。

 現在私自身も、「お金」に携わる仕事をしていながら、「お金」の重要性が
年々薄れてきていることを強く感じます。


 今後皆さんが生活していく中でも、こうした個人の信用により焦点を当てて
活動していくことが将来の「お金」もち、ならぬ「信用」持ちにつながって行
くのではないかと思います。


 2020年も皆さん「信用」を大事に活動していきましょう!


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

https://03auto.biz/clk/archives/ahwxrr.html

具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(1月はあと先着2名様のみ受付可能です)
https://03auto.biz/clk/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


■ お知らせ ■


■第41号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第41号レポート配信中!!】


 今週は、小規模業者がひしめく業界でシステマチックに事業を運営して成長
を目指す企業を掲載。新しい業態で背景の業界事情も含めてレポートしていま
す。
 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオを更新。
 昨年4月から+19.11%と好調です。中には+154%の銘柄も誕生し
ています。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第274号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第274号
が好評配信中です。


【波乱相場の中での注目銘柄情報を掲載!】

【1/6 第274号では】

■炎が読み解く相場の視点
■新春相場は防衛関連株人気が集中
■2020年に活躍が期待される時価総額150億円以下のマザーズ銘柄
■低PERの地味株礼賛(3銘柄)
■調整場面こそ買いチャンスのIT系銘柄(4銘柄)
■調整続くグローバル市場向け製品輸出企業(2銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:資産運用




億の近道2020/01/07


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/01/07

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:石川臨太郎)


    ◆コラム「有料メルマガライブラリから(321)」
    ◆過去コラム「過去連載:ぬくぬくホッコリ株日記 第14回」


===================================


■お知らせ■

 『空想的バリュー投資から科学的バリュー投資へ!
 山本潤氏が提唱する新バリュー投資セミナー』

=あっという間に残席わずかとなりました。お申し込みはお早めに!=


■日時 2020年2月8日土曜日
 18:30〜21:00(15分程度の延長あり)

「成長株投資家とカテゴライズされる私がバリュー投資?
 バリュー投資にはギャンブル的な要素が満載されているので、確率論を介在
させなければバリュー計算が推定できません。その初歩的な解法を講義いたし
ます。
 今回は「科学的」バリュー投資へのステップアップ講座となります。
 その席では、空想的バリュー投資のお葬式をいたします。」
(山本潤氏)

■場所 東京都渋谷区(詳細はお申込後にご案内します)

■受講料 5,500円(税込)

 別途懇親会あります。 3,000円(税込)

お申込はこちら ⇒ http://bit.ly/value20200208


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(321)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「需給を強く意識し分散投資で守りを強化して荒れる相場へ対応」=
 (有料メルマガ第363回・2016/1/12配信号)

※注 2016年1月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】



 やはり分散投資はどんな投資環境の時にも有効性を発揮した。2016年の
株式市場もいままで以上に株価が乱高下しそうなので、この経験を活かして分
散化を強くしよう。また年末のコラムに書いたように日本株が大きく下げてバ
ーゲンセールになったときに、狙っていた株を買えるように、キャッシュ・ポ
ジションを高めておきたい。このように考えました。


 円安になると期待しすぎたことも反省点として出てきました。米国の金利が
上がるので円安になると単純に考えていたわけではないのですが、内需銘柄の
中で業績を伸ばしている高PER銘柄に分散して、減益修正が発表されて痛手
を受けたことも大きかったです。

 前年同期比で減益なら、どんなに低PERでも売り込んでいくという市場の
動きにダメージを受けたこともありました。


【中略】


 去年は少し自分の投資運が悪くなってきているのに、それに気が付かないで
強気で集中投資を多用しすぎました。そのことも強く反省しました。
 投資でも人生でも運が悪くなってきたと感じることは起こります。学生時代
にマージャンなどをしていたときには、運の変化を実に強く感じました。また
運が良いときにも、下手なことをしたために運が一気に悪くなることも良くあ
りました。

 このような運が悪くなってきたときに、志すべきことは、マージャンなどの
ゲームでも、人生でも、株式投資などの運用でも同じです。

 つまり悪い運の流れに逆らうような、一発逆転(=株式投資なら大きなキャ
ピタル・ゲインを狙うような投資)を狙わずに、負けないこと、柳のように大
風に逆らわずに受け流すこと、我慢して耐えしのぐことです。

 投資で言えば市場から強制退場を宣告されるような大勝を狙った勝負を行な
わないこと。私の投資で言えば、大きな値上がりを狙う銘柄ではなく、高配当
や高配当優待銘柄を多くして、負けにくい投資に切り替えることでした。
 アベノミクスがスタートしてからの順調な日本株の上昇に過信しすぎたこと
もあったと思います。


 ただ運気も上がったり、下がったりの繰り返しが起こります。日本株経済全
体でも同じような運気の上げ下げが起きているのだと感じます。

 運気が回復してくるまでの作戦としては、低PERかつ低PBRかつ配当利
回り(または配当優待利回り)の高い(⇔日本の低金利を考えて、いまは配当
または配当優待利回り3%程度を考えています)資産のバリュー株に分散で多
くの資金を投資するような、大負けしにくい銘柄を増やすことにして2016
年は守り投資を心がけようと考えています。

 配当額や優待の価値が高いと、株価が下がっても配当+優待の金額までは損
にはならないと考えて良いと思います。経済的に考えると「配当や優待の金額」
が「株価の値下がり額」を超えていれば損をしていないことは理屈になります。
配当や優待の金額を越えて株価が下がったら、その部分が実損になります。


 しかし、低PERかつ低PBRかつ3%を超えるような高インカム・ゲイン
利回りの銘柄は株価が下がるとインカム・ゲイン利回りがますます高くなるの
で、株価の下支えが効き易く、下がりにくくなる点が強みになります。意識し
ながら、負けにくい投資をするという投資方針に切り替えていこうと考えてい
ます。


【中略】


 集中投資を行うならば、ある程度は流動性(=出来高の多さ)を考えながら
選ばなければならないでしょうが、分散投資のために単元株程度を買うならば、
流動性はあまり意識することは無いと考えています。


【中略】


 私は定年まで待たずに、サラリーマンを卒業したので、まず私的年金が貰え
るようになる60歳までは、安定的なインカム・ゲインを確保することが最大
の株式投資の目的としていました。そのことを、ことあるごとに意識して、自
己確認してきたことが良かったのだと思います。

 しかし60歳を過ぎて年金を貰えるようになったので、生活費を配当に依存
する割合が減少しました。アベノミクスの追い風があり、米国が金利を上げる
ほど景気が良くなっているので、キャピタル・ゲインによる資産増加のウェイ
トを移して、資産額を増やして、増やした資金をキャッシュに換えて、温存し
ようと考えました。

 2015年の前半までは好調に投資したキャピタル・ゲイン狙いの株が順調
に上げていきましたが、夏ごろに日本株が大きく下落した時に、その利益を一
気に失ってしまいました。

 この時に、投資戦略を変更すべきだったのかもしれませんが、年初の投資戦
略を継続してポートフォリオに株価が上がる可能性が高い低インカム・ゲイン
利回り株も増やしていました。円安と企業の業績の増加を信頼しすぎて、キャ
ピタル・ゲイン狙いの銘柄のポジションを落とすタイミングが大きく遅れまし
た。

 実際には運用成績が11月頃までは大きく戻してきていたので、投資戦略を
変更しなくても成功だったと考えていたのですが、12月に入って一気に運用
成績が悪化しました。

 12月には個人投資家が好む新興市場の株に下落する銘柄が多く出ました。
東証の銘柄にしても流動性のあまり大きくない個人投資家が好む小型株の優待
株の下落が大きかったようにも感じられます。

 通常であれば12月の配当銘柄、配当優待銘柄は株価の下落が少ない傾向が
あるのですが、2015年12月には、そのような銘柄さえも大きく下落した
ものが多かったように感じられます。

 私も節税の売りを出しました。
 多くの投資家が2015年の前半で売却益を出しすぎて、税金を大きく取ら
れていたので、12月までの株価の下落で含み損が大きくなった保有株を売っ
て損を出して税金を取り戻す節税売りが大きく出ていたのだと考えています。
私の場合はいったん売って買い戻しを行いましたが、売りっぱなしにした投資
家も多かったのだと感じます。

 株価がリバウンドを始めるためには何かのきっかけ、カタリスト、触媒が必
要になります。しかし株価が上がり始めてしまうと、株価が上がることが投資
家の注目を集めて、株価が上がるから買うという投資家が増えてきます。これ
からは、そのような株が増えてくることを期待しています。

 これは個別銘柄ばかりではなく、日本株全体にもいえることですし、為替相
場にも同じことが言えると考えています。

 もちろん為替と株とは違う面も多く、株には発行している企業のファンダメ
ンタルズが有価証券報告書や決算短信やホームページにあるIR情報などで多
くの投資家に開示されています。そのために投資家は自分がその株を買う理由
を企業のファンダメンタルズに求めることも多くなります。私のようなファン
ダメンタルズ重視の投資スタイルの投資家には、その傾向が顕著です。


 株価というのは大きな景気の変動に影響を受けて、景気が良くなるときには
上がりやすくなり、景気が悪くなるときは下がりやすいものです。日本では過
去にほとんどなかったような安定した長期政権である安倍政権がアベノミクス
を推進し、日銀の黒田総裁も超金融緩和を実行してきました。日本株に投資す
る投資家も政策の支援を当てにしすぎる依頼心が強くなりすぎているようにも
感じられます。これからは政策支援がなくても株価が上がること、業績が良く
なり続けていくことが大事だと考えています。


 2016年は株価の乱高下が2015年以上に大きくなると考えています。
このような時には、古代中国の戦略家であった孫子に学んで、負けない投資戦
略を実践していきたいと考えています。


【中略】


 12月以降は日本の株式市場に大きな影響力を持つ外国人投資家も日本株を
売っていたようなので、日本株の株価が大きく下げていました。

 しかし孫子が『兵は詭道なり』(=戦争とはしょせんだましあいに過ぎない)
と喝破しているのと同じように、海外投資家、特にヘッジファンドの戦いぶり
は詭道(=だましあい)を好むように感じます。

 株価を上下に大きく変動せれば儲かる手段を持っているので、資金力の大き
さを利用して株価を上下に揺さぶって、多くの他の投資家を幻惑してきます。

 しっかりと企業の業績やビジネスの状況、資産背景を調べていなければ、株
価の乱高下に付和雷同させられて、だましあいに敗北します。

 景気が良くなり、企業の業績が良くなり、配当を増やすと発表している流動
性の高い大型株が、ヘッジファンドなど詭道を利用する投資家の誘導で下げる
なら、配当を頼りに分散でポートフォリオに積み増すことは、不敗を目指す投
資家にとっては、良い投資戦略だと考えています。

 特に低PERで、毎期ごとに業績が上向いていることが明確に確認できてい
る高配当(または高配当優待)利回り銘柄が、投資環境によって下げてきたと
きは、1年から2年程度はインカム・ゲインで満足するつもりで待ち伏せ買い
をしておけば、数年後には運用資産を増やせる可能性が十分にあるのではない
かと期待しています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
  デンヨー(6517)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料です)
  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20160112


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


■ お知らせ ■


■第41号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第41号レポート本日配信!!】


 今週は、小規模業者がひしめく業界でシステマチックに事業を運営して成長
を目指す企業を掲載。新しい業態で背景の業界事情も含めてレポートしていま
す。
 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオを更新。
 昨年4月から+19.11%と好調です。中には+154%の銘柄も誕生し
ています。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆過去コラム「ぬくぬくホッコリ株日記 第14回」


※編集部注:
 このコンテンツは、2007年4月から石川臨太郎氏が億の近道に連載した
 コラムです。当時の雰囲気をお楽しみ下さい。


■連載「ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい(14)」


 私は生涯を通して考えるなら、株で損をすることはない体制を作り上げまし
た。ただし人間は欲が深いので、つい油断してドジを踏むことがないとは言え
ないので、油断はしていません。


 現状のままで行けば人生トータルで考えると株で損をしないという理由は以
下の通りです。

 私は過去に株式投資で儲かった時に、その利益を現金で引き出してワンルー
ムマンションをコツコツ買い、さらに若いころローンを利用して買ったワンル
ームマンションの借金の残債を株の儲けで、全部返済しました。更に株の儲け
だけで株式運用をしていましたが、その中から、またお金を30%引き出して
残っていた住宅ローン(当初借入額の60%が残っていました)を完済しまし
た。これだけ株式投資で得た利益をすでに引き出して別の資産に切り替えて、
コストゼロの資金(株で儲けた分だけの資金。投資元本はすべて回収済み)で
運用しているわけですから、新たにニューマネーを株式市場に持ってこない限
り、株で損をすることは出来ないことになります。

 もちろん一年ごとの期間計算で言うならば、2006年のように年初より株
式投資で資産額を減らしてしまうことはあり得ますが^^;

 私が自分は本当にラッキーだと思うことは、欲をかきすぎて馬鹿なことをし
ようとすると、その前に幸運の女神様が合図を贈ってくださることです。その
合図にハッと正気に帰り、大きな失敗を避けることが出来ているのです。


 自分のブログにこんなことを書きました。

『自分で自分のことを「本当にツイている」と思っています。

 絶好調の住友金属鉱山を利食いした資金でストップ安2連荘の日本電子材料
などを買って何がついているんだ、最悪じゃないかと思われる方がほとんどで
はないかと思います^^;

 たぶん昔の私なら、損したな〜と、自分のやったことを責めまくり、自戒の
念に落ち込んでしまっていたと思います。

 しかし実は今回も、大いに痛い痛手のおかげで、もっと大きな失敗を回避で
きていたのです。このブログでも前に述べてきましたが、住宅金融公庫の住宅
ローンを完済することに決めて、去年の10月ころから持ち株を売ってキャッ
シュポジションを高めてきました。代理店の銀行の担当者の作業が遅くって、
返済は3月中旬ということになっていました。

 「2ヶ月以上も住宅ローン金利を払うのか、もったいないな〜」とは思いつ
つも、住宅ローン繰上げ完済は、この返済の日までに、いつでも取りやめてし
まうことが出来るのです。

 2月26日までの、あまりにも好調な株式市場の状況から、「住宅ローンの
完済をやめて、その資金をもう一度株にまわそうかな〜」なんいう愚かな考え
が心の中でチョロチョロと芽生えてきていたのです(爆笑)

 人間の欲には際限がなく、どうしても欲をかきすぎて道を誤ってしまうこと
もあります。そんな時に世界同時株安が起こったので、無事住宅ローンを完済
することが出来ました。もし住宅ローンを返さないで、また株式にお金を回し
ていたら、4月5月の株式市場の状況から考えて、被害はとても大きなものに
なっていたと思います。

 いままでに、何度もいやなことが起きましたが、その意味を考えて、自分の
行動にミスがないか、何かおろかなことをやっていないかと考える癖がつきま
した。多くの場合、何の関係もないはずの出来事が、別の自分の愚かな行動を
気づかせるために起こっていることが多かったからです。

 そのことに最初に気づいたのは香港のファミリーマンションを売った後のこ
とでした。ちょうどそのころ香港のマンションの価格は、現在の中国株やベト
ナム株のように日々値上がりしていきました。たまたま入居者が2年契約の半
分の1年目に出て行ってしまいました。

 その当時香港のマンションは空き室になっているほうが、自分達の住まいと
して買おうという購入希望者も多くいたため、入居者がいる場合より売りやす
かったのですが、売るつもりのなかった私は早く次の入居者を探して欲しいと、
管理会社に依頼していました。

 香港のマンションの場合は2年契約で賃貸に出しますが、1年で出て行く場
合は、残りの1年分の家賃を払って出て行きます。管理会社は売った方がよい
ということで、ちっとも次の入居者を探してくれません。そのうち日本人スタ
ッフが辞めてしまい、日本語の通じるスタッフがいなくなりました。そして管
理会社が分裂し、二つに分かれてしまいました。その他にもいやなことが沢山
起こったので、嫌気がさして管理会社の言う値段の1割り増しで1月中旬にマ
ンションを売る意向を伝えたら、一週間で買い手が見つかりました。

 香港は英米法の世界なので契約内容をお互いの弁護士などが精査して、資金
が清算され売却代金が日本の口座に振り込まれてきたのは3月の終わりのころ
でした。

 その後、聞いた話では、4月以降マンションの売買がパタッと止まってしま
ったようです。売るならあのときしかなかったという、最高のタイミングで売
れたようなのです。そして、しばらくして円の大高騰がおこり1年半ほどで円
は79円まで行ってしまいました。もしあのタイミングで売りに出していなか
ったら、為替損で利益はすべて飛んで円貨で換算すれば、利益はまったくなく
なってしまっていたところです。

 これでもかこれでもかと起こったいやなことがなければ、マンションを売る
ことはなかったと思います。また偶然にテナントが出て行かなかったら。管理
会社の社長が転売益を狙って売却を勧めなかったら・・・。もろにこの円高に
ぶち当たっていました。勿論持ち続けていても円高が円安に振れて、数年後に
は不動産価格がもっと上がっていたかもしれません^^;。これは調べてはい
ません。調べてもどうしようもありませんから^^;


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


※2007年7月3日掲載。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第274号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第274号
が好評配信中です。


【波乱相場の中での注目銘柄情報を掲載!】

【1/6 第274号では】

■炎が読み解く相場の視点
■新春相場は防衛関連株人気が集中
■2020年に活躍が期待される時価総額150億円以下のマザーズ銘柄
■低PERの地味株礼賛(3銘柄)
■調整場面こそ買いチャンスのIT系銘柄(4銘柄)
■調整続くグローバル市場向け製品輸出企業(2銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM