億の近道 無料購読登録をどうぞ!

創刊18年目の無料メールマガジン「億の近道」。

2016まぐまぐ大賞!資産運用(株式)部門、
2014まぐまぐ!大賞(マネー部門)もいただきました。


mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png

mag2year_free_0000020640.png



また購読登録していない方はこちらでどうぞ。

原則として週5回、登録のメールアドレスへ届きます。

※「@iforum.jp」を受信可能に設定をお願いいたします。
※現在、docomo.ne.jpのアドレスで配信エラーが発生している可能性があります。
 それ以外のアドレスでのお申し込みをお願いいたします。


億近申込バナー


JUGEMテーマ:株・投資


小諸市のゴルフ場



 先日の新聞記事で「小諸市にあるゴルフ場では、予約時に警察署員であることを伝えれば4割ほどの割引を受けられる」と言うのを見つけました。
 いいことですね。記事自体は批判的な内容でしたが・・・。

 普段から身体を張って市民を守ってくれている警察の方々に民間のゴルフ場が(感謝の気持ちで)便宜を図ってあげていると言う温かなニュースです。しかも警察官が頻繁に来場するゴルフ場なら我々一般人も安心してプレーが出来ます(^^)
 誰かが「警察官が便益を受けるとは如何なものか?」と、根拠不明なことを書いていましたが、これって何か問題があるのでしょうかね?もちろん警察官が賄賂を要求しているでも無く、お互い様の庶民感覚でホノボノとした気分になりました。


 いつも思うのですが、身体を張って仕事をしてくれている警察官や自衛官、消防署員他の皆さんが何故にロクな仕事もしない地方公務員と同じ待遇なのか?と思います。
 しかも自衛隊に至っては「憲法違反だ!」と言いながら「イザと言うときは守ってくれ!」と言う訳です。呆れます。憲法違反をするような国に居たくなければ出て行けばよいのに。それで出て行ったなんて人は見たことがありません(笑)。


 そもそも憲法自体が今の時代にそぐわなくなってきている訳ですから議論があって然るべきですが、やたらと(非現実的な)正義感や倫理観を振り回す人達って、その裏に何か意図するものがあるのでしょう。一部の極小政党のように(^^;)

 こういう良いことは積極的にすべきで、誰それへの利権だ、便宜だと騒ぐ方(マスゴミ)が変だと思います。加えて〇〇議員が不倫したとかしないとか…、政治家としての能力が高ければ別にどうでも良いように感じます。自身の親族を除いて誰に迷惑を掛ける訳でも無く、何かあればご自身で(身内の中で)責任を取るのでしょうから(笑)。

 大したことでも無いのに騒ぎ立てる「視聴率ありき」のマスゴミに踊らされていては、テレビを見ると言う「時間を浪費させられる」だけと心得ましょう。


 さて、不穏な北朝鮮情勢も(何も解決していないが)取りあえずは一段落したようで、円ドルも110円台に戻り日経平均も9月8日から5%強ほど戻しました。円高時には「どうせいずれは円安になるはずだ」と決めつけている分、気が楽でした(笑)。

 株式市場では日銀などの買いで株式が吸い上げられているためか?需給が締まっており、大型中型を問わず上がり易くなっているように感じます。
 8月末に半分ほど売り「売っておいて良かった〜」と喜んでいた銘柄も、その資金で買った銘柄も、両方とも新高値を取ってきています(汗)。

 こんな具合で日々、一喜一憂しながら投資を楽しんでいます(苦笑)。

 それにしても最近は、良くも悪くも少しでも材料が出るともの凄い値動きをしますね。人間には出来ない芸当です。


 またまた大義名分の無い、政局しか見ていない無駄な選挙をやるようですが、永田町は民心が見えていないようです。自民党が議席を大きく減らすことは無いでしょうが、政治の停滞を予感させます。


 FRBの会合からも日銀の政策決定からも、日本の低迷とその他海外の回復が一層明瞭になってきています。「やはり、いずれは円安」との気持ちが確信になりつつあります。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




億の近道2017/09/21


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2017/09/21号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:街のコンサルタント)


    ◆コラム「小諸市のゴルフ場」:街のコンサルタント


===================================


◆コラム「小諸市のゴルフ場」


 先日の新聞記事で「小諸市にあるゴルフ場では、予約時に警察署員であるこ
とを伝えれば4割ほどの割引を受けられる」と言うのを見つけました。
 いいことですね。記事自体は批判的な内容でしたが・・・。

 普段から身体を張って市民を守ってくれている警察の方々に民間のゴルフ場
が(感謝の気持ちで)便宜を図ってあげていると言う温かなニュースです。し
かも警察官が頻繁に来場するゴルフ場なら我々一般人も安心してプレーが出来
ます(^^)
 誰かが「警察官が便益を受けるとは如何なものか?」と、根拠不明なことを
書いていましたが、これって何か問題があるのでしょうかね?もちろん警察官
が賄賂を要求しているでも無く、お互い様の庶民感覚でホノボノとした気分に
なりました。


 いつも思うのですが、身体を張って仕事をしてくれている警察官や自衛官、
消防署員他の皆さんが何故にロクな仕事もしない地方公務員と同じ待遇なのか?
と思います。
 しかも自衛隊に至っては「憲法違反だ!」と言いながら「イザと言うときは
守ってくれ!」と言う訳です。呆れます。憲法違反をするような国に居たくな
ければ出て行けばよいのに。それで出て行ったなんて人は見たことがありませ
ん(笑)。


 そもそも憲法自体が今の時代にそぐわなくなってきている訳ですから議論が
あって然るべきですが、やたらと(非現実的な)正義感や倫理観を振り回す人
達って、その裏に何か意図するものがあるのでしょう。一部の極小政党のよう
に(^^;)

 こういう良いことは積極的にすべきで、誰それへの利権だ、便宜だと騒ぐ方
(マスゴミ)が変だと思います。加えて〇〇議員が不倫したとかしないとか…、
政治家としての能力が高ければ別にどうでも良いように感じます。自身の親族
を除いて誰に迷惑を掛ける訳でも無く、何かあればご自身で(身内の中で)責
任を取るのでしょうから(笑)。

 大したことでも無いのに騒ぎ立てる「視聴率ありき」のマスゴミに踊らされ
ていては、テレビを見ると言う「時間を浪費させられる」だけと心得ましょう。


 さて、不穏な北朝鮮情勢も(何も解決していないが)取りあえずは一段落し
たようで、円ドルも110円台に戻り日経平均も9月8日から5%強ほど戻し
ました。円高時には「どうせいずれは円安になるはずだ」と決めつけている分、
気が楽でした(笑)。

 株式市場では日銀などの買いで株式が吸い上げられているためか?需給が締
まっており、大型中型を問わず上がり易くなっているように感じます。
 8月末に半分ほど売り「売っておいて良かった〜」と喜んでいた銘柄も、そ
の資金で買った銘柄も、両方とも新高値を取ってきています(汗)。

 こんな具合で日々、一喜一憂しながら投資を楽しんでいます(苦笑)。

 それにしても最近は、良くも悪くも少しでも材料が出るともの凄い値動きを
しますね。人間には出来ない芸当です。


 またまた大義名分の無い、政局しか見ていない無駄な選挙をやるようですが、
永田町は民心が見えていないようです。自民党が議席を大きく減らすことは無
いでしょうが、政治の停滞を予感させます。


 FRBの会合からも日銀の政策決定からも、日本の低迷とその他海外の回復
が一層明瞭になってきています。「やはり、いずれは円安」との気持ちが確信
になりつつあります。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

[今年の6月までの研究銘柄で、11銘柄が年初来高値を更新!]
[最高パフォーマンスは2倍以上の+130.5%!!]


【どんな経済環境でも黒字維持!高い収益力と良好な事業バランスを持ち、
 キャッシュリッチで低PER低PBRな内需100%の配当優待企業を
 研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、内需100%で堅調な事業と力強い収益力を
持ち、今後の需要を見据えた事業展開をしており、潤沢な資金と不動産を保有
している低PER低PBRの配当優待企業を、研究銘柄として掲載しています。


 また、コラムでは、「今年の私の株式運用成績は9月までは過去5年間では
無かったほど好調な状況です。そこで今年の利益の3割を現金化して、そのか
なりの部分を証券会社の外に退避させました。もしこれから日本株の暴落が起
きた時に、割安になった企業の株を買うための資金を温存するためです。」と
題し、キャッシュ化した理由を含む現在筆者が取っている投資戦略と行動を具
体的に書いています。

 加えて、最近の銘柄を含む過去取り上げた銘柄のチェックとパフォーマンス
の確認、新四季報をチェックしてみて目論んでいる投資戦略の方向性やポイン
ト、期待できる7銘柄についても取り上げています。


 金曜日までにお申し込みの方は最新号をお読みいただけます。

 ぜひご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



===================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第162号配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第162号が
好評配信中です。


【先週取材3銘柄のレポート掲載!IPO銘柄や株式併合の投資戦略も!】


【9/19第162号では】

■相場の潮流と展望
■先週の企業プレゼン報告(3銘柄)
■注目IPO銘柄コメント(4銘柄)
■今週のIPO銘柄(2銘柄)
■個別銘柄の動向(6銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
 → 申し込みフォーム http://goo.gl/ikAUu3


【9/11第161号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7256


【9/19第162号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7269


==================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」の有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/kaijo.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。
==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




個人の市場価値を測れる時代の到来

9e2e4adcffa79c4df161f62e18b1f108_s.jpg


マネーライフプランニングの梶原真由美です。

 突然ですが、みなさんはSNSアカウントを持っていますか?

 LINE、Facebook、Twitter、Instagram等が主
流ですね。

 私も上記4つのアカウントは保有しています。

 そして多くの方はSNSのアカウント1つくらいは持っているのではないか
と思います。


 最近、こういったSNSアカウントを通じて「個人の市場価値」を可視化す
るサービスが登場しているのをご存知でしょうか?


■VALU(バリュー)が先行サービスとして有名に


VALU
https://valu.is/


 2017年の5月31日にリリースされました。
 名称の由来は「VAL(VALUE=価値) +U(YOU=あなた)」で、
個人が株式会社のようにVAとよばれる擬似株式を発行することができ、売り
に出されたVAは自由に売買することができます。
 取引は全てビットコインを用いて行われます。

 企業ではなく個人がVA(擬似株式)を発行し資金を集める事が出来るとい
う斬新なサービスで人気を集めましたが、直近ではYoutuberのヒカル
さんのVA価格操作疑惑で話題になりました。

 円と交換可能なビットコインを使用するにも関わらず、

・個人の判断で上場を廃止したらVAは紙くずになる
・保有者がVAを大量発行することで価格を下げてしまう
・購入を促す発言などでインサイダー取引(のような行為)も可能

などのルール未整備を指摘されていますが、運営側も利用者保護を最優先に考
え、取引に関するルールづくりを進めている様子です。


■専門家の時間を切り売りするTimebank(タイムバンク)


Timebank
https://timebank.jp/


 様々な専門家が「時間」を10秒単位でリアルタイムに売買できる時間取引
所です。

 7月に自分の時間の発行(販売)を希望する「専門家」の事前募集を開始し
話題となっています。
 2017年9月19日現在では、7名の各業界著名人が22.3/秒〜72.
3/秒で予約販売されています。

 購入した「時間」はVALUと同じく自由に売却することも可能だそうです。


■「値決め」はどのようにされている?


 VALUやTimebankの発行価格はどんな基準で決められているので
しょうか?

 「Facebook、Twitter、Instagramのアカウントの
フォロワー数など」
によって決定されているようです。

 またVALUは比較的「上場」が容易な印象ですが、Timebankは時
間を発行申請するには「偏差値57以上」という独自基準を設けており、なか
なか厳しい印象です。

 ちなみに私、梶原は友達358人(笑)のFacebookで申請してみま
したが、偏差値31でお話になりません。
 Facebookの友達2,000人の小屋でも偏差値54で惜しくも届か
ずでした。

 小屋はVALUでは申請が通り上場しているので、Timebankの発行
 基準が厳しいことがうかがえます。


■なぜSNSアカウントに市場価値があるのか?


 フォロワーの多いSNSアカウントには市場に対して「発信力」や「影響力」
を持っているからです。
 かつてそれはマスメディアの特権でしたが、インターネットの普及により、
個人の発信力・影響力が飛躍的に高まりました。

 一方ではインターネットの普及により世の中には情報が溢れています。
 溢れた情報の中から自分にとって正しく、有益な情報だけを掴む事が難しく
なっています。

 その為に人々は影響力のある人の発信を灯台の灯火のように頼りにしている
のではないでしょうか。

 モノやサービスを広めたい時に、その影響力は絶大な力を発揮します。

 広告業界では「Twitterのフォロワー数×〇円」などといった計算が
おこなわれていると言われています。

 アルファブロガーと呼ばれる人達は、自身のブログに広告を貼ることでアフ
ィリエイト収入が月に100万を超えるといった人も続出しています。

 このように影響力をお金に変える手段は沢山存在します。

 こういった影響力のある人をインフルエンサーと呼びますが、今まではイン
フルエンサー達の影響力を示す「指標」のようなものは存在しませんでした。

 今回VALUやTimebankといったサービスの登場により、インフル
エンサー達の影響力が可視化されたということです。


 いかがでしたでしょうか?


 今後は例えば就職の面接などでSNSのフォロワー数で評価される時代が来
るのかもしれません。

 フォロワー数の多寡で参加が制限されてしまう限定コミュニティーが流行す
るかもしれません。

 「芸は身を助ける」ではないですが、目まぐるしく変化する時代の波に乗り
遅れないよう少しだけ意識を持ってSNSのフォロワー数を育んでおくのは賢
い方法なのかもしれません。


 私も偏差値31をなんとかしなくてはいけません(笑)


 次回は今回取り上げたTimebankを運営している株式会社メタップス
(6172)について、お話したいと思います。


(梶原)


プロフィール:梶原 真由美(かじはら まゆみ)
 ファイナンシャルプランナー。株式会社マネーライフプランニング所属。
 1976年千葉県生まれ。40歳で出産、12歳年下の夫と長女の3人家族。
 26歳の時にスノーボード追突事故で両足骨折する。賠償金で大金を受け取
 るも、当時お金に関する知識が皆無だった為、安易にFXなどに手を出し、
 あっという間に使い果たす。
 他の人には同じ失敗をしてほしくないとの想いで30歳の時にお金のアドバ
 イザーであるFPへ転身。


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(9月はあと先着1名様受付限りです)
http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)

banner02s.jpg


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:SNS



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス




為替市場動向〜恐るべしは心理?〜

2383cf20101f4aaa7e9861c94da9aafc_s.jpg


 暗雲たちこめて始まった9月。
 何が起こるか恐れられた北朝鮮の建国記念日9.9に(幸いにも)ミサイルは飛ばず、週開けて飛んだのはマーケット。

 一つの心配が片付くと、次々に懸念事項は和らぎ(被害に合われた方々には心苦しいですが)、米国の巨大ハリケーンは想定内で過ぎ去り、債務上限問題は3か月延長となり、心配ごとをヘッジしたショート・ポジションは急速な手仕舞いにより、「あらよあらよ」の間に一時107円台前半をつけたドル円相場が111円台回復、一時200日移動平均線を割った日経平均も日本の衆院解散選挙のネタも重なり19日には2万円台に。

※余談ですが、解散総選挙で、安倍政権の成長戦略の柱「働き方改革関連法案」や話題多い「カジノ法案」審議先送りのようです。選挙=株高は定型反応でしょうが、なんだかな〜と独り言が出てしまいます。


 話を市場心理に戻します。いつもの事ではありますが、かくも簡単に変わり身が速いのが心理かと思い知らされました。
 15日早朝の北朝鮮ミサイル発射も、反応は限定的。
 10月10日は朝鮮労働党建国記念日だそうで、気が抜けませんが、その時の市場心理がどうあるかにより反応は違ってくるでしょう。


 さて、為替市場は現在、リスクオン反応である「円安・ドル安」で動いています。地政学リスク慣れ状態かもしれません。
 ただ、リスクが消えたというわけではありません。市場は特に反応しませんでしたが、国連でのトランプ米大統領演説はかなり強いトーンでした。

 ショートを切って上値にジャンプしてきたマーケットですが、市場心理は常に変わり身という危うさを秘めていることも頭の片隅に入れておく必要があります。


 そんな中、今週の注目材料は日米の金融政策決定会合です。
 20日(日本時間21日未明)米FOMC、21日昼頃日銀の決定会合の結果が発表されます。

 今回のFOMCの注目は、量的緩和政策で買い取りFRBのバランスシートにある資産の再投資停止(バランスシート縮小)に加えて、年内利上げがあるかどうかだと思います。

 12月の利上げ確率は53%。9月FOMCでの利上げを想定する向きは殆どありません。

 今日のFOMCの結果に関しては、バランスシート縮小は市場には織り込み済み、今後の金利操作へのヒントに注目が集まります。

 今後のFRB金融政策変更のポイントになるのは物価動向とされています。
 先週発表された米国の直近の物価指数は予想よりも高かったですが、利上げに直結するほどではありませんでした。物価上昇に逆流しているのは、自動車と携帯料金です。特に携帯料金は、日本でもそうですが、下げ傾向に当分変わりはないように思います。

 経済動向に関しては、大きなハリケーンの影響が注目されます。
 ただ、過去の例からすると、災害要因の経済への影響はそれ程大きくはなかったと聞きます。

 明けて21日に発表される日銀決定会合は変更無し予想が大半です。

 バランスシート縮小が開始されるだろう米国と異次元緩和が長期化する日本の差は、今後もドル円相場の下支え要因の一つとして働くものと考えます。


 9月のイベント日程で注目されているのが9月24日のドイツの総選挙です。
 メルケル首相率いるキリスト教民主同盟が現在4割近い支持率を得ているので、このまま何もなければ、現政権が勝利をおさめることが予想されます。
 ドイツの現政権維持は、ユーロ相場にはプラスに働くものと思います。


 地政学リスクへの関心が北朝鮮VS米国に集まる中で、中東ではクルド人のイラクからの独立の賛否を問う住民投票が9月25日に予定されています。
 これに関しては、イラク中央政府やトルコ、他にトルクメン人などが反対し、ニュース報道によると抗議デモも起こっているとのこと。
 クルド人が支配する地域には油田権益もからむことからゴタゴタも予想されます。更に、多民族間の闘争にも発展しかねないとの声もあります。
 中東リスクも気にしておいた方が良いかもしれません。


 最後に、9月に入ってからの対米ドル主要通貨のパフォーマンス比較です。

 ベストパフォーマーは、英国ポンド。この背景には、英国の利上げ期待があります。
 8月の英国の消費者物価は2.9%と市場の予想を上回り、カーニー英中銀総裁が数か月以内の利上げ示唆をしたこと(但し、この方はよく発言を変えるクセあり)から、長期金利上昇、為替でもポンド相場が上昇、BREXIT決定直前の相場と後の安値の約半値戻し1.35水準まで戻してきました。

 英国金利の上昇は、米欧の金利上昇にも影響しました。英国は、インフレ加速の一方で成長率見通しは下方修正しています。物価上昇はBREXIT後のポンド安による輸入物価上昇に過ぎないとも思いますので、ポンド高には、やや懐疑的ではあります。

 英国関連では、22日にメイ首相がイタリアのフィレンツェでEU離脱について演説します。EU離脱後の英国とEUとの関係について、どのようにアピールするのか注目されます。


 最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

※9月20日東京時間15:00執筆
 本号の情報は9月19日のニューヨーク市場終値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:FX



JUGEMテーマ:不動産投資




億の近道2017/09/20


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2017/09/20

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:式町みどり&梶原真由美)

   ◆コラム「為替市場動向〜恐るべしは心理?〜」:式町みどり
   ◆コラム「個人の市場価値を測れる時代の到来」:梶原真由美


===================================


◆コラム「為替市場動向〜恐るべしは心理?〜」


 暗雲たちこめて始まった9月。
 何が起こるか恐れられた北朝鮮の建国記念日9.9に(幸いにも)ミサイル
は飛ばず、週開けて飛んだのはマーケット。

 一つの心配が片付くと、次々に懸念事項は和らぎ(被害に合われた方々には
心苦しいですが)、米国の巨大ハリケーンは想定内で過ぎ去り、債務上限問題
は3か月延長となり、心配ごとをヘッジしたショート・ポジションは急速な手
仕舞いにより、「あらよあらよ」の間に一時107円台前半をつけたドル円相
場が111円台回復、一時200日移動平均線を割った日経平均も日本の衆院
解散選挙のネタも重なり19日には2万円台に。

※余談ですが、解散総選挙で、安倍政権の成長戦略の柱「働き方改革関連法案」
 や話題多い「カジノ法案」審議先送りのようです。選挙=株高は定型反応で
 しょうが、なんだかな〜と独り言が出てしまいます。


 話を市場心理に戻します。いつもの事ではありますが、かくも簡単に変わり
身が速いのが心理かと思い知らされました。
 15日早朝の北朝鮮ミサイル発射も、反応は限定的。
 10月10日は朝鮮労働党建国記念日だそうで、気が抜けませんが、その時
の市場心理がどうあるかにより反応は違ってくるでしょう。


 さて、為替市場は現在、リスクオン反応である「円安・ドル安」で動いてい
ます。地政学リスク慣れ状態かもしれません。
 ただ、リスクが消えたというわけではありません。市場は特に反応しません
でしたが、国連でのトランプ米大統領演説はかなり強いトーンでした。

 ショートを切って上値にジャンプしてきたマーケットですが、市場心理は常
に変わり身という危うさを秘めていることも頭の片隅に入れておく必要があり
ます。


 そんな中、今週の注目材料は日米の金融政策決定会合です。
 20日(日本時間21日未明)米FOMC、21日昼頃日銀の決定会合の結
果が発表されます。

 今回のFOMCの注目は、量的緩和政策で買い取りFRBのバランスシート
にある資産の再投資停止(バランスシート縮小)に加えて、年内利上げがある
かどうかだと思います。

 12月の利上げ確率は53%。9月FOMCでの利上げを想定する向きは殆
どありません。

 今日のFOMCの結果に関しては、バランスシート縮小は市場には織り込み
済み、今後の金利操作へのヒントに注目が集まります。

 今後のFRB金融政策変更のポイントになるのは物価動向とされています。
 先週発表された米国の直近の物価指数は予想よりも高かったですが、利上げ
に直結するほどではありませんでした。物価上昇に逆流しているのは、自動車
と携帯料金です。特に携帯料金は、日本でもそうですが、下げ傾向に当分変わ
りはないように思います。

 経済動向に関しては、大きなハリケーンの影響が注目されます。
 ただ、過去の例からすると、災害要因の経済への影響はそれ程大きくはなか
ったと聞きます。

 明けて21日に発表される日銀決定会合は変更無し予想が大半です。

 バランスシート縮小が開始されるだろう米国と異次元緩和が長期化する日本
の差は、今後もドル円相場の下支え要因の一つとして働くものと考えます。


 9月のイベント日程で注目されているのが9月24日のドイツの総選挙です。
 メルケル首相率いるキリスト教民主同盟が現在4割近い支持率を得ているの
で、このまま何もなければ、現政権が勝利をおさめることが予想されます。
 ドイツの現政権維持は、ユーロ相場にはプラスに働くものと思います。


 地政学リスクへの関心が北朝鮮VS米国に集まる中で、中東ではクルド人の
イラクからの独立の賛否を問う住民投票が9月25日に予定されています。
 これに関しては、イラク中央政府やトルコ、他にトルクメン人などが反対し、
ニュース報道によると抗議デモも起こっているとのこと。
 クルド人が支配する地域には油田権益もからむことからゴタゴタも予想され
ます。更に、多民族間の闘争にも発展しかねないとの声もあります。
 中東リスクも気にしておいた方が良いかもしれません。


 最後に、9月に入ってからの対米ドル主要通貨のパフォーマンス比較です。

 ベストパフォーマーは、英国ポンド。この背景には、英国の利上げ期待があ
ります。
 8月の英国の消費者物価は2.9%と市場の予想を上回り、カーニー英中銀
総裁が数か月以内の利上げ示唆をしたこと(但し、この方はよく発言を変える
クセあり)から、長期金利上昇、為替でもポンド相場が上昇、BREXIT決
定直前の相場と後の安値の約半値戻し1.35水準まで戻してきました。

 英国金利の上昇は、米欧の金利上昇にも影響しました。英国は、インフレ加
速の一方で成長率見通しは下方修正しています。物価上昇はBREXIT後の
ポンド安による輸入物価上昇に過ぎないとも思いますので、ポンド高には、や
や懐疑的ではあります。

 英国関連では、22日にメイ首相がイタリアのフィレンツェでEU離脱につ
いて演説します。EU離脱後の英国とEUとの関係について、どのようにアピ
ールするのか注目されます。


 最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

※9月20日東京時間15:00執筆
 本号の情報は9月19日のニューヨーク市場終値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「個人の市場価値を測れる時代の到来」


マネーライフプランニングの梶原真由美です。

 突然ですが、みなさんはSNSアカウントを持っていますか?

 LINE、Facebook、Twitter、Instagram等が主
流ですね。

 私も上記4つのアカウントは保有しています。

 そして多くの方はSNSのアカウント1つくらいは持っているのではないか
と思います。


 最近、こういったSNSアカウントを通じて「個人の市場価値」を可視化す
るサービスが登場しているのをご存知でしょうか?


■VALU(バリュー)が先行サービスとして有名に


VALU
https://valu.is/

 2017年の5月31日にリリースされました。
 名称の由来は「VAL(VALUE=価値) +U(YOU=あなた)」で、
個人が株式会社のようにVAとよばれる擬似株式を発行することができ、売り
に出されたVAは自由に売買することができます。
 取引は全てビットコインを用いて行われます。

 企業ではなく個人がVA(擬似株式)を発行し資金を集める事が出来るとい
う斬新なサービスで人気を集めましたが、直近ではYoutuberのヒカル
さんのVA価格操作疑惑で話題になりました。

 円と交換可能なビットコインを使用するにも関わらず、

・個人の判断で上場を廃止したらVAは紙くずになる
・保有者がVAを大量発行することで価格を下げてしまう
・購入を促す発言などでインサイダー取引(のような行為)も可能

などのルール未整備を指摘されていますが、運営側も利用者保護を最優先に考
え、取引に関するルールづくりを進めている様子です。


■専門家の時間を切り売りするTimebank(タイムバンク)


Timebank
https://timebank.jp/


 様々な専門家が「時間」を10秒単位でリアルタイムに売買できる時間取引
所です。

 7月に自分の時間の発行(販売)を希望する「専門家」の事前募集を開始し
話題となっています。
 2017年9月19日現在では、7名の各業界著名人が22.3/秒〜72.
3/秒で予約販売されています。

 購入した「時間」はVALUと同じく自由に売却することも可能だそうです。


■「値決め」はどのようにされている?


 VALUやTimebankの発行価格はどんな基準で決められているので
しょうか?

 「Facebook、Twitter、Instagramのアカウントの
フォロワー数など」
によって決定されているようです。

 またVALUは比較的「上場」が容易な印象ですが、Timebankは時
間を発行申請するには「偏差値57以上」という独自基準を設けており、なか
なか厳しい印象です。

 ちなみに私、梶原は友達358人(笑)のFacebookで申請してみま
したが、偏差値31でお話になりません。
 Facebookの友達2,000人の小屋でも偏差値54で惜しくも届か
ずでした。

 小屋はVALUでは申請が通り上場しているので、Timebankの発行
 基準が厳しいことがうかがえます。


■なぜSNSアカウントに市場価値があるのか?


 フォロワーの多いSNSアカウントには市場に対して「発信力」や「影響力」
を持っているからです。
 かつてそれはマスメディアの特権でしたが、インターネットの普及により、
個人の発信力・影響力が飛躍的に高まりました。

 一方ではインターネットの普及により世の中には情報が溢れています。
 溢れた情報の中から自分にとって正しく、有益な情報だけを掴む事が難しく
なっています。

 その為に人々は影響力のある人の発信を灯台の灯火のように頼りにしている
のではないでしょうか。

 モノやサービスを広めたい時に、その影響力は絶大な力を発揮します。

 広告業界では「Twitterのフォロワー数×〇円」などといった計算が
おこなわれていると言われています。

 アルファブロガーと呼ばれる人達は、自身のブログに広告を貼ることでアフ
ィリエイト収入が月に100万を超えるといった人も続出しています。

 このように影響力をお金に変える手段は沢山存在します。

 こういった影響力のある人をインフルエンサーと呼びますが、今まではイン
フルエンサー達の影響力を示す「指標」のようなものは存在しませんでした。

 今回VALUやTimebankといったサービスの登場により、インフル
エンサー達の影響力が可視化されたということです。


 いかがでしたでしょうか?


 今後は例えば就職の面接などでSNSのフォロワー数で評価される時代が来
るのかもしれません。

 フォロワー数の多寡で参加が制限されてしまう限定コミュニティーが流行す
るかもしれません。

 「芸は身を助ける」ではないですが、目まぐるしく変化する時代の波に乗り
遅れないよう少しだけ意識を持ってSNSのフォロワー数を育んでおくのは賢
い方法なのかもしれません。


 私も偏差値31をなんとかしなくてはいけません(笑)


 次回は今回取り上げたTimebankを運営している株式会社メタップス
(6172)について、お話したいと思います。


(梶原)


プロフィール:梶原 真由美(かじはら まゆみ)
 ファイナンシャルプランナー。株式会社マネーライフプランニング所属。
 1976年千葉県生まれ。40歳で出産、12歳年下の夫と長女の3人家族。
 26歳の時にスノーボード追突事故で両足骨折する。賠償金で大金を受け取
 るも、当時お金に関する知識が皆無だった為、安易にFXなどに手を出し、
 あっという間に使い果たす。
 他の人には同じ失敗をしてほしくないとの想いで30歳の時にお金のアドバ
 イザーであるFPへ転身。


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(9月はあと先着1名様受付限りです)
http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

[今年の6月までの研究銘柄で、11銘柄が年初来高値を更新!]
[最高パフォーマンスは2倍以上の+130.5%!!]


【どんな経済環境でも黒字維持!高い収益力と良好な事業バランスを持ち、
 キャッシュリッチで低PER低PBRな内需100%の配当優待企業を
 研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、内需100%で堅調な事業と力強い収益力を
持ち、今後の需要を見据えた事業展開をしており、潤沢な資金と不動産を保有
している低PER低PBRの配当優待企業を、研究銘柄として掲載しています。


 また、コラムでは、「今年の私の株式運用成績は9月までは過去5年間では
無かったほど好調な状況です。そこで今年の利益の3割を現金化して、そのか
なりの部分を証券会社の外に退避させました。もしこれから日本株の暴落が起
きた時に、割安になった企業の株を買うための資金を温存するためです。」と
題し、キャッシュ化した理由を含む現在筆者が取っている投資戦略と行動を具
体的に書いています。

 加えて、最近の銘柄を含む過去取り上げた銘柄のチェックとパフォーマンス
の確認、新四季報をチェックしてみて目論んでいる投資戦略の方向性やポイン
ト、期待できる7銘柄についても取り上げています。


 金曜日までにお申し込みの方は最新号をお読みいただけます。

 ぜひご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



===================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第162号配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第162号が
好評配信中です。


【先週取材3銘柄のレポート掲載!IPO銘柄や株式併合の投資戦略も!】


【9/19第162号では】

■相場の潮流と展望
■先週の企業プレゼン報告(3銘柄)
■注目IPO銘柄コメント(4銘柄)
■今週のIPO銘柄(2銘柄)
■個別銘柄の動向(6銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
 → 申し込みフォーム http://goo.gl/ikAUu3


【9/11第161号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7256


【9/19第162号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7269


==================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」の有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.kaijo.com/
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:ビジネス



JUGEMテーマ:FX



JUGEMテーマ:外国為替



JUGEMテーマ:SNS




■どんな経済環境でも黒字維持!高い収益力と良好な事業バランスを持ち、キャッシュリッチで低PER低PBRな内需100%の配当優待企業を研究!石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!!■

【勝ってる人は、読んでます】

[今年の6月までの研究銘柄で、11銘柄が年初来高値を更新!]
[最高パフォーマンスは2倍以上の+130.5%!!]


■どんな経済環境でも黒字維持!高い収益力と良好な事業バランスを持ち、キャッシュリッチで低PER低PBRな内需100%の配当優待企業を研究!!

銘柄研究に最適な有料メルマガです!クオリティをぜひ体感してください。

ecd1cd298cd3f810b4b0b7676ad031bb_s.jpg




 今週配信の有料メルマガでは、内需100%で堅調な事業と力強い収益力を持ち、今後の需要を見据えた事業展開をしており、潤沢な資金と不動産を保有している低PER低PBRの配当優待企業を、研究銘柄として掲載しています。


 また、コラムでは、「今年の私の株式運用成績は9月までは過去5年間では無かったほど好調な状況です。そこで今年の利益の3割を現金化して、そのかなりの部分を証券会社の外に退避させました。もしこれから日本株の暴落が起きた時に、割安になった企業の株を買うための資金を温存するためです。」と題し、キャッシュ化した理由を含む現在筆者が取っている投資戦略と行動を具体的に書いています。

 加えて、最近の銘柄を含む過去取り上げた銘柄のチェックとパフォーマンスの確認、.新四季報をチェックしてみて目論んでいる投資戦略の方向性やポイント、期待できる7銘柄についても取り上げています。


 金曜日までにご購読の方へは、もれなく最新号を差し上げます。

詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。








有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)

過去サンプル(コラム)
増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894
安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789
割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776
現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235

lowerbanner02.jpg

JUGEMテーマ:株・投資



【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第162号配信中!!

月曜日の億の近道で、18年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」最新号が9月19日に配信されました。

 企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。


【先週取材3銘柄のレポート掲載!IPO銘柄や株式併合の投資戦略も!!】



【9/19第162号では】

■相場の潮流と展望
■先週の企業プレゼン報告(3銘柄)
■注目IPO銘柄コメント(4銘柄)
■今週のIPO銘柄(2銘柄)
■個別銘柄の動向(6銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
 → 申し込みフォーム http://goo.gl/ikAUu3


【9/11第161号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7256


【9/19第162号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7269


 → お申し込みフォーム http://goo.gl/ikAUu3
 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



書評:ファスト&スローあなたの意志はどのように決まるのか?



「ファスト&スローあなたの意志はどのように決まるのか?(上)」
ダニエル・カーネマン箸、早川書房
 http://amzn.to/2xdkw6D


 心理学者でありながらノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンが、一般向けに行動経済学の基礎を解説した非常に読みやすい本です。
 表題の通り「システム1=ファスト=直感」と「システム2=スロー=思考」が中心となって展開します。

 どの章も非常に興味深いのですが、今回は特に第20章<妥当性の錯覚>を取り上げます。

 この中で、ウォーレン・バフェットが常に主張している「株式の売買は少ないほどいい」と「投資信託を買うのであれば手数料の安いインデックスファンドしか考えられない(人間が運用する投資信託は買うべきではない)」について、素晴らしい「科学的証明」が行われています。

 カリフォルニア大学バークレー校金融工学教授のテリー・オディーンが某証券会社顧客1万人(取引数は16万3000件、その多くが男性)について行った調査によれば、投資家がA株を売ってB株を買った場合、平均で(売った)A株の方が3.2ポイント年平均でより高く上昇していました(手数料は別)。要するにあれこれ考えて売買せずに、最初の株をそのままっ持っていた方が良い結果であったということです。

 また、彼と同僚のブラッド・バ―バーとテリー・オディーンとの共同研究では、「平均的には、最も活発な投資家(売買回数が多い)が最も損をし、取引回数の少ない投資家ほど儲けが大きい」ことが確かめられていいます。
 バフェットの主張通り、売買すればするほど損をすることが明らかになりました。

 また、男性は「無益な考え」に取りつかれる回数が多く、その結果、女性の投資実績は男性を上回ることも示しています。これも私の観察結果に一致します。

 さらに、50年間にわたる調査によれば、投資マネージャーの運用成績はサイコロ投げにも劣ります。少なくとも投信(ファンド)の3件に2件は、市場全体のパフォーマンスを下回っていました。
 サルに任せるか、コイン投げで運用した方がましということです。
 あるいはバフェットが主張するように手数料が安いインデックスファンドを購入すべきでしょう。


 最後に、ダニエル・カーネマン(2002年に「プロスペクト理論」によってノーベル経済学賞を受賞)の某金融機関運用マネージャー25名8年間の運用成績を研究した結果、「28個の相関係数(1年目と2年目、1年目と3年目・・・7年目と8年目まで28組のペアをつくり相関係数を求めた)は、0.01であった」という研究結果が紹介されています。

 つまり、これらの運用成績に相関関係は無い=担当者のスキルによる運用成績への影響はゼロという結果になったのです。

 カーネマンは、情報提供先の金融機関にこの研究成果を報告しましたが……その結果はご想像の通りです・・・

 まあ、キリスト教の牧師に「研究の結果神は存在しないことがわかりました」というのと同じで、自分のおまんまの食い上げ(特にファンドマネージャーは高給)になるような意見は無視するか、それとも魔女裁判のような形でたたきつぶすしかないのでしょうね・・・


(大原浩)




(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:書評



JUGEMテーマ:株・投資




ドラッカー18の教え 第7回



産業新潮 http://homepage2.nifty.com/sancho/
10月号連載記事


■好きなことをするというのは、必ずしも楽をすることではない


 「好きなこと」をすれば、やる気・意欲が高まるから仕事の効率が上がり、良い結果が出せる。その通りです。ただ、「好きなこと」の定義はなかなか難しいと言えます。

 例えば学校のクラブ活動を例に挙げてみましょう。
 「雑談部」というクラブがあるとします。放課後部室に集まって、若い男女が色々な話をするのは楽しいでしょうし、多くの人にとって「好きなこと」の一つには違いないかもしれません。

 しかし、現実にはそのようなクラブを(少なくとも私は)見かけたことはありません(事実上そうなっているクラブは時折見かけますが・・・)。
 なぜ、「雑談部」が存在しないのか?親や学校の先生の受けが良くないのはもちろんのこと、同級生からも馬鹿にされるというのが原因の一つでしょう。
 それだけではありません。「雑談部」のように、明確な目標が無く達成感を得られない活動は、実のところそれほど楽しくないからなのです。

 例えば、野球部やテニス部。球ひろいや雑用はともかく、練習は厳しく、実際に試合をする時間は、全体のごく一部です。それでも、多くの若者が「雑談部」で楽しいおしゃべりに興じることではなく、野球部やテニス部などで、苦しく厳しい練習に耐えることを選びます。彼らに「野球部やテニス部の活動は『好きなこと』か?」と問えば、ほとんどの場合「イエス」という答えが返ってくるでしょう。


●「やりたいこと」ではなく「やるべきこと」を選ぶ


 ドラッカーは「強みを生かせ!」ということを強調します。強みと自分がやりたいこと=「好きなこと」は必ずしも一致しませんし、ドラッカーは具体的なケースでそれを説明しています。そして、強み=「自分が行うべきこと」とやりたいこと=「好きなこと」が食い違うときには、必ず前者を選ばなければないと述べます。

 やりたいこと=「好きなこと」をあきらめて、強み=「自分が行うべきこと」を行うのであれば、「仕事を楽しむ」どころでは無いと考える読者の方も多いかもしれません。

 確かに、二者択一で自分の好きではないことを選んだということだけを考えれば、「楽しくない」ということができるかもしれません。しかし、この二者択一を迫られた人物は、なぜそのような判断をするのでしょうか?そこに問題の本質を解くカギがあります。


●高い目標が無ければ仕事を楽しめない


 ドラッカーは
「失敗したことが無い人間に重要な仕事を任せてはならない。なぜなら、失敗したことが無い人間は『挑戦したことが無い』からだ」
と述べます。

(続く)


続きは、産業新潮
http://homepage2.nifty.com/sancho/
10月号をご参照ください。


(大原浩)


【大原浩の書籍】

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 http://amzn.to/2f7AZkD

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:ビジネス



JUGEMテーマ:社会の出来事




calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM